格闘映画

2016年8月20日 (土)

本日の映画 『マキシマム・クラッシュ』

 『マキシマム・クラッシュ』
 2015年 タイ/アメリカ 監督カオス

Mc005

 ひっさしぶりの投稿。
 その理由は、暑さ。
 部屋にクーラーないからね、地獄なんですよ、この季節は。
 ヘッドフォンつけて映画観るから、余計にホット。
 窓から入る自然の風にわずかな涼を求めるも、感じられるは地球温暖化クライシス。
 早く秋にならないかな~、佐々木あき。

 一方で、観たい映画ややりたいゲームがドンドン溜まる。
 安い購入先を見つけたからで、仕入力アップしたのだわさ、アッチョンブリケ。
 こういうのを嬉しい悲鳴というけれど、質より量のホビーライフに微かなクエスチョンも抱きます。

Mc006

 さて、本作。
 ジャケ写には、堂々のスコット・アドキンス。
 てっきり彼が主役と思わせ、作品冒頭で出演者名にケイン・コスギやゲリダニ(ゲイリー・ダニエルズ)の名をアピール。
 B級マーシャルアーツ・マニアは興味津々間違いなしのオープニングだ。
 そして開始早々、ショック・ウェーブ第一波が押し寄せる。
 アレッ?
 アレレのアラレちゃん。
 しばし脳内をホヨヨの文字が飛び交う。
 そして発令された空襲警報。
 やっちまったか~!?
 不安を乗せた僕らの船は、広い海原を波と風に任せて漂う。
 マストもない。
 オールもない。
 ただ一艘、ポツンと浮かんでいる。
 ああ、太陽がいっぱいだ。

Mc007

 数多くの作品を観てくれば、これで作品の方向性は見えてくる。
 それでもこれだけのマーシャルアーツ・アクターが揃っているのだから……。
 その期待感は、ラスト10分前まで続く。
 そして、衝撃のラストを知った時、怒りとも呆れとも取れる感情は、おそらくは主人公であるジョニーに向けられるはずだ。
 

 ちなみに、主人公はスコット・アドキンスではなかった。
 ケインでも、ゲリダニでもない。
 『ソード・ウォリアーズ』のダスティン・ヌェンといベトナム人俳優である。
 彼自身、武術の経験があるらしいのだが、スコットらと比較すれば特徴的な動きができるわけではないようだ。

Mc001

 本作の大筋は、娘を失った父親(元CIAエージェント)の復讐劇。
 娘を殺害したのは誰か?
 その原因を究明し、ヤバい連中に父親が怒りの鉄槌を振り下ろす内容だ。

 私的感想だが、本作にマーシャル・アーツを期待してはいけない。
 ラストの設定を除けば、一般アクション作品としてソコソコのクオリティは保っているとも思う。
 しかし、格闘映画マニア垂涎のキャスティングをしておきながら、まったくマインド・ダンスしない作りはやはり問題があると思う。
 観客のニーズ置き去り。
 アクション映画の醍醐味が何であるか。
 製作側の姿勢に統一感がなかったようだ。

Mc004



 
 夏、真っ盛り。
 窓の外には蝉の声。
 娘の死因が、まさかあのような内容だったとは……。
 わずかに涌いた心の寒さも、すぐにまた暑さに呑みこまれていく。
 あたしのココロは、夏模様……。

Mc002

 

 

 

| | コメント (0)

2016年7月 3日 (日)

本日の映画 『チーム・コンバット』




 『チーム・コンバット』
 2015年 アメリカ 監督:フィリップ・リー

Tcb013

 本ブログ・格闘映画レア・カテゴリで紹介した『ベスト・オブ・ザ・ベスト』『ベスト・オブ・ザ・ベスト2帝王伝説』。(『ベスト・オブ・ザ・ベストは4作品あります)
 実施的な主人公を演じたフィリップ・リーが、再びスクリーンに凱旋!!
 80年代後半~90年代の格闘映画マニアなら、ちょっとした感動を禁じえない出来事です。

Tcb004

 もっとも。ジャケを見る限りではティーンズ・ガイが前面に押し出され、フィリップ・リーの作品であるとは一見気付きませんね。
 私も観賞始めて、ようやく気付いた始末。
 DVD雑誌買うの止めて、どうも情報不足になっています。

