« 本日の映画 『デビルズ・トレイン』 | トップページ

2017年2月27日 (月)

本日の映画 『デビルズ・メタル』

 『デビルズ・メタル』
 2016年 ニュージーランド 監督:ジェイソン・レイ・ホーデン

 *本記事は、グロテスクな映像を含みます

 久々の更新であ~る。
 年初から何をしていたかというと、ともかく観賞を繰り返しておりました。
 『ウルトラマン・オーブ 全話』。
 『ウェイヤード・パインズ シーズン1』。
 『ウォーキング・デッド シーズン1』。
 そして『タンクトップ・ファイター 全話』。
 もちろん、ホラー映画も忘れてはいない。
 レビューは書かないが、観賞ペースはイジリー岡田。

Dm011




 さて、本作。
 あまり期待できないぞっ、UQって感じのスタンスで臨む人が多いのでは?
 ジャケ写もパッとしないし、どうやらコメディ部位も混入しているらしい。
 さらにニュージーランド産ときたもんだ、モンデ酒造。
 これで期待しろというには、ムロツヨシ。

Dm001

 オープニングは、予想どおりの金属ギター音全開メタル。
思わずヘッドバンキングして、舌を出した貴方。
 メタルの絆を感じたかい!?
 おっと、視線は画面から動かさないでくださいよ。
 
 尻から脱糞のごとく飛び散るBLOOD&小腸。
 バンドマンの奏でるギターは、チ○コ。
 ヘンテコ・アニメが作品のクオリティを期待させます。

Dm003




 主人公は、ブロディという高校生。 
 当然のごとくメタラーな訳で、ギターを担当。
 しかし、彼の境遇はかなりヘヴィ・メタルだぜ。

Dm010



 
 母親がヤクにはまり、商店街でサンタのナニをFェラ。
 当然のごとく、精神病院に収容されてしまった。
 ブロディは叔父の家に引き取られたものの、メタルな趣味が受け入れられなくて孤立。
 いとこのデヴィットともソリが合わない。
 学校で人気No1女性メディナに一目ぼれするも、彼女はデヴィットの恋人だった。

Dm002




 それでも、ブロディの周囲には仲間が集まる。
 オタクな友人ジャイルズとディオン。
 そしてワイルドなメタラー・ザック。
 彼らは『デスガズム』という名のバンドを組んだ。

Dm004

 ザックの手引きで忍び込んだ家は、伝説のメタラー、リッキー・ダガーズの家。
 そこで手に入れた楽譜は、恐ろしい秘密を含んでいた。
 『黒い讃美歌』が奏でられる時、町は邪悪なものに包まれる。
 それは世界を破滅に導く魔王の復活だった……。

Dm007

 笑いのツボは、人それぞれ。
 本作の笑いも、人を選びます。
 まあ、下ネタ多発注意報を発令しておきましょうか。
 悪魔化した使徒たちと戦う武器が、ゴム製チ○コやア○ル開発系器具か、ヴァイブ。
 この戦いは、ヤバいと思います。
 そうかと思うと、チェーンソー二刀流の華麗な舞があったり。
 おゲヒーだけでない何かをきちんと含んでいます。

Dm009




 誤解のないように言っておきますが、そういう小道具があっても直接的な裸表現は少ないのでご安心(?)を。
 悪魔化した人間は、デモンズに近いですかね。
 何となく『ブレイン・デッド』や『死霊のはらわた』を匂わせる雰囲気も持っています。

Dm007_2




 ハチャメチャな部分も多いけれど、友情・恋愛・孤独など青春要素もしっかり加味されて、それを笑いでコーティング。さらにブラッド・ソースをたっぷりと。
 もちろんバックにはご機嫌なメタル・ナンバーが豊富に用意されて、ユーもミーも思わず叫ぶよ、ファック・オ~ッフ!!

Dm005



 
  

|

« 本日の映画 『デビルズ・トレイン』 | トップページ

ホラー映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『デビルズ・トレイン』 | トップページ