日記・コラム・つぶやき

2017年1月23日 (月)

行った年、来た年 2016⇒2017

 どうにも動きが鈍い。
 年末にNETが繋がらなくなり、修理を呼ぼうと覚悟。
 どうにか自力で直せたものの、一週間もの時間を費やしてしまった。
 

 29日まで仕事。
 30日、ヤボ用と大掃除。
 あっと云う間に大晦日である。
 正月3日間は風のように過ぎ去り、グダグダの年始となってしまった。

 まずは、今年は抱負がない。
 やりたいことは幾つもあれど、方針が定まらない。
 夏に過去最大規模の仕事が待っている。
 3月でチームメンバー二人が消える。
 とりあえず、大きな不安ばかりが残る。
 
 もちろん、チームのリーダーという立場でオロオロはできない。
 俺のオロオロは、ボビー・オロゴンではない。
 ファックな会社に貢献したくないのが本音だが、たぶん自身の性格が手抜きを許さないだろう。
 会社にモチベーションを下げられながら、なぜフェニックスにならなければならないのか。
 一匹狼に憧れながら、部下や同僚の面倒を見なければならない自分。
 俺は、今後どのように生きていかねばならぬのか?
 唯一たぎるのは、サウザーのセリフ。
 引かぬ。媚びぬ。顧みぬぅ~。
 ああ、帝王に生まれたい俺。

 そうはいっても、過去を顧みてしまうイケない俺。
 昨年の活動結果を思い切り振りかえってみよう。
 

 電子書籍投稿サイトuppi 1568⇒1605
 同じくパブー 31612⇒36504
 TSUTAYAレビュー 1351⇒1357
 深城寺雪広ブログ 5290⇒6088
 場末のB級映画館ホラー映画レビュー 18782⇒36640
 本ブログ 148412⇒195399

 合計閲覧数 207015 ⇒ 277593

 ほとんど更新が無いものもあり、本年はテコ入れを考えねばならないなぁ。
 一方で、映画やテレビの視聴数が減ったという理由は当てはまらない。
 休日は、DVDかゲームに大半の時間を費やしている。
 
 特に昨年は『ER』にどハマリ。
 この時期にハマっている人間は少ないと思うが、とりあえずシーズン1~9を制覇。
 マークの去就で一区切りつけた状態。まだ先は長いが…。
 
 問題は、アマゾンPrimeの会員になったことだ。
 会員特典の見放題映画やテレビ番組の内容が自分のニーズにベストマッチ。
 特に今まで見れていなかった子供時代の特撮ものも充実。
 ウルトラマンや仮面ライダーも、やばいくらいのラインナップだ。

 極めつけ、アマゾン独占配信だった仮面ライダーアマゾンズも一気見。
 大晦日に最終話を視聴し、格闘技見るより感動を覚えた年越しだった。
 『ウォーキング・デッド』もシーズン1はクリア。
 テレビ番組ながら、ゾンビメイクの秀逸さに驚きを隠せず。
 今後が楽しみな作品だ。

 いまだ方針定まらぬ1月ながら、多くのエンタメ・コンテンツを楽しむという野望は捨てていない。
 このブログを楽しんでいただいている皆様と共に、広げようB級の輪!
 
 

| | コメント (0)

2016年1月24日 (日)

行った年、来た年 2015⇒2016

 本来であれば、この記事は年初に書くべきもの。
 既に3週間近く過ぎています。

 前記事で『少林寺への道』記事を投稿したものの、実は昨年11月に下書き保存しておいたものでした。
 昨年の記事を見返してみると、11月~年末にかけて忙しく、さらに仕事上のビッグトラブルにも巻き込まれて、ほとんど同じようなサイクルをなぞっていることが判ります。

