« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月23日 (月)

本日の映画 『デビルズ・トレイン』

 『デビルズ・トレイン』
 2015 イギリス 監督:ポール・ハイエット

 *本記事は、グロテスクな表現を含んでいます。

Dt003

 

 新春一発目のレビュー。
 それに相応しい大作がもっとないものか!
 と、お叱りを受けるかもしれませんが、観賞しちまったものはしょうがない。
 ホラーは、気分でいこう!
 
 今日は、チョイ・グロって気分!?
 本日は、ゲロ・グロでいきたいわ!とか。
 うぉお、今日はギガ・グロがいいぜっ!!!
 ……なんて、貴方の周りにもいるでしょう?
 
 その日の体調。
 思考能力。 
 対人関係。
 昨日食べた夕飯。
 恋人の有無。
 そういったものがミックスされて、自分に相応しい作品を選択するのです。

Dt010

 さて、本作。
 主人公は、冴えない感が滲み出ている鉄道会社勤務のジョー君。
 仕事に喜びを見出している訳でもなく、俺このままでいいのかな的オーラに包まれた青年だ。
 転機を見出そうと、昇格試験を受けるも残念な通知が。
 挙句の果てに同僚はバッチリ合格し、しかも夜行列車車掌の代行を命ぜられる始末。
 ジョーが乗った列車は、イーストボローに向けて出発する。

 途中で事件が発生する。
 列車が何かに衝突し、緊急停止してしまった。
 運転士が状況を確認しに車外に出るも、戻ってくる気配がない。
 ジョーは乗客たちを落ち着かせるが、彼らは得体の知れぬ怪物に狙われていた……。

Dt004

 ベースは、まるで80年代作品のよう。
 いわゆるクリーチャー王道パターンです。
 適度なグロシーンと緊張感が、バランス良く配置されています。
 斬新な感じはしないのに、飽きが来ないのは監督の力量でしょうか?
 単純な追いかけっこにもならず、ラストまでの処理も申し分なし。
 私的には、評価高いですよ。

Dt009




 予想以上に良かったのは、クリーチャー・デザイン。
 題材を言ってしまうと魅力減になってしまうけれど、私が好きな過去作に通じるものがありました。
 このデザインや、そこそこのグロ表現は、アメリカ作品と見間違うほど。
 イギリス作品の品質進化を実感させます。

Dt008



 

 乗客の人物描写もしっかりしていて、感情移入しやすいですなぁ。
 ゲス男には、しっかりと腹立ちましたよ。
 そういえば、昔の作品は腹立つキャラがいて、こいつ殺されろ!!と何度も思ったものでした。
 キル、ヒム。
 狼は生きろ!ゲスは死ね!
 なんてキャッチ・コピーありましたなぁ。
 えっ、ゲスじゃない!?
 アッ、豚だったか……。
 これまたトン(豚)だ勘違いを……。

Dt007



 

| | コメント (0)

行った年、来た年 2016⇒2017

 どうにも動きが鈍い。
 年末にNETが繋がらなくなり、修理を呼ぼうと覚悟。
 どうにか自力で直せたものの、一週間もの時間を費やしてしまった。
 

 29日まで仕事。
 30日、ヤボ用と大掃除。
 あっと云う間に大晦日である。
 正月3日間は風のように過ぎ去り、グダグダの年始となってしまった。

 まずは、今年は抱負がない。
 やりたいことは幾つもあれど、方針が定まらない。
 夏に過去最大規模の仕事が待っている。
 3月でチームメンバー二人が消える。
 とりあえず、大きな不安ばかりが残る。
 
 もちろん、チームのリーダーという立場でオロオロはできない。
 俺のオロオロは、ボビー・オロゴンではない。
 ファックな会社に貢献したくないのが本音だが、たぶん自身の性格が手抜きを許さないだろう。
 会社にモチベーションを下げられながら、なぜフェニックスにならなければならないのか。
 一匹狼に憧れながら、部下や同僚の面倒を見なければならない自分。
 俺は、今後どのように生きていかねばならぬのか?
 唯一たぎるのは、サウザーのセリフ。
 引かぬ。媚びぬ。顧みぬぅ~。
 ああ、帝王に生まれたい俺。

 そうはいっても、過去を顧みてしまうイケない俺。
 昨年の活動結果を思い切り振りかえってみよう。
 

 電子書籍投稿サイトuppi 1568⇒1605
 同じくパブー 31612⇒36504
 TSUTAYAレビュー 1351⇒1357
 深城寺雪広ブログ 5290⇒6088
 場末のB級映画館ホラー映画レビュー 18782⇒36640
 本ブログ 148412⇒195399

 合計閲覧数 207015 ⇒ 277593

 ほとんど更新が無いものもあり、本年はテコ入れを考えねばならないなぁ。
 一方で、映画やテレビの視聴数が減ったという理由は当てはまらない。
 休日は、DVDかゲームに大半の時間を費やしている。
 
 特に昨年は『ER』にどハマリ。
 この時期にハマっている人間は少ないと思うが、とりあえずシーズン1~9を制覇。
 マークの去就で一区切りつけた状態。まだ先は長いが…。
 
 問題は、アマゾンPrimeの会員になったことだ。
 会員特典の見放題映画やテレビ番組の内容が自分のニーズにベストマッチ。
 特に今まで見れていなかった子供時代の特撮ものも充実。
 ウルトラマンや仮面ライダーも、やばいくらいのラインナップだ。

 極めつけ、アマゾン独占配信だった仮面ライダーアマゾンズも一気見。
 大晦日に最終話を視聴し、格闘技見るより感動を覚えた年越しだった。
 『ウォーキング・デッド』もシーズン1はクリア。
 テレビ番組ながら、ゾンビメイクの秀逸さに驚きを隠せず。
 今後が楽しみな作品だ。

 いまだ方針定まらぬ1月ながら、多くのエンタメ・コンテンツを楽しむという野望は捨てていない。
 このブログを楽しんでいただいている皆様と共に、広げようB級の輪!
 
 

| | コメント (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »