« 本日の映画 『口裂け女 IN L.A.』 | トップページ | 本日の映画 『スーパー・ボディガード』 »

2018年2月12日 (月)

本日の映画 『マミーVSフランケンシュタイン』

 『マミーVSフランケンシュタイン』
 2015年 アメリカ 監督:ダミアン・レオーネ

 *本記事は、グロテスクな表現を含みます

Fm001

 さあさあ、久し振りにやって参りました。
 対決ものです。
 エイリアンVSプレデター。
 フレディVSジェイソン。
 ハリウッドは、これまでホラー界・夢の対決を作品化してきました。

Fm011



  

 本作も『ハムナプトラ』シリーズで人気を博したマミーと、幾度も作品化されている人造人間・フランケンシュタインのWキャストで夢を広げてくれます。
 しかし忘れてならぬのは、低級映画界の法則。
 こういうタイトルの作品には、Z級含有率が極めて高いことも覚悟しなければなりません。
 さすがにマミーが母親だったなんて設定はないものの、造形はピンキリ。
 かつて『イエティVSゾンビ』なんて作品を観たら、イエティは着ぐるみで、ゾンビはゴムマスクを被っただけ、なんてのに遭遇しました。
 はい、怖いですね、怖いですね。

Fm007

 本作は、そこまで心配することはありません。
 まあ、低予算ながらの努力賞って位に落ち着きます。
 ストーリーは安直ですかね。
 医学部の教授ヴィクターと、考古学教授ナイラのラブ・ロマンス。
 これに人造人間と、エジプトで発掘されたウセルカラー王のミイラが絡みます。
 ウセルカラー⇒失せるカラー⇒不良かよッて、連想した貴方!
 私と同じ思考の持ち主です。
 低級映画に文句を言わない心優しき人物とお察しします。

Fm003

 さて、本作。
 直接的なゴア描写は少しだけ。
 舌や鼻をナイフで切り落とされるシーンに、ペインを感じます。
 そして前段に示唆した言葉に従って、急所切断を思わせる描写力にブラボー・フラグを掲げましょう。
 ああ、チ○コが痛たたたたたたた、ホワッチャー。
 お前はもう、切られている。
 なんてケンシロウのセリフが聞こえるよう、吉田羊。

Fm009



 
 フランケンとマミーの対決は、それなりに楽しめます。
 バチバチのメンチを皮切りに、フランケンの体重を乗せたチョッピング・ライトが炸裂。
 マミーは、ナイフで応戦だ。
 ちょと戦い方が人間くさいけど、渋いっちゃ渋い。
 だって、二人とも元は人間だもの。
 人間って、いいな。 

Fm005



 

 

 

 

 

 

|

« 本日の映画 『口裂け女 IN L.A.』 | トップページ | 本日の映画 『スーパー・ボディガード』 »

ホラー映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『口裂け女 IN L.A.』 | トップページ | 本日の映画 『スーパー・ボディガード』 »