« 2022年2月 | トップページ

2022年5月

2022年5月 8日 (日)

本日の映画 『ヘルウィン』

ヘルウィン』
2019年 アメリカ 監督:パトリック・ルシエ

※本記事は、グロテスクな表現を含みます

Hw001

 終わる。
 ゴールデンウィークが、終わってしまう。
 振り返れば、スペシャルな出来事は何ひとつなく、途中仕事を交えて、かぎりなくオーディナリーな休日たち。
 そういう人生だと思えばアキラメつくか? それにはある程度の悟りが必要で、瞑想の真似事したら椅子に座りながらの爆睡。
 首がヘビィに傾いて、筋肉痛になった。
 痛ぇッス。
 異動した同僚から毎日休日出勤のグチLINEが届く。

Hw007

 最近のお気に入りワード『屁のツッパリは要らんですヨ』と独り言ち、それはキン肉マンだろうとセルフツッコミ。
 牛丼一筋300年?だっけか……?
 そういえば、吉野家騒動の火は消えたのかしら。
 「生娘をシャブ漬にする」って、せめてシャブシャブにしとけば良かったね。
 講師ともなると、話術に少なからずインパクトが必要。
 相手に興味を持ってもらうための技術だが、社会性というフィルターにかける必要がある。
 自社の社員向け、明らかに冗談だと判るような話なら問題にならなかったかもしれない。
 一歩会社出たら、役員だろうが肩書の衣は薄くなる。
 彼はどのようなGWを迎えたことだろう。
 社会って怖いっス。

Hw003

 さて、本作。
 その社会の怖さを、別アングルから浮彫にしたとも思える作品だ。
 ジャケ写はパンプキンヘッドマスクのキラーのみ。
 飾り気なく、その作風はほとんど想像できない。
 ハロウィン題材は間違いないが、このジャンルはホラー定番だ。
 某作品の二番煎じか、どうしようもない駄作であるかもしれない香りがプンプンする。
 ところが……。

Hw005

 

 2015年、ニューヨーク州ベントン。
 ある若者グループが、ハロウィンパーティー。
 バカ騒ぎで盛り上がり、王様ゲームでちょいとエロいムードにもなってきた。
 トリックというあだ名のパトリックに順番が回り、突然の惨劇が始まる。
 阿鼻叫喚。
 逃げ惑う若者たち。
 数名が抵抗し、ようやくパトリックの凶行は止まった。

Hw002

 重傷を負ったパトリックだったが、病院で再びの惨劇開始。
 警官の銃弾を数発浴び、彼は忽然と姿を消した。
 そして2016年以降、ハロウィンの時期になると同様の惨殺事件が続発。
 犯人を追うデンバー刑事とジェーン保安官は、彼の正体に疑問を抱く。


 そして迎えた2019年ニューヨーク州ベントン。
 再びパトリックの犯行を思わせる事件が勃発。
 デンバー刑事を挑発し、2015年事件の生存者シェリルにも魔の手が迫る。

Hw009

 

 派手なチープ・スラッシャーかと思ったが、意外にも硬派な作り。
 犯行の理不尽さ・残忍さから、人間の仕業ではないのでは?という疑問を投げつける。
 パトリックが生存しているのか、模倣犯なのか。
 実在の人間なのか、超常的な存在なのか。
 サスペンス色濃く、このテーマが最後まで観客の興味を惹きつける。

Hw004

 一方でショックシーンも工夫が凝らされている。
 犯人の襲撃は、まるでアサシンのごとく。
 刃物メインであるが、演出が派手め。
 ところが注意してみれば、シーン毎に違いはあるものの、血糊量はそれほどでもない。
 いたずらにグロいシーンを見せるのではなく、雰囲気でカバーしているのだ。

Hw008

 

 当然ながら、ラストでは謎がきちんと解決される。
 意外性は十分にあるが、まったくのオリジナルアイデアというわけでもない。
 半分ぐらいは予測可能だったが、よく練られた内容になっている。



 あくまで個人的感想だが、ヒロイン・シェリルの描き方に若干のもの足りなさを感じる。
 演じたクリスティーナ・レイエスは気丈さを備えた雰囲気があり、スクリーム・クイーン素質はありそうだが…。
 ジェーン保安官役エレン・アデアの安定感、デンバー刑事役オマー・エップスのゴルゴ(松本氏)感は好感。

Hw006

 絶望的なラストに挿入された「希望」は、他作にはなかなか見られないアイデア。
 安直なラストが多いホラーにおいて、高く評価すべきポイントだ。
 続編製作の可能性あり。  

| | | コメント (0)

2022年5月 5日 (木)

本日の映画 『THEフェイタル・レイド 特殊起動部隊』

『THEフェイタル・レイド 特殊起動部隊』
 2019年 香港 監督:ジャッキー・リー

Fr011

 

 いつのまにか世間はゴールデンウィークに入り、なかには10連休なる人々もいるようで。
 こちらは未だコロナ影響により、従来にはなかった業務が加わって、数々の休日がフッ飛んでいる。
 しかもシフトは突然にやってきて、金曜日に土日出勤が確定するなどオールモスト・ブラック。
 安息の日はいつ来るのだろう。

 

Fr010

 さて、本作。
 『レイド』という言葉が付くと、イコ・ウワイス主演の『ザ・レイド』を連想してしまう。
 格闘映画として最高峰といっても過言ではないが、当然ながら映画業界はこの成功にあやかろうとする者が続出する。
 こうなると厄介なもので、オリジナルに似ている場面があるのなら見てみたいというファン心理も働いてしまう。
 数々のナンチャッテ邦題に騙されたファンは、やがてそれ自体に魅力を感じるようになる。
 こうやって低級マニアは形成されていくのだ。

Fr009

 そして、私もレイドと聞けば必ず反応してしまう身体になってしまった。
 他にも『ゾンビ』『ジョーズ』『デッド』『エクソシスト』などの言葉がある。
 もう理解しているはずなのに、なぜ追いかけるのか。
 これを人はレイニー・ブルー現象と呼ぶ。

Fr006

 まず本作のジャケ写で気になる点を挙げてみよう。
 ショートカットの女性がメインのようである。
 釈由美子氏風だが、どうやらセクシー婦警系の作品かもしれない。
 セクシー婦警がマーシャルアーツを駆使して闘う内容と仮定して鑑賞しよう。

Fe002


 舞台はマカオ。
 ストーリーを説明してしまうと、本作の魅力は激減してしまうのでやめておこう。
 冒頭からセクシー婦警の活躍はあるものの、これを全面にフィーチャしているわけでもない。
 どちらかといえば、ストーリー重視。
 パトリック・タムが主演の、正義を信じ、正義に疲れた男たちの物語である。

Fr004

 レイド級の格闘シーンは残念ながらないものの、女優たちは飛びつきからの関節技などを披露。
 あまりカンフー経験は無さそうだが、努力賞には匹敵する。
 機関銃、マシンガンなども適度な武器揃え。

Fr007
 
 全体的に小粒感は否めないが、バランス良く収めている印象。
 ジャケ写のショートカットは婦警の中ではエース級の扱いだが、演じるはマレーシア出身の歌手リン・ミンチェン。
 それが台湾でネットアイドルとして人気が出たらしく、映画にも進出!?
 でも、やはりカンフーはマスターしていないと香港作品は物足りないんだよなァ。

Fr003

 


 

| | | コメント (0)

« 2022年2月 | トップページ