Tcb010

 

 本作を簡単に説明するならば、『ベスト・オブ・ザ・ベスト』1作目のキッズ版。
 スポ魂・確執といった要素はヌルめ。
 コメディ色をブレンドし、健全な青少年に是非ご覧いただきたい。
 そういう想いが、溢れんばかりに漂う作品に仕上がっています。

Tcb001




 かつて、稲妻ジミーと呼ばれたMMA(総合格闘技)チャンピオンが、コミュニティ・センターのコーチに就任。
 貧しい子供たちに格闘技を教え、共に歩んでいく姿が本作の基本路線。
 ちなみに、通称の由来は、過去に稲妻が直撃したというショウモない笑いを誘っています。

 トニー・ジャーやイコ・ウワイスが活躍する現代、あえて80年代臭プンプンの作品を製作して大丈夫なのか?
 要らぬ心配をしちゃいますが、私的には意外と楽しめました。

Tcb008



 
 メインは子供たちですが、アクションは想像以上。
 さすがはフィリップ・リーといったところでしょうか。
 テコンドーの蹴技主体なので、画面映えします。
 少年たちの繰り出す回転蹴りは、一番の見せ場でしょう。

Tcb009




 逆にフィリップは指導役に徹し、本人自体のアクションは控え目。
 見た感じ、まだまだ動けそうな気がしましたので、ちょっと勿体ない作りです。

 マニアなら、クライマックスの大会審査員に注目したいところ。
 リチャード・ノートン。
 ドン・ザ・ドラゴン・ウィルソン。
 ダン・イノサント。
 ベニー・ユキーデ。
 ジュン・チョン。
 彼が実名で登場。
 ただし、年取った感は否めませんが……。

Tcb012



 

 

| | コメント (0)

2016年5月16日 (月)

本日の映画 『ドラゴン・コップス』

 『ドラゴン・コップス』
 2013年 中国 監督:ウォン・ジーミン

Dcp009

 会社は、繁忙期ど真ん中!!
 なのに凶悪!?な風邪が社内で流行し、あちらこちらで咳の音が聞こえてくるよ。
 こちらは予防で、マスクを終日装着。
 顔が暑いぜ、こんちくしょう!

 今、伝染されでもしたら、這いつくばってでも出社しなければならない。
 やだよ~、ダルい状態で仕事なんて。
 気合いで病気を抑えられたら、世の中に医者なんていらない。
 調子が悪くなったら、即休み。
 これって、『ゆとり』の考えか?
 でも私は、昭和生まれ。
 昭和ですが、なにか……。

Dcp001

 さて、本作。
 あのジェット・リー出演だけあって、純粋なカンフーを期待した人たちが多いみたい。
 某レンタルDVDのレビューを見たら、何と酷評のストームが発生しているではないか。
 確かに中だるみはあったけれど、ここまで評価が低いとは思わなかった。
 逆に感心しちゃった私は、ますます世間との乖離を認識せざるをえなくなってきました。
 いっそ、目指しちゃう?
 仙人ってやつを。

Dcp004

 作品解説を読むと、ジェット・リー主演ってなっているけれど、どちらかといえば香港若手人気俳優ウェン・ジャンのウエイトが高い。
 そして二人の女上司に、『あの頃、君を追いかけた』のミシェル・チェンを抜擢。
 『あの頃~』の清楚な女子学生から一変。
 コミカルな演技と、ほんのり色気を醸し出して、新たな一面を見せてくれています。

Dcp010

 金持ちの男たちが微笑を浮かべて死ぬという連続殺人事件が起き、ベテラン刑事ホアン(ジェット・リー)と新米刑事ワン(ウエン・ジャン)のコンビが犯人を追うという内容。
 コミカルな演技が中心だけれど、その中にカンフー・シーン(ワイヤー&CG多様)も用意されています。

Dcp003

 幾つかの映画のオマージュ要素が強く、元ネタを知っているコアなファンはニヤリ。
 リーVSウー・ジンや、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』を想起させるラスボスとの死闘もしっかり魅せます。

Dcp008

 逆をいえば、オマージュ要素を除いた魅力に乏しく、単体での独立したバックボーンが薄いということになります。
 だから、酷評が多いのでしょう、きっと。

 笑いの質も日本とは微妙に違います。
 楽しそうな雰囲気は感じられるけれど、自らラフできるネタでないというのが正直な感想。

Dcp002

 逆に、サービス・ショットの何者でもない女性が登場し、フェロモンを振り撒きます。
 これは多分に効果ありで、飽きそうになった展開の穴を、強引に埋めにきました。

 まるで、羽衣を纏った天女さまや~。

 酒に酔ったジジイがコンパニオンに囁くベタなセリフが、きっと貴方の脳裏に浮かぶでしょう。
 これ見よがしのフェロモンに、私は抗う術を知らない。
 
  

 

| | コメント (0)

2016年1月15日 (金)

本日の映画 『少林寺への道』

 『少林寺への道』
 1976年 台湾・香港 監督:ジョセフ・クオ

Sr004

 私がジャッキー・チェンを知ったのは、確か中学時代。
 彼の主演作がきっかけで、長きに渡る格闘マニアの道に足を踏み入れたのです。
 友人が雑誌の切り抜きをコレクションしていて、これは誰だろう?と思ったのがきっかけ。
 何となく興味を持ちながらも、しばらくはジャッキー作品を観賞するまでには至りませんでした。

Sr008



 ある日たまたま立ち寄った電気店。
 陳列されたテレビに流れていた名も知れぬカンフー映画が流れていました。
 今でも作品名や俳優すら判らない作品ですが、それまで特撮ヒーローの格闘シーンしか見たことのない自分には、あまりに異色な闘いが繰り広げられていたのです。
 これが、カンフーか。
 スゲェぜ、カンフー。
 多感な時期に出逢ったカルチャー・ショックは、私の中に確実に種を蒔きました。
 そして、実際にジャッキー作品を観て、その種は実を結んだわけです。

 ひととおりジャッキー作品を観賞し、私の興味は他作にも移っていきました。
 ブルース・リーやジェット・リーは元より、白人アクターなどにもその対象は拡大。
 結局、その興味は失せることなく、本日まで続いています。
 本作にはジャッキーは出演しておらず、作品のタイトルだけは聞いたことがあった程度の認識でした。
 何故かデジタル・リマスターとなって発売されたようで、私的には格闘映画マニアの原点を思い出させるような存在です。
 また、ビジュアル的にも凄まじいインパクトがあり、一度観たら絶対忘れないレベルと言えましょう。

Sr007

 さて。
 本作の時代背景は、明朝末期。
 明と清の争い激化する中、明の関将軍邸が襲撃に遭います。
 将軍らは殺害され、一歳の赤ん坊・少龍だけが従者の手によって救いだされます。
 少龍は物心ついた頃には、少林寺に入門。
 カンフーの腕を磨き、修業の日々を過ごします。
 時には兄弟子のサポートを受けながら、少龍は最難関の三十六房に挑戦。
 少林寺に潜む十八銅人の試練に耐え、免許皆伝になるまでが実質の第一部。

Sr011



 
 そして、親の敵である『黒い鷹』とよばれる将軍を倒すのが、第二部として構成されています。 
 このパートでは、同じ目的をもった許嫁と兄弟子である鉄君との協力体制でバトルを繰り広げます。
 凄腕三人が揃う訳ですが、敵である『黒い鷹』も少林寺最大の奥義・十八羅漢拳を既にマスターしており、勝負の行方は全くわからず。
 そして『黒い鷹』は複数の影武者を用意し、その影武者の数が必要以上に多すぎるという異色さも、本作の魅力の一つといえるでしょう。

Sr003

 見どころとしては、やはり少林寺での修業シーン。
 ジャッキー作品とは異質のものですが、常人離れした内容は顕在。
 飛び道具が次々に襲う部屋や、針が迫る通路など、ギミック的にも楽しめます。
 失敗したら、絶命必至の仕掛けも多数。

Sr006




 また、十八銅人のデザインは当時だから許されるレベルですが、見た人間にしか判らない不思議な達成感を得られます。
 流行りの言葉に置きかえるなら、『とにかく,金色な坊さん』。

 ホワーイ、少林ピープル?
 金色である意味に説明を求む。
 そして、私のようなマニアは秘かに思っていることでしょう。
 少林寺の十八銅人は、はたして実在したのか?と。
 金粉塗って、本当に闘っていたのだろうか?
 金粉、高けーし。
 汗で落ちるし。
 もったいねーし。
 ……と、まあ、歴史的興味が次々に湧きおこること間違いなし。

Sr009

 その他にも、修業僧が大きな鐘の中に入って、外部からそれを突く。
 当然、中の修業僧の耳を轟音が襲うわけで、主人公なぞは鼻血流して悶絶
 見るからにキツそう。
 鼓膜なんか、鍛えられるんですかね?
 科学的でないなんて言ったら、ダメよー、ダメダメ。
 こういう修業が、カンフーの魅力なのです。

Sr002

Sr010

 作品自体は、やはり旧さは否めません。
 ジャッキー・チェンの初期作品、リー・リンチェイ主演の『少林寺』や『阿羅漢』、ショウブラザーズ作品を好む方にのみ、面白さの真価が発揮される作品と言えます。

Sr005

 

 

| | コメント (0)

2015年11月14日 (土)

本日の映画 『エクスペンダブルズ・コップ』

 『エクスペンダブルズ・コップ』
 2007年 アメリカ 監督:アート・カマチョ

Ec2

 ありえねー組み合わせでアクション映画ファンの度肝を抜いた『エクスペンダブルズ』シリーズ。
 その恩恵に少しでもあやかろうと、ひっそりリリースされた本作。
 当然ながら、何の関係もございません。

 本作のキャストは、おそらく一般ピーポーの方には誰?的疑問が間違いなく湧きおこるであろうアクター達です。
 私的にはドン・ザ・ドラゴン・ウィルソンとオリバー・グラナーの共演に興味を禁じえなかったのですが、これはマーシャル・アーツ作品を80年代より見守ってきた伯爵だからこそなせる感覚。
 日本においては、かなりマニアックな部類に入るでしょう。

Ec1




 私的にはどちらのファンにも属さないのですが、マーシャルアーツ映画マニアの性といいますか、とりあえず鑑賞せずにはいられない状態になっちまう訳です。
 ドン・ザ・ドラゴン・ウィルソンは、その名の迫力から期待度MAXなんですが、どうにも格闘アクションにスピードとキレが足りないようで、動き重視の私は何度も期待を裏切られたものでした。
 それでも、何故か観なくてはならない衝動に駆られてしまう、不思議なアクターです。

Ec6

 オリバー・グラナーは、私的ランキングではチョイ格上。
 ルックスと、とりあえずソコソコのキレはありますので、作品によっては化けるかも…という感覚です。
 しかし、未だにこれは!!という作品には出逢えておらず、モヤモヤ感はドラゴンに近いでしょうか。

Ec4
当たるのか!?こんな撃ち方で……

 さて、本作。
 他にB級アクションでは御馴染らしいフレッド・ウィリアムソンとゲイリー・ビジーも名を連ねます。
 これにどれだけ吸引力があるか知りませんが、私のようなマニアには価値のあることなんでしょう、たぶん。

Ec7

Ec8

 ストーリーは、犯罪組織壊滅のための証人が消され、その現場を目撃した売春婦エンジェルを二人の刑事が警護するという単純なもの。
 エンジェルはシングル・マザーで、なんとドンとのロマンスなんかもあります。
 ドンにラブ・シーンなど誰も期待していないと思われますが、肝心のアクションよりこちらの方が印象に残ってしまうのは、時代の経過が原因か、はたまた監督の力量不足か。
 往年のマーシャル・アーツ・アクターを2人も起用しながら、格闘シーンに何らロマンを感じないのは残念で仕方ありません。
 
 そうなってくると、本作の見所は二つ。
 オリバー・グラナーの2丁拳銃の射撃スタイル。
 および、証人売春婦エンジェルの、ポロリ注意報が止まない胸元。
 ドント・ミス・イット!!

Ec5



 

| | コメント (2)

2015年7月19日 (日)

本日の映画 『ドラゴン・ガール』

『ドラゴン・ガール』
2014年 ブルネイ 監督:シティ・カマルディン

*本記事は、かなりネタバレの内容になっております

Dg014

 本作のジャケットを見れば、かなりのショボサを感じとることができます。
 低級映画を目の敵にするハイソな方々は、まずスルーすること間違いなし。
 かくいう私も、スルー寸前でした。
 にもかかわらず鑑賞した理由は、題材が東南アジアの格闘技『シラット』だからです。
 シラットといえば、イコ・ウワイス主演の『ザ・レイド』が有名ですが、私はそれ以前にリリースされた『タイガー・キッド 旅立ちの鉄拳』から注目。

 格闘映画マニアとして、感動の涙を流した作品でした。
 もしかしたら……!?
 本作もスゲェ作品かもしれません。
 その可能性が1000分の1であったとしても、0でない限り私の意思は揺るがないのです。

Dg002

 主人公ヤスミンは、父との二人暮らし。
 母親は事故で既に他界している。
 まずまずの父娘関係だったが、娘も思春期を迎え、微妙にその関係に変化が見え始めていた。

 ヤスミンの憧れは、幼馴染みのアディ。
 彼はシラットの全国大会で優勝し、町の英雄として凱旋していた。
 友人の協力もあって、ヤスミンはアディと再会。
 しかし、アディはヤスミンの同級生・デウイと親しいことが判明。
 止められぬアディへの想い。
 彼の気を惹くには、私もシラットを学ぶしかないわッ!!
 ヤスミンは、自分の通う高校の、シラット部の門を叩く。

Dg004



 
 部員は、ヤスミンの他にアリとナディアのわずか3名のみ。
 顧問の先生は、口先だけ達者で、一向にシラットの技術を指導してくれない。
 それでも、和気あいあいと活動するヤスミンたち。
 地区大会に出場し、なんとか初戦を突破するも、自分たちの力不足は明白だった。

Dg012



 
 ヤスミンには、もうひとつ問題があった。
 父親が、シラットを習うことに猛反対しているからだ。
 どうにか説得するも、この事は後に大きな火種となってしまう。

Dg007

 ようやく、自分たちの師範となるべく人物を探し当てたヤスミンたち。
 ジャマル師範は車イス利用の不自由な身体ながら、指導方法は的確だった。
 腕を上げた三人の、快進撃が続く。
 それと共に、ヤスミンの願いどおりのことが起こった。
 急速にヤスミンとアディの距離が縮まっていく。
 目標が達成され、自ずと離れていくチームへの想い。
 とうとうヤスミンは仲間に嘘までついて、練習をさぼってしまった。
 知らず知らず、ヤスミンは自己中まっしぐらの道を歩んでいく

Dg005

 勝ち進んでいた試合も、次第に相手は強敵となっていた。
 特に恋敵デウイの実力を思い知ったヤスミンは、もっと攻撃的な技を熱望するようになる。

Dg008



 ジャマル師範に断られたヤスミンは、人知れず別の人物に弟子入りした。
 その人物とは、闇の武術家と呼ばれる、破壊的な技の持ち主だった。
 相手の破壊だけを目的とする技。
 それは時を遡り、父やジャマル師範をも巻き込んだ因縁であることをヤスミンは知らない。
 ヤスミンは新たな技とともに試合に向かうが……。

Dg011

 ジージャーのシラット版かと予想していましたが、全く違う内容でした。
 どちらかといえば、学園青春映画に分類できます。
 そのため、壮絶なバトル・アクションは期待しない方が良いでしょう。
 アクションだけなら、イコ・ウワイスに任せておいた方が間違いありません。

 前半もヌルい展開で、これは外したかな?と思っていたら、後半に持ち直しました。
 ブルネイ映画は初めて鑑賞しますが、ストーリーに丁寧さが見られます。
 あるデータでは、本作はブルネイ・インドネシア共作となっています。
 なるほど、インドネシアが絡んでいるのであれば、この丁寧さは頷けます。

 格闘映画にありがちな、復讐といった要素が少ない分、爽快感などはどうしても割引。
 ですが、シラットへの愛着や健全さなどは、確実に伝わってきます。
 未熟さからの成長がテーマの為、ヒロインもかなり現代っ子風に描かれていて、これも他作とは一線を画す特徴の一つ。

