« 本日の映画 『クリスマスまで開けないで』 | トップページ | 本日の映画 『水野美紀 サム・ヘーゼルダイン in 甲冑師団 コマンダー731』 »

2016年10月24日 (月)

本日の映画 『ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティー』

 『ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティー』
 2015年 トルコ・アメリカ 監督:ジャン・エヴェルノ

 *本記事は、グロテスクな表現を含みます

 10月も下旬というのに、気温は微妙な感じです。
 先週も、ほぼ通勤は半袖で通しました。
 事務所の中は暑く、窓が開けられない。
 外は涼しくても、自然の風が通らないなんて、しょうがないビルだよ、まったく。
 

 その上、未経験の業務を担当することになって、また時間が足りない生活に舞い戻ってしまいそう。
 それでも今更ながらにハマった『ER緊急救命室』で、新たな人生の教訓を得ている毎日。
 自分でも驚きますが、ここ数カ月でシーズン8までを一気通貫。
 カーター(吹替:平田広明さん)の声色が真似できそうで、業務の電話でも徐々にシンクロさせています。
 これでも部下5人率いるリーダーだから、人生って不思議よね。
 電話でカーター。
 会議でカーター。
 俺、カーターを語る。

Hk001

 さて、本作。
 まずはジャケ写に注目。
 邦題の『ヘルケバブ』で、ガツーン。
 まるで大谷の165㎞のような直球だ。
 これでマニアは作品の方向性と内容を推測する。
 そして秀逸ともいえるキャッチ・コピー、『おいでよ、肉フェス』。
 世間は、肉である。
 肉フェス、肉バル。
 異性を誘う口実にも最適だ。
 ヘイ、彼女。肉食いにいかない?
 そのような誘い方をする輩は、おそらくこの日本には存在しないだろう。

 男も肉、女も肉。

 この傾向は、いつからだろう。
 ニク、ダイスキデス。
 そういう風に公言する女性は、昔は少なかった気がする。
 しかし、潜在的な欲求は、昔も現在も変わってはいない。
 やはり、時代がオープンになった証だろう。
 本質は、そのままに。
 無理に隠してはならない。
 それをカバーするのが、食のマナーだ。
 肉といっても、綺麗な女性が血を滴らせ、唸りを上げて咀嚼する訳ではない。
 フォークとナイフを優雅に使い、そっと口に運んで、小さく口を動かす。
 歯間に挟まった肉カスを、爪でほじる仕草もしない。
 肉は、オシャレ。
 そういう時代が始まっているのだ。

Hk003

 しかし、本作は決してオシャレではない。
 いってみれば、肉の原点回帰。
 血の滴る肉片を、唾液を垂らしながら喰らう。
 肉と欲。
 森崎友紀の写真集のような響きだが、もっと下級な意味を狙ったに違いない。
 そして、私もそれを想像していたのである。

Hk008

 おそらくは、ゾンビもどきが人肉食ってバアアーーン。
 腕がちぎれ、腸が飛び出してドサァ。
 私の期待は、まさにソレだった。
 しかし、その期待は見事なまでに裏切られたのである。

 

 物語は、数人の警官を中心に展開。
 仲間内で下品な会話をした後、救援要請を受ける。
 その場所は、インチャージ地区。
 噂では、普通の人間は寄りつかない場所だという。
 
 到着した警官たちは、闇の中に不気味に佇む旧い警察署を発見。
 そこで信じられないものに遭遇する。

Hk004




 正直いえば、全体のバランスは良くない。 
 40分以上かけた前振りが、長すぎるのだ。
 一応、小技の描写を盛り込んでいるが、本筋にかかわるものをもっと早い段階で挿入するべきであろう。

Hk006

 しかし、旧警察署の発見から、緊張感は増していく。
 禍々しい雰囲気は、想像以上。
 よく見れば、特殊メイクにあまり予算がかかっていないようだが、それでも雰囲気は損なわれていない。
 謎の集団と儀式。
 既存の作品とは少し趣向が異なっていて、オリジナルティは高い。

Hk002

 想像よりは、グロ度は低め。
 雰囲気は、なかなかのもの。
 ただ、何が起きているのか、もう少し描写を求めたいところ。
 おそらく、低級ホラーに馴れていない観客には、何がなんだか意味不明の印象を持たれてしまうだろう。

 最後に。
 一つだけ、スカされた場面を紹介しておこう。
 山羊の面を被った豊満女性の出現。
 とんでもない怪物を期待させておきながら、その後の展開にオープン・マウスが塞がらない。
 お子様厳禁。
 なんとも微妙な、どちらかといえば失笑もしくは鬱い感覚が貴方の内に湧きおこる。
 ああッ、なんと禍々しく、汚らわしいのだろう。
 ヘルケバブ、マニアならドント・ミス・イット。

Hk007

  
 

 

 

 

|

« 本日の映画 『クリスマスまで開けないで』 | トップページ | 本日の映画 『水野美紀 サム・ヘーゼルダイン in 甲冑師団 コマンダー731』 »

ホラー映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『クリスマスまで開けないで』 | トップページ | 本日の映画 『水野美紀 サム・ヘーゼルダイン in 甲冑師団 コマンダー731』 »