« 本日の映画 『ザ・デッド インディア』 | トップページ | 本日の映画 『超科学実験体ゾンビロイド』 »

2016年3月20日 (日)

本日の映画 『サベージ・キラー』

 『サベージ・キラー』
 2013年 アメリカ 監督:マイケル・S・オヘダ

 *本記事は、グロテスクな表現を含んでいます

Sk002

 この作品、観賞すべきか否か、悩んでいました。
 事前情報で、概要を知ってしまったからです。
 女性が暴行・凌辱され、後に犯人共への凄惨な復讐劇へと化す。
 有名どころでは、『アイ・スピット・オン・ユア・グレイブ』が想起されます。

 
 ホラー史上に名を残す作品ではありますが、私は観ていません。
 私的にこのジャンル、苦手です。
 いくら映画とはいえ、可哀想になってしまいます。
 私のホラーへの愛着は、エンターテイメントが大きなキーとなっており、真の恐怖などどうでもよいと思っています。
 だから、作品のテーマとして悪魔・化物といった超常的存在を好み、リアルさなぞ追求していません。

 一方で、真の恐怖とは何かを追求する作品も存在します。
 日常に自分の身に起こるかもしれないリスク。
 人の心の深奥に潜む歪み。
 これらをテーマにするには、リアルさの追求が必要になってきます。
 手っ取り早いのは、実際に起きた犯罪です。
 人と人の関係において、発生するかもしれない歪み。
 それを描写すれば、恐怖度は自ずと高まるでしょう。
 ただ私的には、そのような恐怖を知ったところで、何も楽しいことがない。
 趣味として楽しむ時間を、あえて真の恐怖の追求に費やす精神構造ではないのです。

 こういう考えがあって、本作の観賞は躊躇していたのですが、何やら心惹かれるポイントがありました。
 
 復讐劇が、エグいらしい。

 描写がスゲェということなんでしょうか?
 ホラー映画マニアの好奇心に火が点ります。
 スゲェなら、観るべき!?
 興味はDONDON加速し、いつのまにか本作を手にしていたのでした。

Sk001



 さて、作品レビューに移りましょう。
 ヒロイン・ゾーイ、長い金髪の美女じゃありませんか。
 こんな娘が、悲惨な目に遭ってしまう!?
 ウツい。
 これだけで、私の心はウツに支配されそう~。
 

 父親の形見である車で、一人ドライブ旅行に出かけました。
 ゾーイは、何と聾唖者という設定です。
 あ~、どこまでウツいんだ、まったく。
 更に、結婚を間近に控えていることが明らかになり、ゾーイの帰りを楽しみに待つ婚約者も描写されました。
 く~、ウツさで身悶え必至じゃないか。

 広大なアメリカの地。
 結婚前の女一人旅。
 何もないような田舎でも、私たちは油断しません。
 レザー・フェイスが、いるかもしれません。
 でもゾーイは、『悪魔のいけにえ』観ていなかったのでしょう。

Sk010

 出てきちゃいました。
 男くせぇ奴らが。
 レザー・フェイスではありませんが、見るからに悪人風情です。
 で、まあ予想どおりのことが起こり、終いにはゾーイをナイフで刺して、地中に埋めてしまいます。

Sk005



 
 あれ、死んだら、復讐劇に発展しないのでは……。
 心配御無用。
 救世主であるアパッチ族の男が現れました。
 ゾーイを掘り出し、施術を行います。
 原住民に伝わる秘法でしょうか?
 横たわるゾーイの横で、踊り、祈りを繰り返すアパッチ野郎。
 すると、あらワンダー。
 ゾーイが息を吹き返しました。
 おお、ファイトー、復活ーッ!!

Sk006



 
 でも、ゾーイの様子が何か変です。

 
 「奴らを地獄で彷徨わせてやる~」


 なんて発言も飛び出し、自分を襲った悪党どもの追跡を開始。
 ターミネーターばりの活躍で、奴らをHELLに送っていくのでした。

Sk009



 

 どれほどウツいかと心配していた女性暴行シーンは、意外なほど描写が配慮されていました。
 心的ダメージは少なく、後のリベンジ劇もエンターテイメントとして味わえます。
 リベンジの描写は、なかなかのグロ注意報。

 ホルモンを引き摺り出し。 

 超至近距離からの弓矢連射などなど。


 ゾーイ自身も、車で思いっきり轢かれたり、手首が取れてテープでくっつけたり。
 ?と思うかもしれませんが、その理由は作品を観てのお楽しみということで。

Sk011

 エグい描写に拍手喝采ですが、せつない部分も並行して描かれています。
 婚約者との再会シーンなど、胸が詰まります。
 思い入れのない人からすれば、単なるバカ映画かもしれませんが…。
 中盤からラストに配置された痛快さや緊張感、そして悲哀のバランスの妙を、是非とも楽しんでいただきたい作品です。

Sk014



  

|

« 本日の映画 『ザ・デッド インディア』 | トップページ | 本日の映画 『超科学実験体ゾンビロイド』 »

ホラー映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『ザ・デッド インディア』 | トップページ | 本日の映画 『超科学実験体ゾンビロイド』 »