Dg013

 ショボいと思って観ると、意外な奥深さを味わうことができます。
 私的にお勧めは、親父さんがシラットの技を披露するシーン。
 両の拳で同時に突く必殺技で、ヤスミンのツリー・ハウスが倒壊。
 『私は、シラットを熟知している……』の台詞に、震えがきましたよ。
 それでは皆様、おヤスミン…。
 

 

| | コメント (0)

2014年9月 7日 (日)

本日の映画 『リベンジャー』

 『リベンジャー』
2011年 フランス・タイ 監督:ジャン=マルク・ミオネ
主演:ジョン・フー

Rv9

主演のジョン・フーは、ゲーム『鉄拳』の実写版映画で主演を務めた俳優さんです。
ルックスと格闘技の動きから注目していたのだけれど、ようやく新作が出たって感じですかねー。

Rv5




1990年、バンコク。
サマット警部補宅が何者かによって襲撃され、警部補とその妻は惨殺される。
その場に居合わせた少年マニットも頭に銃弾を喰らい、瀕死の重傷。
辛うじて一命を取り留めたが、マニットの生存を知った犯人らは病院に向かう。

少年が狙われていることに気付いた看護師は、マニットを連れ出し、知人の元へ。
この知人こそ、ムエタイマスター・アジャンだった。

Rv3

アジャンの秘薬によって、マニットの命は救われた。
しかし、脳を損傷した代償は大きかった。
マニットは感情を失い、無痛症の後遺症が残ってしまった。
以後、マニットはアジャンの元でムエタイを習いながら生活をする。

やがて、運命の輪は、再び廻りはじめた。
両親を殺害した犯人の手掛かりを得たマニット。
究極のムエタイ技を武器に、マニットの復讐が始まる。

Rv4

設定は、興味深いものがあります。
脳の損傷による無感情。
そして無痛症。
格闘モノでは、極まれに見かけます。
実際には、敵役がそういう設定だったりしますが、本作は主人公自身。
これが上手く機能すればいいのですが、本作ではちょっと疑問でした。

Rv2



設定どおりに感情を出さず、淡々と戦う主人公。
ただし、その裏に両親を殺害されたという復讐が存在しますから、従来の作品ならば怒りを爆発させて敵を掃討する爽快感が生まれます。
ラストで、そのような描写を挿入しているものの、明確にクローズアップしていないので、作品全体を押し上げる爆発力にはなっていません。

同じことが、最期の技にも言えます。
主人公は、マスターから自分の死を覚悟した必殺技なるものを伝授されています。
当然、これがラストを飾るわけですが、これが実に判りにくい。
マスターの見せた動きをきちんと覚えていなければ、これがあの必殺技なんだと思わないでしょう。
普通は、修業シーンを回顧して、印象を高める手法が用いられますが、本作にはそれが欠けています。

Rv7

前半は、ジョン・フーの動きも含め、期待度を高めます。
しかし中盤からは、オカマを含めた女ギャング集団など、敵の質もガタオチ。
チビッ子少女が大人をサンドバッグ状態にするシーンの面白さもありますが、肝心のストーリーラインからは逸脱といえるでしょう。

無感情ながら、ロマンス部分も多少。
でも、私的には相手のジャーナリスト姉ちゃんに萌え無し。
格闘シーンのカメラワークも悪く、せっかくの格闘シーンも魅力半減。
素材は、悪くないのだけれど……。
純粋なタイ映画だったら、もっと期待できたかも。
何故に、おフランスの血が入っているのでしょうか?

| | コメント (0)

2014年7月14日 (月)

本日の映画 『拳陣 FATAL CONTACT』

『拳陣 FATAL CONTACT』
2006年 香港 監督:デニス・ロー

Kg1

久し振りの、格闘映画レビューです。
このジャンルは、ホラーに比べてリリース数も圧倒的に少なく、ファンも少ないようですね。
私はホラーよりも愛着があるジャンルですけれど。

Kg4

大陸から香港にやってきて、細々と興行を続ける京劇一座。
その中にカンフー全国大会のチャンピオン、ゴウゴンもいた。
ある日、ヤバい連中がゴウゴンの元を訪れ、地下ボクシングの誘いをかける。
全く応じないゴウゴンだったが、同僚のティンが急接近したことから、次第にゴウゴンの心境に変化が生じる。

デートをしても、互いの貧しさを再認識してしまう香港の地。
貧乏を嫌い、生活の変化を求めるティン。
一試合だけなら……。
そう思って参加した闇の賭博試合。
ゴンゴンは快勝し、手元にはファイトマネーが残った。
予想外の報酬は、彼を次なる試合へと駆り立てる。
次々と組まれる試合。
相手のレベルは上がるものの、勝ち続けるゴウゴン。
やがて別の組織も巻き込み、いつしか巨額の金がゴウゴンを巡って動くように。

Kg3

もはや、ゴウゴンの意志だけではどうにもならない状態が出来上がってしまった。
対立する組織の諍いに巻き込まれ、黒い渦に巻き込まれていく二人。
ティンとの幸せな暮らしを夢見るゴウゴンだったが、思いもよらぬ結末が彼に訪れる。

Kg5

原題は『黒拳』。
こちらの方が、内容を上手く表現しています。
大陸出身の純朴な青年が、次第に闇の世界にどっぷりつ浸かっていく。
このイメージに、主演のウー・ジンはピッタリ。
他にもヒロインのティンや隊長を演じるロナルド・チェンなど、配役が見事に思えます。

Kg6

ウー・ジンなので、カンフー・アクションは安心レベルのクオリティ。
強烈に心に残るバトルはなかったものの、カンフーの魅力は十分。
それと対比になるのが、クライマックスの殴りこみシーン。
武術が暴力へと成り下がる描写は、本作のテーマを見事に表現しています。
また、隊長との比較も興味深く、これが余韻を残しますね。

他作に比べて、本作の後味が悪過ぎ。
けれど、その分の余韻も多くの残ります。
これは、やはりウー・ジンの魅力ではないかと思いますね。
ラストへの急転直下がやや急ぎ過ぎのような気もしますが、そこは香港映画なのでしょうがないかも。

Kg7

| | コメント (0)

2013年8月20日 (火)

本日の映画 『少林皇帝拳』

『少林皇帝拳』
1979年 香港 監督:ラウ・カーリョン

Sk3

またまた懐かしのカンフー映画を観てしまいました。
本作は、一部でラウ・カーリョン監督の最高傑作の呼び声も高いなどと記載されております。
おう、それなら観て損はないはず。
でも、昔のカンフー映画だから、ハードルはなるべく下げておかないと…。

Sk4

本作は、ダブルキャストといっても良いですかね。
まずはワン・チンチン(犬のおまわりさん的凄い名前ですが本当です)役にリュー・チャーフィー。
こちらが実は皇帝の息子。
他にも兄弟がいて、跡取り争いに巻き込まれます。
彼は皇帝の後継ぎになぞに興味は薄く、酒や陶器など文化を楽しむことをモットーとしています。しかし、武術の腕前は達人級。
そんなワンがお忍びで街を歩いていると、詐欺師のホーと遭遇。

Sk7

ホーを演じるのはワン・ユー。
役柄と容姿がピッタリですね。
ちょっと悪人っぽいのですが、根は良いヤツ。
当然ながら身分を隠したワンと衝突するのですが、ワンの方が一枚も二枚も上手。
不本意ながらもワンに弟子入りとなり、行動を共にします。

Sk1

一方、ある陰謀が動いていました。
次期皇帝の有力であるワンを暗殺するため、刺客が放たれたのです。
次々と襲い来る刺客たち。
ワンはホーに気づかれぬように闘いますが、ある時足を負傷してしまいます。
ようやく刺客の存在に気付いたホーは、ワンに代わり自ら闘いの場に身を投じていくのです。

Sk6

悪役の将軍に、ロー・リエがいます。
ホーに気づかれぬよう闘う様は、未だ新鮮ですね。
リュー・チャーフィーのチョビ髭面も、なんともいえぬインパクトを与えます。
全体的にはコミカルですが、バトルに手抜きはありません。
子連れ狼風のシーンもあり、ワンを手押し車に乗せての大立ち回りは圧巻。
カッコ良さを追求すると物足りませんが、カンフーとしては良い作品です。

Sk2

| | コメント (4)

2013年8月18日 (日)

