« 本日の映画 『バーニング・デッド』 | トップページ | 本日の映画 『ザ・デッド インディア』 »

2016年2月23日 (火)

本日の映画 『オキュラス/怨霊鏡』

 『オキュラス/怨霊鏡』
 2013年 アメリカ 監督:マイク・フラナガン

Ocu009

 先々週にインフルエンザ感染。
 ほぼ1週間休養したものの、高熱による後遺症が残ってしまいました。
 復帰して2週間経ったものの、未だに嗅覚が50%ぐらい失われています。
 そのために味も以前のように感じることができず、オーマイガーな日々。
 週末のワインも、昔のように楽しめない。
 もしかして、完全回復できなかったりして。
 ただの風邪だとか勘違いして、ナメてましたわ、インフルエンザ。
 周囲の目もあるし、なんか感染ホラーの世界をちょっとだけ体験した気分。

Ocu002



 

 さて、本作。

 10年以上の月日を経て再会したケイリーとティムの姉弟。
 二人の両親は、とある事件で変死を遂げていた。
 弟のティムは、父親殺しの犯人として精神治療施設に入所。
 治療を施され、ようやく事件に対する整理ができた状態だった。

 

 しかし、姉のケイリーは、違っていた。
 何故、両親が死んだのか。
 それはティムの仕業ではない。 
 家に置かれていた古い鏡。
 その鏡には、不可解な力が備わっている。
 それが両親を死に追いやったのだ。

 

  10年以上の月日を費やし、ケイリーは鏡の情報を追った。
 鏡を所持したが故に死亡した者は、少なくとも45人。
 両親の死を理解すべく、ケイリーはティムと共に鏡の真相を究明しようとするが……。

Ocu008



 

 
 
 タイトルで大体の内容が想像できます。
 結果、その予想は合っていたのだけれど、私的には予想以上の完成度。
 もともとオカルト系先品は、派手さが足りないというのが前提。
 派手さがないイコール退屈になってしまう可能性も高く、しかし派手さをプラスすることは作品全体の雰囲気を変えてしまうリスクにもつながる。 
 ということで、一般ウケするには難しいジャンルといえるのです。

Ocu007

 その点を考えれば、本作はオカルト臭を損なわない程度にショッキングな演出を散らして観客の興味を意識しています。
 
 また、過去と現在、そして鏡の魔力による幻覚という3つのワールドを交差させることにより、何が真実なのか判らない不安感を観客に提供しています。
 真実を知りたいがために、鑑賞を止められない。
 脚本的に、かなり完成度が高い内容だ感じました。

Ocu003

 次々に交差する場面展開は、私的には疾走感が感じられて監督の力量を評価。
 ただ他レビューには、複雑さや解かりづらさを指摘する声もあります。
 

 俳優さんも、かなり印象に残りました。
 特に姉ケイリーの役は、成人時代も幼少時代も共にインパクトがあります。
 
  
 

|

« 本日の映画 『バーニング・デッド』 | トップページ | 本日の映画 『ザ・デッド インディア』 »

ホラー映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『バーニング・デッド』 | トップページ | 本日の映画 『ザ・デッド インディア』 »