« 本日の映画 『ドラゴン・コップス』 | トップページ | 本日の映画 『クラウン』 »

2016年5月23日 (月)

本日の映画 『喰らう家』

 『喰らう家』
 2015年 アメリカ 監督:テッド・ゲイガン

 *本記事は、グロテスクな表現を含みます

Kru003

 最近、唯一といってよいほどテレビ番組の中で楽しみにしているのが、『重版出来!』。
 舞台が出版業界ということもあるし、主役の黒木華さんはじめ、演技派俳優さんたちのキャスティングが魅力だ。
 先週の「安井さん」エピソードは最高で、安井さんを演じた安田顕さんの演技に唸る。
 ああ、今週の楽しみは、それぐらいしか予定されていない。
 また忙しい毎日が始まってしまいマンモス。

 さて、本作『喰らう家』。
 ジャケ写だけみると、黒焦げ幽霊らしきものがメイン。
 キャッチ・フレーズは、ンゴゲゲゲ……。
 まあ、一般的には「何だ?この作品は……」となる。
 一般ピーポーなら、ほぼスルーしてもおかしくはないアートワークだ。
 
 そういう作品ですら観賞してしまう自分はどうか?
 頭部に軽く拳を当て、ぺロッと舌を出してみよう。
 いわゆるテヘペロの一種が、貴方を世間から守ってくれるはず。
 日本は守らなくてよいから、私を守って!!
 ああ、独りよがりの女のブルースが、今日も大魔神を呼ぶ。

 脱線はこのぐらいにして、本作に話を向けましょう。
 田舎臭バッチリの家に引っ越してきたポールとアニー。
 おっと、ポールはポールでも、ノース・ポールではないよ。
 彼だったら、作品のジャンルが違ってしまう。

Kru002




 定年退職して第二の人生という訳ではないらしい。
 実は、二人の息子が事故で亡くなっていたのだ。
 そのショックを癒すため、二人は移ってきたのだった。
 

 しかし、二人の傷を癒すどころか、新たな心配事が発生する。
 町の住民たちは、あまり余所者を歓迎していないようだった。
 そして、家の中に、何かの気配が…。
 その家が、いわくつきの家だと知った夫婦。
 だがアニーは、そこに息子の霊の存在を疑っていた。
 夫婦は、霊能力を持つ知人を家に招待するが……。

Kru004

 最初の印象は、比較的丁寧に作られたオカルト。
 地味な展開で、刺激が足りてな~い。
 後半は、一気に潮の流れが変化。

Kru007



 

 靴下を食う親父の姿に、アイム ラフィング。
 地下室から来た幽霊たちは、町民虐殺を開始。
 内臓ブシャー!
 頭部圧縮殺なども、拝めます。
 オカルトの欠点をカバーするかのごとく、エンタメに走った後半をどう捉えるか。
 かなり冒険心あふれる試みが施されています。
 一歩間違えば、単なるおバカ映画になり下がる危険性も高い。
 貴方のハートに、何が残りましたか?

Kru008

Kru005




 

 さて、ひとつサプライズを。
 アニーを演じたのは、バーバラ・クランプトン。
 息子を失くした母親ということで、良い表情を見せます。
 何となく名前を知っているような気がして、だけど誰だったか思い出せない。
 そこで恒例のインべスティゲーション開始。

Kru009



 
 そしたら何と、あの『ゾンバイオ 死霊のしたたり』に出演していたのです。
 役は、ヒロインのメグ。
 全裸を披露し、首だけ教授にエロいことをされるあの娘です!
 マニアの皆さん、ビツクリ・お造り・松ぼっくりじゃ、ありませんかぁ!!
 ケリー・マクギリス級の驚きですなぁ。
 何やら感慨深いですわ、映画の世界って。 
 
 

|

« 本日の映画 『ドラゴン・コップス』 | トップページ | 本日の映画 『クラウン』 »

ホラー映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『ドラゴン・コップス』 | トップページ | 本日の映画 『クラウン』 »