本日の映画 『マンテラ ~トランスフォーマーズ~』

『マンテラ ~トランスフォーマーズ~』
2012年 マレーシア 監督:アリヤール・アリ・クッティ & ミザ・モハマド

Mt2

厳密にいえば、本作はSFロボットアクション映画である。
しかし、クライマックスでロボット同士のタイマン格闘戦があることから、強引に格闘映画にカテゴライズさせていただいた。
異論・反論・オブジェクションは無しでお願いしたい。

Mt3

人類は、太古から善と悪とに分かれて戦ってきた。
善を光連合軍、悪を暗黒軍という。
なんとも安直な設定と思うなかれ。
シンプルで理解しやすい設定の方が、より多くの人に受け入れられるのだ。
本家のトランスフォーマーを見れば一目瞭然だ。
オプティマス・プライム?
なんだ、そりゃ?
そう思った人間は、私だけではないはずだ。
アイツは、コンボイだ!
そんな複雑な名前じゃねえ!!

アイツハコンボイ…

劇中、その違和感だけが頭を駆け巡り、それは2作目・3作目まで続いた。
このエピソードは、単調と複雑を語る上で最適なものである。

Mt10

さて、話を戻そう。
ロシアのどっかにある研究所。
ナターシャ博士は、太古から伝わるマンテラの研究に取り組んでいる。
そして、それはいよいよ完成に近づいていた。
マンテラが完成すれば、絶大な力が手に入る。
そう信じた暗黒軍は、研究所を強襲。
研究所は破壊されたが、ナターシャ博士の画策でマンテラの移動に成功した。

カモフラージュして発送されたマンテラは、マレーシアの都市クアラルンプール在住のアズマンの元に届く。
知らない荷物が届いてビックリのアズマンだったが、テレビゲームの景品か何かだと勘違いし、自分のものとする。

荷物の中に、ヘルメットらしきものが混じっていた。
アズマンが被ってみると、届いた部品の組み立て方が脳内にインプットされた。
完成させると、それは黒いバイクだった。
スゲェ。
ゲームだけが取り柄だったアズマンは、ちょっとだけ行動的になる。

バイクを乗り回すアズマン。
しかし、トラックとの衝突事故に巻き込まれてしまう。
もうダメかっ。
そう思った時、バイクが変形。
人型のロボットとなって、アズマンの身を守ったのだ。

その一方、暗黒軍もマンテラの在り処を突き止めていた。
秘密裏にマンテラを狙うものの、作戦は失敗が続く。
業を煮やした暗黒軍総帥カナザワ郷は、カミカゼ攻撃システムを搭載したヴェガ13~15号機の三体を発進させる。
光連合軍と協力し、アズマンは暗黒軍を迎え撃つが……。

Mt7

ロボットは、微妙なかんじのCG。
ネタ的には、様々な作品の寄せ集め感が漂う。
主人公アズマンは、どことなく設楽さん似。
謎の男から、ベストキッド(ラルフ・マッチオの方)的修業を受けたりもする。
正直言えば、カッコ良い映画ではない。
マニアでなければ、鑑賞も辛いかもしれない。
しかし、この作品には夢がある。
ゲームが上手いこと以外、何の取り柄もないヘタレな僕。
ある時、突然にスーパーロボットを扱う身分になった。
意中のあの娘と急接近。
人類の運命は、僕の手に!
このテーマは、万国共通だぜぃ。

Mt6

Mt4_2

実は、本作には不可解な謎がある。
細かいことを気にしてはいけない映画だが、未だ晴れぬモヤモヤが私を苦しめる。
ここに記述することで、少しでも慰めにしたい。

謎① 本作に日本は絡んでいない。にも関わらず、機体には『マンテラ』というカタカナの記載がある。この理由は、なぁに?

Mt1

謎② バーらしきモニターに映し出されたマンテラと暗黒軍の闘いの様子。それを見た若者たちは、マンテラにエールを送り、大合唱! 普通なら、感動的なシーンであるが、誰も暗黒軍の存在やマンテラを知らないはずなのだ。それが口々に『マンテラ、ファイト!!』などと叫ぶ。この理由は、なぁに?

Mt11

Mt12_2

| | コメント (0)