« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月29日 (月)

本日の映画 『口裂け女 IN L.A.』

 『口裂け女 IN L.A.』
 2015年 日本 監督:比呂啓・廣瀬陽・小川和也・曽根剛

 *本記事は、グロテスクな表現を含みます

Smw013

 日頃から思っていました。
 口裂け女のビジュアルって、他国のホラー作品で見かけないと。
 日本独自の都市伝説なんですかね。
 もちろん、日本で流行した現象が他国に伝わって、模倣例はあったとは思います。
 それでも、映画のキャラとしては浸透しなかったのでしょう。

Smw002



 

 ホラー映画キャラのビジュアルとしては、決して他国に引けはとりません。
 鋏というウエポンも、『バーニング』と同等。
 そう、口裂け女は、海外でも十分に活躍できるキャラなのです。

 鋏で攻撃という手段を考えれば当然外傷型ということになり、イコール血飛沫となります。
 そう、口裂け女はスプラッターに辿り着くのです。
 スプラッターの本場、アメリカに彼女が渡ったら、どうなるか?
 正直、観賞前に抱いた期待は、富士マウンテンのごとく。
 口裂け女よ、お前の鋏で色欲に満ちたアメリカン・グラフティを切り裂いてくれぃ。
 そんな興奮が迸るほど、本作のコンセプトは希望に満ちたものでした。

Smw011

 ところが。

 いざ、観賞を始めると、期待はドンドン後退。
 その勢いを止めることはできません。

Smw003

 メイド三人娘のこっくりさんプレイ。
 陰陽師と名乗る風来坊の活躍。
 悪魔神父とサタンにゾンビを添えて。
 あまりに荒唐無稽なカンフーアクションとかめはめ波。
 貞子似、不気味女の登場に『君の名は?』と問えば、その名はウメコです。
 そう、本作は口裂け女を主軸としたオムニバスだったのです。

Smw009

 辛うじて各話に通じる接点はあるものの、肝心の口裂け女が際立たない。
 ずさんな計算と表現力で、作品はまさにカオス状態。
 ロサンゼルスに日本の都市伝説を持ち込んだはいいが、その結果はまさに闇鍋。
 出演者の演技も、お世辞にも巧いとはいえない。

Smw006



 口裂け女に絞って、鎌片手にビバリーヒルズを疾走させたほうが良かったよ。
 そんでもって、それを追うのが、エディ・マーフィー。
 または、フレディVS口裂け女も観てみたい。
 

Smw001
位牌の戒名がスゲェ!!


  

 

| | コメント (0)

2018年1月22日 (月)

本日の映画 『キャビン・フィーバー (リブート)』

 『キャビン・フィーバー (リブート)』
 2016年 アメリカ 監督:トラヴィス・ザルーニー

 *本記事は、グロテスクな表現を含みます

Cf003

 キャビンと聞けば、多くの男性はアテンダントとつなぐ。
 それは、男性の中に宿る、確固たる絆。
 それは、男性が崇拝して止まない職業への確かな憧れ。
 ザッツ・ワードには、明らかに陽の感情が吹き込まれている。
 YO、YO、陽。
 口に出すたび、ポワンと宿るYO、小さな恋の炎。
 恋は好意、恋よ来い、鯉は味噌煮。
 男のCAもいるんだYO!

 …なんて、航空ラップを披露したけれど、本作のキャビンは全く別物。
 キャビンは小屋という意味で使われているから、ご注意ください、チューバッカ!
 直訳すれば小屋熱?
 ちょっと体制悪いので、フィーバーは熱病と訳してみる。
 小屋熱病。
 これでも、まだ格好悪い。
 『注意一生、小屋熱病』なんつって……。
 邦題の付けづらいタイトルです。
 イメージ的には感染ロッジとか、感染バケーションか。
 感染をもう少しいじって、死に近付けてみよう。
 ロストバケーションって、ちょっと待てよ!?