 今更このような記事を載せるのも恥ずかしいですが、本ブログの歴史でもありますので、ご容赦ください。

 昨年の活動を振り返ります。

 ①『Xファイル』シーズン6~9を観賞し、すべてコンプリート。
   ライフワークとして生涯かけてゆっくり鑑賞と位置づけた作品でした。
   しかしながら、モルダーからドゲットに主人公変更の件が知りたくて猛加速したのです。
   今年、モルダー&スカリーの新エピソードが米国で放映されるらしく、真のコンプリートではなくなってしまったというオチがつきました。

 ②『ツイン・ピークス』シリーズ1~2をコンプリート。
      買い置きしていて、ずっと未鑑賞だった作品。ようやく鑑賞終了です。
   こちらも新エピソードが準備中らしいです。
   最終話でローラがクーパー捜査官に投げた意味深な言葉。
   『25年後に会いましょう』
   この25年後がまさに本年2016年。
   うぉおおお、このタイミングで鑑賞を終えた私は、まさにツイン・ピークスの申し子。
   この偶然は、スゲェぜ。

 ③『フラッシュ・ポイント』 シーズン1を観賞。
   米国の警察特殊部隊SRUの活躍を描くテレビドラマ。
   派手なアクションが売り物ではなく、良質なヒューマン・ドラマが展開。

 ④『DEAD SPACE』 クリア
   海外輸入ゲーム。ホラー系FPS。
   エイリアンのような世界観とグロなクリーチャーが特徴。
   全体的なバランスも良く、私的には我がゲーム史上でも殿堂入り。
   続編も3までリリースされており、本年入手を画策。

 ⑤『SPELL FORCEⅡ』 2シナリオをクリア
   こちらもPC輸入ゲーム。ファンタジー系RTS(リアルタイム・ストラテジー)。
   もともとRTSがゲームでは一番好きなジャンルということもあり、最高度のハマり具合。
   ただクリアまでに要する時間が長く、相当な時間が費やされているのも事実。
   

 …と、強い印象が残ったものを列挙しましたが、その他にも映画やドラマ、ゲーム何ぞに時間を費やした訳です。
 

 当然ながら、ブログに割ける時間は減少。
 やはり5年目にして、少々マンネリ化してしまった感は否めません。
 ここはちょっと反省し、ブログのパワーアップを試みようと思います。
 それには面白い文章とネタが不可欠。
 がんばっていきまっしょい。

 2015年の閲覧数実績

 ・電子書籍投稿サイトuppi ビュー数 1247⇒1568
 ・電子書籍要綱サイトパブー 24880⇒31612
 ・TSUTAYA レビュー広場 1344⇒1351
 ・深城寺雪広のホラー映画鑑賞日記(FC2・ブログ) 3963⇒5290
 ・怪奇画廊 『場末のB級映画館』(ライブドア・ブログ) 1407⇒18782
 ・世界のホラー・ショーwith格闘映画博物館(ココログ・ブログ) 95788⇒148412

 総合計数 128629 ⇒ 207015
 
 ようやく20万ビューを突破。
 素人個人の書いた文章が読まれた数にしては、十分に満足できる数値。
 ご覧いただいた方には感謝ですhappy01
 
 

 

| | コメント (2)

2015年1月 2日 (金)

2014年の総括

Pm3

あけまして、おめでとうございます。
久し振りに記事を書きますが、昨年は全く予期せぬ出来事に見舞われ、HELL級の凹みにハマっておりました。
仕事上のトラブルでしたが、終わってみれば大事には至っておらず、周囲もさほど気にしてはいない様子。
なれどハイ・プライドな私にはどうにも気持ちの切り替えができず、大好きなホラーを観てレビューを書くという行為すら意欲を削がれてしまったのです。

Sms6

全くの想定外だったその出来事に、追い打ちをかけるような事も続発。
不幸の津波が押し寄せたようで、本当に信じがたい12月でした。
こりゃ、あかんわ~。
と思いつつ、なぜかホラー映画を観られない状態が続き、FPSタイプのゲームばかりやっていましたね。
ホラーに意欲が湧かないので、とりあえずライフワークの『Xファイル』シーズン5までを観賞。
少しずつ気力も運気も戻ってきたようで、ようやく本記事の作成に取り組んだ次第です。

Ed7

さて、本ブログも本年2月をもって5年目に突入。
丸4年も記事を書いてきたんだなあと感慨に耽っております。
ホラー映画というものは、相当な実力のある作品でないと、ストーリーが記憶に残りません。
鑑賞した記憶は確かにあるが、内容がさっぱり。
そのような作品が、相当数あります。
これって、なんだか勿体ない。
それを観て、自分はどう感じたのか?どう思ったのか?
そのような想いで始めたブログ。
後で見返すと、自分の書いた文章すら覚えていなくて、結構新鮮な気分になります。
自分で自分の過去を楽しむことができる。
日記も同様だと思われますが、ブログは公開することができ、不特定多数の人に観ていただくことも可能です。

私のブログの題材は、ほとんどがホラー映画。
どう考えても万人ウケするものでなく、人によっては嫌悪感すら与えるもの。
私自身も観たくない題材もありますし、ダメージを受ける作品もあります。
受け止め方も、人それぞれでしょう。
正しい観方ではないかもしれませんが、私はホラー作品に恐怖を求めていません。
ホラーのエンターテイメント性に惹かれているのです。
怖いのは人間自身。
リアルな怖さ。
この二つの表現は、私の意識と真っ向から食い違う主張です。
しかし残念ながら、これらの主張が良しとされる潮流も決して小さくはなく、自分の好きなタイプと同じ括りにされることが残念に思えます。

Pf1


まあ正直いえば、私は自分自身でもメンドクサイ奴だと思っています。
しかしながら、本ブログを始め、幾つかのサイトにて文章を公開して、中にはリピーターの方々もいらっしゃいます。
こんなメンドクサイ奴の文章を楽しんでいただけているのなぁと思うと、やはり自身の活動の原動力ともなります。

本日までの活動記録

・『upppi』電子書籍投稿サイト ビュー数:1247

・『パブー』電子書籍投稿サイト ビュー数:24880

・『TSUTAYA』レンタルDVD 気に入った票:1344

・『深城寺雪広のホラー映画鑑賞日記』FC2ブログ ビュー数:3963

・『場末のB級映画館』ライブドアブログ ビュー数:1407

・本ブログ ビュー数:95788

合計128629のビュー数をいただきました。
マニアックなホラー題材ということを考慮すれば、私的には大変ありがたい数字となっております。
ご覧いただいた方々に感謝申し上げるとともに、本年もよろしくお願いいたします。

なお、私の未鑑賞リストには、まだまだレア物も多く残っております。
私自身、『これは日本で公開されたのか?』と思う作品も多く、鑑賞を非常に楽しみにしています。
A HAPPY NEW HORROR!!

| | コメント (5)

2014年3月 2日 (日)

心機一転

どうも引っ越し前の日常に戻らない。
これは、どうにかしないと~。
なんて思って、久々に短文を書いてみました。

文章書くのは楽しいのですが、ホラー映画レビューもちょっとマンネリかなぁ。
もっと面白い文章書く為に、自身の変革が必要だなあ。
などと思いまして。

新ジャンルに挑戦してみました。
その名も『女子高生ルルミのマジカルな日常』。

もっとハジけた文章書くには、感覚もハジけないと。
ルルミにシンクロし、目指すは恒常的不思議ちゃん。

電子書籍投稿サイト『パブー』にて公開中です(もちろん無料設定)

http://p.booklog.jp/book/83257

前作の『オタカル漬丼台湾篇2012』の①巻は、本日時点で4300PVを超えました。
これだけ異常に多いのは、本ブログ内に記事リンクを付けたから?
実態は不明ながら、私としては嬉しいかぎり。
皆さまに多大なる感謝を申し上げます。

過去作も同じくパブーで公開中。
以下のURLから。

http://p.booklog.jp/users/kkaiki0710

| | コメント (2)

2013年12月15日 (日)

今年もあと半月……

すっかりコールドな風が吹くようになって、コートの襟を立てて帰宅を急ぐ日々が続く。
暖房の効かない列車に腹を立てる日々。
それも、ようやく解消される。
12月2日に内示が発表され、転居を伴った異動となった。

業務上、年内で引き継ぎが終わる職種ではない。
来年の半ばまで、旧箇所と新箇所を行ったり、来たり。
ビジネスホテルに、何泊すればよいのか。
家の引っ越しだって、準備を進めねばならない。
気付いてみれば、増殖を重ねたDVDやゲーム群が部屋の大半を埋め尽くす。
ちょっと掃除をすれば、レトロ・ゲームが深い眠りより目覚める。

引越し屋の見積もりで、押入れを見た営業マンが半ば呆れたように呟いた。
『サターンですかっ……』
サターンとは、セガ・サターンのことである。
PS2は、持っていこう。
ドリーム・キャストも、持っていこう。
スーファミのソフト、20本発見。
本体は、消えた。
PSソフト、とりあえず20本はウリ。
それでも残り20本。
ネオ・ジオROM版本体とソフト3本ウリ。
PCのXPや7用ソフトの輸入ゲー多数は売れない。
今後、長い年月をかけて、取り組むべきものなのだ。

とりあえず、映画DVDは全て持っていく。
持ってはいくが、引っ越し時に相当なヒンシュクであろうことは想像がつく。
こんなにDVD集めやがって。
バイト君の白い眼を勝手に想像し、身震いする。
マニアのコレクションは、所詮マニアにしか理解されないのだ。

そんなこんなな状況で、怪奇伯爵の活動は停滞を余儀なくされた状況である。
むろん、深城寺雪広のブログも更新できず。
怪奇画廊のブログも、立ち上げ直後に凍結状態となってしまった。
引越し先でのインターネット環境も心配で、たとえばniftyやめたらブログはどうなるのかという心配もある。

ああ、今日も映画観れんかった……。
ストレス溜まるね、きっと。

| | コメント (5)

2013年11月10日 (日)

アメリカの『ホラー見本市』がスゴそうだ

『TRANSWORLD HALLOWEEN ATTRACTIONS』

Sc0001

 

この休日、まだ見ぬホラー映画を求めて、ネットの波乗りに興じておりました。
80年代ホラーを画像付で紹介するサイトを見つけたり、面白そうなトレイラーを見つけたりと、それなりの収穫があったのですが、おそらくホラーファン垂涎のイベントを大発見したのです。

その名は『TRANSWORLD HALLOWEEN ATTRACTIONS』。
YouTubeで動画を見つけました。

Sc0004

初めは、ディズニーランドのホラー版かと思ったのですが、これがホラー産業の見本市だと気付いたのです。

久し振りに、胸が高鳴りました。
今では、日本で未発売のホラー映画もネットで探すことができます。
私もアメリカには3回ほど渡航経験がありますが、全て一般的なパッケージ・ツアーでの参加でした。
自由行動時間に、おもちゃ屋などを物色したものの、十分な収穫の記憶はありません。
いつしかアメリカへの興味は、薄らいでおりました。
B級ホラーを見まくって、ある程度の到達感を覚えてしまったのでしょう。

ところが、今回の動画は、眠りかけた私の情熱を一気に引き戻してくれました。
なんというホラー・マーケットの充実ぶり。
クリーチャー・デザインの宝庫。
アニマトロクスだって、販売しているじゃありませんか。
ホラー・マスクの充実ぶりにも、目を見張ります。
ホウ。
ホホウ。
グワッ。
ヤベェ。
思わず漏れる嘆息のストーム。
ちっちゃい動画画面の中に、無限に広がるホラーの世界。

Sc0003

ああ、これだ。
これが、私がホラー映画に惹かれた理由だ。
ジェームスだったら、『太陽がいっぱいだ』と表現するに違いありません。

とりあえず、この見本市について調査を開始。
19年続いているらしいです。
アメリカはセントルイスのダウンタウンで開催。
実施時期は3月で4日間程度。
各企業がそれぞれブースをもらい、商品等を展示する仕組みのようですね。
動画内でも、ホラー・マスクが97$なんて表示が確認できます。

これはもう、『オタ・カル漬丼 特別編』として取材するしかないだろ~。
2014年の開催情報を確認し、すっかり渡米する気になった私。
『オタ・カル』史上、最高のネタになること間違いなし。
意気揚々とプランを立てる私でした。

Sc0007

しかし、開催案内を確認するうちに、参加資格に目が留まりました。
まだきちんと確認していませんが、バイヤーしか参加できないらしいのです。
それ以外の方は、出展者の招待状なんかが必要なようで……。
ああっcrying
オーマイガッbearing
残念すぎるぅ。

Sc0006

今回は、断念せざるを得ないようです。
こうなれば、ホラーマニアとして不動の地位を手に入れ、どうにかコネを作っていずれ参加するとしましょうか。
イエス、ホラー・マニア!!!
イバラの道は、まだ続く。
いつかは行くよ、ホラー巡礼の旅。
拳を突き上げ、地獄を讃えよ。
オープン・ザ・ゲーツ・オブ・ヘルぅsign03

Sc0008

| | コメント (2)

2013年1月 3日 (木)

ゆく年くる年 怪奇伯爵の抱負 2013年

皆さま、あけましておめでとうございます。

皆さまの閲覧数に励まされ、弱小ブログながら今年も細々と続ける所存でございますhappy01

昨年の怪奇伯爵活動を振り返りますと、
電子書籍サイト パブー
 

 拙著のエッセイ&短編小説合計:ダウンロード771⇒1092 閲覧数6325⇒9762

電子書籍サイト upppi
 5作品投稿 閲覧数合計:459

・本ブログ
 閲覧数:5,000⇒26,200

・姉妹ブログ 『死霊の試写会 ~深城寺雪広のホラーな日記~』
 閲覧数:172

という結果に終わりました。
upppiでは、ホラー小説コンテストに応募するも惨敗。
おのれの実力をまざまざと思い知らされました。
仕事面も決して順調とはいかず、心の血反吐を吐きながら続けております。
今年は周囲の異動があり、更なる不安要素が腐臭のように漂いはじめています。

ああ、せめて私から映画を鑑賞する時間を奪わないでくれ。
ハロウィン&クライモリ全レビュー。
Xファイル制覇(まだシーズン2やねん)。
マイアミ・バイス制覇(まだシーズン1やねん)。
レア作品の発掘。
怪奇伯爵としての仕事?は山積み。
加えて、未着手ゲームも山積み。
未だにデッド・ライジング2やっとらん。
輸入ゲー、『TRAPPED DEAD』もあるなあ。
あれっ、『デッド・アイランド』廉価版出てたの?
未だに『DIABLOⅡ』やってんだよ、こっちは。

てな感じですが、今年も素晴らしきホラ・ヲタの世界に触れたいと思います。
本年もよろしくお願いします。

 

 

| | コメント (0)

2012年10月21日 (日)

リニューアル東京駅

先週の話になりますが、用事のついでに話題になっている東京駅を見てきました。
毎日混んでいるようですね。
接近を試みる勇気もなく、丸ビル側からズームで撮影しました。

007

009


その後、期間限定で丸の内通りに展示されているベンチ・アートを鑑賞。
写真の他にも有名人の像が点在していました。
面白い試みですね。

001
マスクド・ライダーの待ち合わせ

005
アッポォ!ジャイアント馬場の勇姿

| | コメント (0)

2012年4月 9日 (月)

