« 行った年、来た年 2015⇒2016 | トップページ | 本日の映画 『バーニング・デッド』 »

2016年1月24日 (日)

本日の映画 『リンク』

 『リンク』
 1986年 イギリス 監督:リチャード・フランクリン

 誰かこの猿を止めろ!

Li015



 DVDジャケットにこのようなキャッチコピーが書かれていれば、私のような人間はスルーするわけにはいかない。
 マニア心をくすぐるメーカーさんに、まずは軍配があがる。

Li018

 本年は、申年。
 新春一発目のレビューには、やはり猿に関連した作品が相応しい。
 猿が印象的な作品といえば、やはり『フェノミナ』。
 かの作品でのチンパンの役割は、重要であった。
 しかし『フェノミナ』のレビューは、既に掲載済み。
 対象外である。

 他に猿が関わる作品はないか?

 『猿の惑星』は有名だが、ホラーではない。
 次に思い浮かんだのは、「右折だ、クライド!」の台詞が忘れられない『ダーティ・ファイター』。
 クリント・イーストウッドとオランウータンの異色コンビという、今では仰天級の喧嘩作品だ。
 しかしこれも、ますますホラーから逸脱する。

Li001

 ようやく辿りついたのが本作、『リンク』である。
 本作は、幾つかの映画本によってその存在が伝えられていた。
 ジョジョの作者荒木飛呂彦氏も、著書『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』で本作を取り上げ、ヒロインであるエリザベス・シューの魅力に言及している。
 
 カルト的な人気が継続し、近年DVDも奇跡の発売。
 これによって、現代でも視聴は比較的容易になった。
 まさに2016年オープニングを飾るに相応しい作品といえよう。

Li002

 さて、物語について。
 エリザベス・シュー演じるは、ヒロイン・ジェーン。
 アメリカからロンドンに留学しているという設定。
 
 霊長類研究の権威フィリップ教授のアシスタントとして、アルバイトが決定。
 博士は人里離れた一軒家に住んでいた。

 チンパンジーのインプとブードゥー。
 そして、最もIQの高いオランウータンのリンク。
 研究のため、3匹の猿を飼育していた教授。
 その環境にすぐ溶け込むジェーンだったが、博士の猿たちへの接し方に疑問を持つことも。
 そして、博士は忽然と姿を消す。

Li011


 
 博士の車も消えていたことから、用事で出かけたのだろう。
 家の周囲には野犬がいて、車がなければ町へ戻る事はできない。
 仕方なく、ジェーンは博士の帰りを待つことに。

 何となく流れる不穏な空気。
 リンクの、ジェーンに対する態度がどことなくおかしい。
 そのような折、ジェーンは戸棚に隠されていたブードゥーの死体を発見。
 何かの事件が起きたことに気づく。
 博士を探しに、覚悟を決めて家を出るジェーンだったが……。

 …という感じ。
 正直、サスペンス感や恐怖感が優れているとは思えない。
 ジェリー・ゴールドスミスの音楽も独特な雰囲気で、なんとなく明るさを醸し出す。

Li009


 
 ヒロインであるエリザベス・シューのキュートさ。
 そして最大のウリである猿たちの演技が本作の2大柱であろう。
 DVDジャケットの表現を借りるならば、

 ヒッチコック「鳥」のアニマルトレーナーが魅せる圧巻のチンパンジーの演技”。 


 この言葉に、何ら偽りはない。
 できればメイキングが観たいと思うほど、その仕事の完成度は高い。

Li014

 インプを演じたチンパンジー。
 リンクを演じたオランウータン。
 果ては野犬のクレイジーさまで、かのトレーナーの功績が見受けられる。
 是非動物たちの喜怒哀楽に注目してもらいたい。

Li013

 映画本でも取り上げられていたが、ジェーンのシャワーシーンB級遺産認定級。
 猿の前だから気にしないで全裸になったものの、それを眺めるリンクの視線はエロサイトにはまる中年親父のよう。
 ジェーンとリンクの表情の対比が、絶妙な間で描写されるのだ。

 そして、何ともいえぬ複雑な気持ちになるラスト
 鑑賞後でも整理のつかない心情が、貴方の脳内にクラウドを作るはず。
 申年にこそ、鑑賞する価値のある作品かもしれない。

Li006

 *余談ながら、ヒロインを演じたエリザベス・シューは、ニコラス刑事(この変換、ウケ狙いcoldsweats01)主演の『リービング・ラスベガス』に出演。
 観賞時は映画初心者だったので、女優さんの名前すらチェックしていなかった。
 ラスベガス旅行前に楽しいイメージを作ろうとして鑑賞したのだけれど、内容はそれとは正反対。
 精神ダメージを受け、ツレと一緒に鑑賞しなくて良かったと心底思えた作品だった。
 『リンク』を先に観ていたら、キュートなシューとのギャップにもっとダメージを受けた可能性があったかもしれない。


 
 


 
 

 

|

« 行った年、来た年 2015⇒2016 | トップページ | 本日の映画 『バーニング・デッド』 »

ホラー映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 行った年、来た年 2015⇒2016 | トップページ | 本日の映画 『バーニング・デッド』 »