Cf002

 さて、本作。
 大学生(男3女2)が、休暇を利用して郊外の別荘へ。
 途中、立ち寄ったガソリン・スタンドで何となく不気味な出来事が発生。
 
 気を取り直して別荘に到着すれば、素敵なバケーションの始まりだ。
 改造ガン片手に森を探索する者。
 青春を謳歌する者。
 ベッドルーム突撃で、即効愛の確認行為に耽るカップル。
 典型的?アメリカン大学生の営みが展開される。 

Cf001

 事件は、突然に起きる。
 彼らのもとに血まみれの男が現れ、助けを求めてきたのだ。
 しかし、そのあまりに異様な姿は、学生らを躊躇させた。
 皮膚がベロベロ、腐ってやがる!!

 パニックになった学生たちは、男を助けられなかった。
 やがて、仲間の一人カレンに男と同じ症状が出現。
 彼らは感染病の存在に気付くが……。

Cf005

 本作のオリジナルは、2002年の同タイトル作品。
 監督は、現在ホラーの帝王とまで呼ばれるイーライ・ロス。
 低予算ながら、描写のグロさで一躍有名になったことは記憶に新しいですね。

Cf007



 

 そのイーライ・ロスがプロデューサーとして自作品をリメイク。
 きっと、思い入れと自信に満ちた作品なのでしょう。
 オリジナルは2002年制作ですが、私が観賞したのは2010年。
 そのためか、「えッ、もうリメイクしたの?」って感覚ですが、すでに16年の月日が経っていた訳です。

 オリジナルは、ブラック・ユーモアをトッピング。
 私も一度観賞しただけで、記憶はすっかり薄れてしまっております。
 うる覚えで比較しますので、違っていてもご容赦のほどを。

Cf008

 全体的に、やはり本作は洗練されています。
 不安&恐怖を盛り上げる小技が意図的に練りこまれていて、マニアを唸らせます。
 噛みつき小僧?
 オリジナルにはいなかったような?
 感染犬もいなかったような?
 どうしてもバイオハザードを思い出しますが、この感染ハチ公が重要なシーンを担うのです。
 

Cf009

 グロさも、しっかりキープされています。
 ただ、これ以上はヤバい!って手前で止めていて、ただのグロ自慢にならない方針が見え隠れします。
 この辺も、緻密な計算と言えましょう。
 

 核となる事件発生要因も、オリジナルと比較してクリーピーさが増しました。
 これによって、作品の持つ雰囲気にコクというか深みが追加。
 リメイクながら、続編すら期待してしまいます。
 私的には、リメイク成功の評価を。

 Cf010



 

| | コメント (4)

2018年1月14日 (日)

本日の映画 『屍憶』

 『屍憶』
 2015年 日本/台湾 監督リンゴ・シエ

 *本記事は、グロテスクな表現を含みます

Sok001

 アジアン・ホラーの醍醐味は、ウエット感にある。
 多湿という気候はあまり関係なく、宗教観が主たる要因だと思う。
 だからホラーもアメリカの怪物系が多いのに対し、日本は心霊・幽霊系が圧倒的な数を誇る。
 興味深いのは、日本にも怪物文化はしっかり存在していて、それが妖怪といえよう。
 ただ妖怪ホラー作品は、とてもメジャーとはいえないジャンルだ。
 妖怪の、どことなくユーモラスな外見は、ホラー作品としてのビジュアル化に適していないのかもしれない。

 例えば、河童。
 頭に皿。
 落武者的ヘアーカット。
 好物きゅうり。
 やべぇ設定であること、この上ない。
 これにホラーを感じるだろうか?
 しかし、その特性をきちんとビルドしてみよう。
 人の肛門に手を突っ込み、内臓を引っ張り出す。
 その場面を想像すれば、これは明らかにスプラッターだ。
 念仏の鉄よりずっと凄まじい殺害方法である。

 …と、千恵子は今日もいふ。

Sok003

 さて、本作。
 

 主人公ハオは、餃子ではなくテレビプロデューサー。
 結婚目前の恋人イーハンと暮らしている。
 仕事は順調で、結婚式の準備と共に多忙気味な日々を過ごしている。
 
 異変は、『冥婚』をテーマにした番組を制作した時から始まった。
 霊能者に助言を求めると、異変の原因は前世から続いているという。
 ハオは、友人と共に過去の出来事を調べる。