上野の桜2012

ここ数年、上野で桜を見ている。
JR上野駅で降り、博物館横を通って不忍池に出る。
池の周囲を歩き、そのまま秋葉原へ向かうのが恒例のルートだった。

005_3

今年は、ちょっとグレード?アップ。
日暮里でJRを降り、ストレートな名前の桜どおりを歩いて谷中霊園へ、。
なかなかの賑わいを見せていた。
そのまま根津駅まで下る。
創業何十年という感じの古い店がチラホラ。
レトロな喫茶店も、かなりの人気ぶり。
せんべい屋やゆべしのみを売る店を見つけ、心惹かれる。

007

11時30分。
開店に合わせ、ネットでみつけたビストロ『RISAKI』さんへ入店。
こじんまりとした店で、清潔感がある。
ランチなのにメニューの説明も丁寧。
これは良い店かもしれない。期待に胸を躍らせる。
オードブルに江戸前アナゴのエスカベッシュを選択。
バルサミコ酢の酸味がマッチし、なんとも爽やかに。
グラスワイン白との相性もなかなか。
パンも、これまで経験のない味で、かなり好み。
早めに食べたしまったら、追加を聞いてくれた。
こういう配慮がありがたいです。

メインは子牛を選択。
量は多くはないけれど、肉質はかなりのもの。
そして、サービスなのかもともと付いていたのか、メニューにない温野菜の一皿が供された。
控えめなスープは、素材の味を際立たせる役目。
お店のウリや主張が、伝わってきます。
これにデザート(これも選べる)・コーヒーがつく。
マロンのクレーム・ブリュレは、再度食べたくなる味。
次回は、間違いなくディナーで。

その後は、上野まで徒歩で移動。
不忍池から博物館・美術館方面へと向かう。
屋台が並び、かなりの賑わいと思っていたら、途中で大渋滞。
これまでにない混雑ぶりに、花を愛でる気力も喪失。
桜は綺麗なのに、人のパワーに負ける休日の午後。

009

012

013

011_4

| | コメント (0)

2012年1月 1日 (日)

ゆく年くる年 怪奇伯爵の抱負2012

ブログを読んでいただいている皆様、あけましておめでとうございます。

2011年を振り返ると、本ブログが2月より開始。
パブーでは短編小説やしょーもないエッセイを10編掲載。
東日本大地震。
ボーナス・給料の大幅カット。
リストラ人員減による仕事量の激増。
パソコン故障等、その他多額の費用支出。
健康診断での要精密検査。
と、かなりマイナス面が目立つ年でした。
特に仕事面は最悪。
今年は好転を期待したいと思います。

088_2

そのような中で、怪奇伯爵としての趣味活動は意外な充実ぶり。
懐かしのホラー映画や格闘映画のDVDが手に入ったり、日本未公開の映画を鑑賞することができたり。
電子書籍投稿サイト・パブーでは、10作合計のダウンロード数がのべ771、ビュー数は6325。
本ブログのビュー数も、5000目前に迫っています。
学生時代に仲間うちで同人誌らしきものを作ったことがありますが、それを読んだ人は20人にも満たなかったので、時代が変わったことをシミジミ思う今日この頃。
私の文章なんぞが人に読まれていると思うと、本当にありがたい話です。

また、今までは細々と鑑賞していたホラーや格闘映画について、ご紹介できる場ができたのも嬉しいかぎり。
基本、メジャーよりマイナーが好きなので、今後もディープなブログを目指します。
ホラー映画は、できる限り日本で知られていないような作品を鑑賞していきたいと思っています。ただし、最近のホラー映画はかなり日本版が発売されていて、ひょっとして密かなブームになっているのでは?と思ったりもして。
観たい作品も多々ありますので、まだまだネタには不足しません。

そして、創作の方も続けたいのですが、これは日々の仕事次第。
昨年のパブーでの10作品は、震災の影響で1次的に仕事が激減した時期に製作したもの。他にもネタは数多くあり、早いところそれを形にしたいと思っています。

ブログは、しばらくは昨年12月の台湾編と映画レビューを続投。
怪奇伯爵流ヲタ旅の様子と、素晴らしきマイナー映画の魅力を更新していきます。
それでは皆様、今年もよろしくお願いします。

064

| | コメント (0)