Sok009


 一方、女子高生インイン(水泳部)の周囲でも、尋常でないことが起きていた。
 周囲で起こる心霊現象に、当惑する彼女。
 やがてインインは、祖母も霊視能力を持っていたことを知る。

Sok002




 二人の周囲で起こる超常現象。
 その因果関係は?
 果たして、二人の運命はいかに……。

Sok004

 制作に『リング』『呪怨』などのプロデューサー・一瀬隆重氏。
 ベースは、モロにJホラーです。
 台湾ホラーは珍しく、正直期待感はありませんでした。
 未発達だから、品質は低いだろうって。

 ところが、私的評価は予想以上にアップ。
 Jホラーの良さと台湾素材を見事にマッチさせています。
 ストーリーを追っていくと、実際かなり不安になります。
 ハオとインインの行動が全くクロスせず、二つの物語が別に進行しているかのように思えるのです。
 しかし、そこにはラストに向かう緻密な計算が隠されているのでした。
 そう、いわゆるドンデン返しです。

 韓国やタイのホラーは、このドンデン返しが重視されています。
 推理小説的要素ですね。
 Jホラーは作品の品質がマチマチで、これが抜けている作品も多く見られます。

Sok008

 幽霊描写(特殊メイク)も、期待以上の出来栄えでした。
 特に冥婚の妻である女性の容姿。

 奇病に因る顔面崩壊。
 それを苦にしての自殺という設定で、ビジュアル的恐怖を確保しました。
 その家族が弛緩した女性の遺体を懸命に支え、結婚の杯を交わそうとする場面の不気味さ。イッツ、ディスガスティング!!

Sok005

 最後に、本作のテーマとなった『冥婚(メイコン)』について。
 メイコンとは、姪との合コンでもヤギの結婚でもありません。
 結婚せずに亡くなった者を家族が不憫に思い、死後に結婚させる風習。
 地域も台湾のみならず、中国や韓国、フランス、そして日本にもあるとのこと。
 ただ、地域によって内容は異なるそうです。

 本作では、女性を対象にしています。
 冥婚を行おうとする娘の家族は、赤い封筒に彼女の髪、または大切にしていたものを入れて、それを道端に置きます。
 その封筒を拾ったものが、死者の娘を娶ることになるのです。
 私はよく台湾に行きましたが、こんな話は知りませんでした。
 もし私が拾っていたら、知らぬ間に台湾デッドとウェディングになっていたわけで…。

 恐ろしいこと甚だしいのですが、この因習が存在している事実に着目しましょう。
 仮にその対象が自分の家族だったら?
 自分の娘・姉・妹が結婚を目前にして不慮の死を遂げたら?
 それが結婚直前なら尚更です。
 その無念さは、計り知れないでしょう。

Sok007

 家族への不憫さと愛情が、喪失感に拍車をかけます。
 『冥婚』が、残された家族の心の救済を果たすと言えないでしょうか?
 亡くなった者に婚約者がいれば、その男性は喜んで冥婚を受け入れるかもしれません。
 無関係な人には迷惑な話かもしれませんが、死者への愛情、残された者たちの心の慰めという意味で、冥婚の存在意義が判るような気がします。
 
  

| | コメント (0)

2018年1月 8日 (月)

本日の映画 『サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース』

『サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース』
2012年 アメリカ/カナダ 監督:スティーヴン・C・ミラー

*本記事は、グロテスクな表現を含みます

Snt004

 陽あれば、陰あり。
 楽しい場所や時間は、実は恐怖を倍増させる効果もあります。
 楽しいサマー・キャンプ。ジェイソン・どおォオーン。
 おめでたい誕生日。誕生日は、もう来ない。
 そして、本作のようにクリスマスを舞台にしたホラーも数知れず。
 サイレントナイト・デッドリーナイト。
 サンタが殺しにやってくる。
 地獄のクリスマス・キャロル。
 聖し血の夜。
 クリスマスまで開けないで。

 ああ、なんて不吉なタイトルたち。
 人の幸福の裏に、不幸も存在することを忘れちゃいけないゾ。

Snt002




 さて本作。
 主人公オーブリーは、女性保安官。
 どうやら最近夫を亡くし、まだその傷は癒えていないらしい。
 クリスマスイブを両親と過ごす予定でいたが、同僚の替わりに出勤することになった。

 今宵、この小さな町はささやかながらサンタ・パレードが行われる。
 皆、その準備に大忙しだ。

Snt013



 
 しかし、サンタの格好をした人物が子供を泣かせているという苦情が発生。
 オーブリーは怪しい人物と接触するが、その後同僚の惨殺死体を発見する。
 それを皮切りに、次々と起こる殺人事件。
 保安官事務所の所長は応援を要請せず、自分たちだけで犯人を逮捕すると息巻く。
 犯人がサンタの格好をしていることを知り、オーブリーらは一人の容疑者を追うが……。

Snt008

 なんとなく感じたチグハグさ。
 それもそのはず、本作は80年代作品『悪魔のサンタクロース 惨殺の斧』のリメイクなのでした。
 昼夜を問わず殺しを行うサンタ。
 今なら監視カメラにバンバン映るよね~。
 なんて感想は、『NCISロサンゼルス潜入捜査班』を見過ぎたせいか?
 こういうことが気になると、作品を純粋に楽しめなくなってしまいます。

Snt006



 
 作品としてのコアは、こんな酷いことをやっているのは何処の何者だってこと。
 いわゆる犯人探し要素が、背骨です。
 主人公の背景や容疑者との絡みが重要なのですが、どうもこの辺は力量不足?
 犯人像、犯行動機が不明のまま終了っていう荒業を心配しましたが、さすがにそれは避けたようです。
 まあ、唐突感は否めませんが…。

 オリジナルを観ていない、または忘れているので比較はできません。
 が、おそらく特殊メイクは少し派手になったのでは、と予想されます。
 
 斧は当然のバトル・ウエポン。
 他にカイザー・ナックルによるマウント打撃。
 ハラワタはみ出た惨殺死体。
 半裸女性を巨大芝刈り機に押し込んで爆風ミンチ。
 火炎放射器は、ターミネーターの香り。

 こんな映画をクリスマスに観ていたら、絶対サンタにプレゼントなんてもらえないゾっと。
 

Snt011

| | コメント (0)

行った年、来た年 2018

 行った年、来た年 2018

 あっという間に、1月の三連休も最終日を迎えた。
 振り返れば、昨年は大きな仕事を抱え、なんとか無事終了。
 一昨年よりはるかに忙しかった感想だ。
 ブログ熱も冷めてしまったのか、以前のような更新ができなくなった。
 
 それでも、ブログ・カウンターは若干ながら増加し、僅かに残ったモチベーションを維持してくれる。
 そもそも低級映画に対する興味が失せたのかといえば、そうではないようだ。
 コンスタントに観賞はするが、レビューを書くに至らぬだけ。
 その分、海外テレビドラマに時間を割くようになった。

 『ウォーキング・デッド』は、シーズン6まで。
 『NCIS ロサンゼルス潜入捜査班』は、シーズン2を除き、シーズンを4まで。
 『ストレイン』はシーズン1のみ。
 『ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル』もシーズン1を終了。
 特に『ナンバーズ』のチャーリーは、仕事に対しての勇気付けとなった。
 分析というテーマが、自分の仕事に対するモチベーションを押し上げてくれたのだ。
 久し振りの緊張と不安に打ち勝つには、変身してスーパーパワーを発揮するよりも、もっと現実的なヒーローが必要だった。
 製作者であるスコット兄弟の才能に、あらためて驚嘆させられる。
 数学嫌いの自分にとっては、全く予想だにしなかった作品だった。

 さて恒例の、制作活動結果である。

 電子書籍投稿サイト uppi 昨年1605 ⇒ 1659
 電子書籍投稿サイト パブー 昨年36504 ⇒ 38782
 TSUTAYAレビュー 昨年1357 ⇒ 1357
 深城寺雪広のブログ 昨年6088 ⇒ 6088
 場末のB級映画館ブログ  昨年36640 ⇒ 46485
 本ブログ 昨年195399 ⇒ 227030

 合計 昨年277,593 ⇒ 321,401

 本年は、再び文章力の向上を目指し、少しでも多く更新したいとは考えている。
 踏ん張りどころですかね。 
 

| | コメント (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »