« 2015年10月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年11月

2015年11月22日 (日)

本日の映画 『マンホール』

 『マンホール』
 2013年 カナダ 監督:ジェシー・T・クック

 *本記事は、グロテスクな表現を含みます

Mh001

 本作のタイトルとジャケ写から判断し、下水道に殺人鬼が潜むスラッシャー系と勝手に判断していました。
 そういう油断した気構えで観賞すると、マニア以外の方はかなりダメージを受けるかもしれません。
 ある意味、骨太。
 とあるテーマを基本に置き、ブレのないコダワリを見せていると言えます。

Mh007



 

 ただし、そのテーマが問題。

 一言で言い表せば『汚』。
 汚さに人は顔をしかめ、背けます。
 しかし、『汚』とホラーは密接な関係にあり、『汚』のないホラーなぞ刺激不足の何者でもない。
 『汚』は、大切。
 『汚』は、必要。

 そういう図式が導かれる訳で、それなら徹底的な『汚』を追求しようというコンセプトも頷けなくはありません。
 しかし、哲学的に導かれる本質と、生理的に発生する感情は共存できるのかという新たな問題に直面します。
 その答えは観客の感性に委ねられる訳で、『観るな』『観ろ』という推薦なぞ到底できない存在になっているのです。

Mh006




 ただし、間違ってもカップルがデートでホラーを観ようということになり、その後の夕食も楽しみにしたりなんかして、意気揚々と本作目当てに劇場に入ることは全力をもって止めた方がよいと勧告します。
 おそらく、アメリカやカナダでは実際にそういうカップルが存在したに違いなく、彼らの行く末を心配せずにはいられない、万国カップル不安注意報を当局に要請します。

Mh005

 さて。
 本作の主人公は、ジャック。
 しがない下水処理員をしております。
 彼の住むタウンは、ナウ大変な状況になっております。
 水質汚染が発覚し、チフスやコレラなどの菌も発見。
 遂に住民に避難勧告が発令されてしまいました。

Mh009

 そこに現れた謎の男プロッサー。
 プロッサーは、ジャックにある依頼をします。 
 水質汚染の原因を突き止めてくれれば、20万ドルの報酬が手に入るよ。
 奥さんも間もなく出産が近いし、成功すればもっとマシな職業も保証されるぜ。

 

 不審に思うジャックでしたが、もうすぐ父親になる身。
 大金あれば、妻のシェリーにも良い思いをさせられる。
 意を決して妻
に相談するジャックでしたが、彼女は猛反対。
 思いやりがすれ違いし、シェリーは一人タウンを離れます。
 
 後戻りできないジャックは、単身調査に乗り出します。

 彼が目を点けたのは、旧インフラ施設。
 現場に到着してみると、不自然な箇所が……。
 そして登場する謎の男。
 ジャックには、世にも恐ろしい運命が待っていたのでした…。

Mh003

 まず、冒頭で○汁ブシャーなシーンが炸裂。
 下劣な人間は、このオープニングだけで月に向かってハウリング。

 やべぇぜ、この映画。

 逆に製作側からすれば、これ以上ない奇襲攻撃を仕掛けた訳です。
 下手をすれば、これだけでノックアウト。
 自ら観客を振るいにかけ、鑑賞続行か否かのクエスチョンを提言。
 選ばれし者だけが、最後まで耐久できる。
 本作は汚いよ。
 はたして君は鑑賞を続けられるほどの度胸と度量があるのかな?
 軟弱者は、ここで退散しておいた方が身の為だぜ。

 製作陣の強気な挑戦状。
 オーライ、ヌルい気持ちは捨て去ろう。
 相手は、強敵だ。
 それなりの覚悟を持ち、柔軟な姿勢で臨まなければならない。
 心は冷静に、拳は熱く。
 襟を正したマニアの方々が目に浮かびます。
 

Mh011

 以後、『汚』シーンはマンベンなく続きます。
 個人差もありますが、私的には耐久できるギリギリ程度の演出と思われ、この辺はきっちり計算されているような感じも受けます。
 ゴア・シーンもあるのですが、これは意外と少なめ。
 それよりも『汚』シーンが圧倒的に多く、ホラー史上もっとも悲惨とも思える主人公をドンゾコまで突き落とします。

Mh002

 終わってみれば、シチュエーションや登場人物も少なく、予算が潤沢とはいえない作品だと思われますが、鑑賞中にはそれを感じさせない品質です。
 類似作品もあまり思い当たるものはなく、展開も予想外だったことから、製作陣の技は賞賛しておきましょう。
 私的にはごくわずかに『悪ドク(悪魔の毒々モンスター』の色が混ざっている気もします。
 なお、監督は伝説の怪物たちがただプロレスをする異色作『モンスター・トーナメント』も手掛けています。

 生理的な部分を常に刺激してくるということで、全く本作を受け付けない方も多いと思われます。
 ある程度感性が成熟していないとトラウマになりかねない、そんなリスクも抱えて鑑賞に挑みましょう。
 レッツ、臭臓チャレンジ!!

Mh010

| | コメント (0)

2015年11月15日 (日)

本日の映画 『RAHTREE REVENGE』

 『RAHTREE REVENGE』
 2009年 タイ 監督:YUTHLERT SIPPAPAK

 *本記事は、グロテスクな表現を含みます

609003

 タイ国のホラー作品は、結構豊富に製作されているようです。
 最近は日本で発売されるDVDの勢いが減っているようで、何とも残念無念、ぼく珍念!!
 タイ語は全く解からないのですが、英語字幕が入ったものもあるため、日本未発売の作品でも根性で鑑賞。
 たまにタイ・ホラーが恋しくなる自分は、既に中毒になっているかもしれません。
 まだタイ・ホラーを体験していない貴方、タイの幽霊たちにサワディ・カー。

609004

 さて。
 タイ・ホラーにおいて、かなりメジャーなネタが存在します。
 本作も同様に、609号室の幽霊がメイン題材。
 元ネタが何かは知りませんが、相当に有名な話らしく、様々な作品で見ることができます。
 
 本作では、主人公は優男系ラン(Rung)君。
 大学生っぽいのですが、親元を離れて一人暮らしをしています。
 ある日、アパートの廊下ですれ違った女性は、彼の幼少の頃のカテキョー(家庭教師)・ブッパ姉さんでした。
 実はラン君、子供ながらにブッパ姉に恋心を抱いていて、まあこれが彼の初恋だった訳です。

609001

 成長したブッパ姉はさらに美しさに磨きがかかっていましたが、どこか憂いがある。
 元教え子のラン君との再会も、ただただ驚いた様子で、違和感丸出し。
 それでも、ラン君は初恋の人が同じアパートに住んでいたことで気分は上々。
 何かと理由をつけて、ブッパ姉の部屋を訪れたりします。

609012

 とある日。
 ブッパ姉の部屋の扉が開いていて、ラン君が声を変えても返事がない。
 思い切って入ってみると、そこには怖ろしい姿の少女が……。
 実はこのアパート、出るんです。
 複数の霊魂が宿る、化物アパートだったのです。
 そして、ブッパ姉もまた、既に他界した存在なのでした。

609006



 

 まあ、このようなストーリーを、多少コメディ仕立てにした作品と言っておきましょうか。
 早々に警察の方々もアパートの霊の存在を知るのですが、警官たちのビビり演技がコメディ・パートのメインとなっています。
 他に僧侶や祈祷師も登場し、はてはインドネシアのお化けPokongまで登場。

609007




 アパートの一室で行われているカジノのゲストがユエン・ウーピン(ジャッキー・チェン主演『蛇拳』『酔拳』を初め、数々のカンフー映画を監督・製作した人)と名乗り、まさか本物かと疑いましたが、別人でした。
 このユエン、チビッ子キョンシーを呼び出し、これが少女霊と対決。
 カミソリでメッタ斬りにされるという、遊び心たっぷりな演出も入っています。

609008




 コメディといっても、メインとなる女霊の造形は良。
 白目に顎が引き裂かれたデザインは、死亡時のエグさを想起させます。
 これがカミソリ持ってアパート中を走りまわり、ちび●子のようなガニマタで目前に立とうものなら、私は間違いなくチビりますよ、マチルダさん!!

609014


609011

  
 

 

| | コメント (0)

2015年11月14日 (土)

本日の映画 『エクスペンダブルズ・コップ』

 『エクスペンダブルズ・コップ』
 2007年 アメリカ 監督:アート・カマチョ

Ec2

 ありえねー組み合わせでアクション映画ファンの度肝を抜いた『エクスペンダブルズ』シリーズ。
 その恩恵に少しでもあやかろうと、ひっそりリリースされた本作。
 当然ながら、何の関係もございません。

 本作のキャストは、おそらく一般ピーポーの方には誰?的疑問が間違いなく湧きおこるであろうアクター達です。
 私的にはドン・ザ・ドラゴン・ウィルソンとオリバー・グラナーの共演に興味を禁じえなかったのですが、これはマーシャル・アーツ作品を80年代より見守ってきた伯爵だからこそなせる感覚。
 日本においては、かなりマニアックな部類に入るでしょう。

Ec1




 私的にはどちらのファンにも属さないのですが、マーシャルアーツ映画マニアの性といいますか、とりあえず鑑賞せずにはいられない状態になっちまう訳です。
 ドン・ザ・ドラゴン・ウィルソンは、その名の迫力から期待度MAXなんですが、どうにも格闘アクションにスピードとキレが足りないようで、動き重視の私は何度も期待を裏切られたものでした。
 それでも、何故か観なくてはならない衝動に駆られてしまう、不思議なアクターです。

Ec6

 オリバー・グラナーは、私的ランキングではチョイ格上。
 ルックスと、とりあえずソコソコのキレはありますので、作品によっては化けるかも…という感覚です。
 しかし、未だにこれは!!という作品には出逢えておらず、モヤモヤ感はドラゴンに近いでしょうか。

Ec4
当たるのか!?こんな撃ち方で……

 さて、本作。
 他にB級アクションでは御馴染らしいフレッド・ウィリアムソンとゲイリー・ビジーも名を連ねます。
 これにどれだけ吸引力があるか知りませんが、私のようなマニアには価値のあることなんでしょう、たぶん。

Ec7

Ec8

 ストーリーは、犯罪組織壊滅のための証人が消され、その現場を目撃した売春婦エンジェルを二人の刑事が警護するという単純なもの。
 エンジェルはシングル・マザーで、なんとドンとのロマンスなんかもあります。
 ドンにラブ・シーンなど誰も期待していないと思われますが、肝心のアクションよりこちらの方が印象に残ってしまうのは、時代の経過が原因か、はたまた監督の力量不足か。
 往年のマーシャル・アーツ・アクターを2人も起用しながら、格闘シーンに何らロマンを感じないのは残念で仕方ありません。
 
 そうなってくると、本作の見所は二つ。
 オリバー・グラナーの2丁拳銃の射撃スタイル。
 および、証人売春婦エンジェルの、ポロリ注意報が止まない胸元。
 ドント・ミス・イット!!

Ec5



 

| | コメント (2)

2015年11月 8日 (日)

本日の映画 『ジョーズ・リターン』

 『ジョーズ・リターン』
 2012年 アメリカ 監督:ジョン・シェップハード

Jr008

 ここ最近、身体のリズムに狂いが生じたようで、午後2~3時と帰宅後ご飯を食べた後は猛烈な睡魔に襲われています。
 会社では様々なテクを駆使して、同僚に悟られない居眠りを実践。
 自分でいうのも何ですが、考えるフリしてチョイ寝&人が話しかけると則、覚醒の技術は世界レベルに達しています。
 まあ、バレている可能性も高いのだけれど、貢献度の高い伯爵は御咎めなし。
 仕事デキなければ、左遷候補筆頭間違いなしだな。

 せっかく早く帰宅しても、1本の映画を観るどころか、ネットを見ているだけでスリープ・アタック到来。
 モニター前で頭ガックンを繰り返し、首がヤベェ状態に。
 現在、首の筋力鍛えているんスよ、マジで。

 さて、本作。
 邦題にジョーズの冠があるけれど、これがあのスピルバーグ監督の超有名作品に関連していると思う人は少ないでしょう。
 ただレンタルDVDのサイト・レビューを参考にすると、実際にはそういうB級免疫を持たない方もいるようで、総じて本作をつまらないの一言で両断したりする訳です。
 伯爵としては、この手の作品は初めから期待などせず、何かプラスの要素を見いだせればそれで良いという観点に立っています。
 過剰な期待を余所に、製作陣の仕掛けたポイントをいかに理解するか。
 時には必要以上に美化してしまうこともあり、製作側の意図を超えた解釈で感動したりもします。
 自分でいうのも何ですが、伯爵みたいな観客が多ければ低級映画はもっと発展するでしょうね。

Jr005

 前置きばかりが長くなりまして、ようやく物語へと話を移します。
 冒頭で表示される『SyFyプレゼンツ 』で、作品の方向性が判ります。
 まともでない演出。
 何となく癖になるユルさ。
 大胆かつチープなCG。
 そう、この時点で本作は鮫の恐怖を描こうというホラーではなく、ユルい笑いを狙ったホラー&プチコメディだと主張したのです。
 マジでジョーズ目当ての観客様、ここで気付くべきだよ。
 チーン。

Jr009

 いきなりインパクト大な姉ちゃん登場。
 主人公・ミスターTC(複雑という意味らしい)の部屋に現れ、何やらエキサイト状態。
 TCの隣には半裸のギャルが寝息を立てている……。
 慌てるTC。
 インパクト姉ちゃんと恋人だったが、最近別れたという設定だ。
 お互い未練はあるらしいが、インパクト姉ちゃんの怒りは燃え上がる。
 以後、TCと姉ちゃんの、どうでも良い恋の行方が本作の一テーマになるのだった。

 

 TCらの住むタウンは、ニュージャージー州のどこか。
 あまり大きな町ではないらしく、『ドーラン・ビーチクラブ&スパ』の建設を皮切りに、高級リゾート地として売り出そうという権力者がいる。
 御約束の、工事は予定より大幅遅延。
 権力者の苛々は最大限に達し、スピードアップを指示。
 海底に支柱の杭打ち(sign03データ偽造が気になりますな)を実施し、その振動が海底に潜んでいたアルビノ鮫群を誘う結果となった。

Jr001




 町は、独立記念日の祝祭ムード。
 美女の白いTシャツに、水鉄砲をかけてスカすイベントで大盛り上がり。
 しかし、彼らは知らなかった。
 凶悪なアルビノ人喰い鮫の大群がすぐ近くまで来ていることを。
 貴方は、ジャージー鮫襲撃事件の真相を目の当たりにする。

Jr007

 初めに断っておきますが、確かに一般人が視聴しても面白い作品とは言えない気がします。
 まず、主人公・ミスターTCのルックスが微妙。
 私的感覚で表現するならば、出川さんとジャン・クロード・バンダムが交差点でゴッツンコ。
 うわゎ、俺がアイツで、アイツが俺で的ビジュアルです。
 何故かイタリア系で、当然仲間もイタリー。
 更にボディービル系というレア設定。
 彼らが、金持ちボンボンのアメリカ人と小競り合いをしていきます。
 もしかしたら、ニュージャージーはイタリア移民が多いのでしょうか?

Jr003




 ヒロインにも、驚きを隠せません。
 日本のガン黒ギャルを連想させるようなメイク。
 ほとんど水着でセクシーさを強調しますが、私自身は『萌えてな~い』。
 (ここんとこ、某カミソリのCM風に御願いします)
 何故、こんな人がヒロインなんだろう。
 大抵の方は、そう感じるはずです。
 そして、大抵の方はその疑問を放置してしまうのです。
 一歩、考え方を変えてみましょう。
 ひょっとしたら、彼女は何か特別な存在ではないか。
 

 例えば、監督の娘ではないか?
 プロデューサーの愛人ではないか?

 疑問を持ったら、即インべスティゲートsign03
 彼女の名前は、メリッサ・モリナロ。
 実は本作のエンドロールに流れる『TOUCH ME』のシンガーでした。
 非常に声が良く、CD購入を検討したりなんかして。
 MVも視てみましたが、紛れもなく彼女でした。
 やはりSyFy、小技を効かせてきます。

Jr010




 アメリカンなら理解できる小技は、他にも見ることができます。
 独立記念日のビッグ・イベントであるジョーイ・ファトーンのライブ。
 元インシンクのメンバーとのことですが、伯爵には全く知識がありませんでした。
 調べてみると、これは実在のグループで、ジョーイ自身も本人です。
 ビッグ・ゲストながら鼻糞のような扱いは、『モンスター』に見られたアリス・クーパーと全く同様。
 思うに、SyFyパターンというのが構築されているようです。
 ・あまりメジャーでないロケ地
 ・ヌルい演出
 ・あからさまなCG
 ・ありえねー演出(本作では、サメの突進で観覧車が転倒)
 ・それなりに名が知れたゲストの悪ノリ
 寅さんのような王道パターンを刻み、低級ホラーの新勢力として台頭していることは間違いありません。

 本作は、テレビ用ムービーなので、グロい演出は少なめとなっています。
 鮫退治の方法もヒネリがありませんし、CGが激甘のために鮫本来の怖さも描き切れておりません。
 しかるに、全編を通して嫌悪感を抱かない品質は、やはりそれなりの計算が組み込まれているからでしょう。
 ご当地だからウケるネタ・素材であるがために、日本でのヒットは期待できないと言っておきましょう。
  
 最後に、低級映画遺産に残したい名セリフをひとつ。

 『俺だって、アソコの毛がよだつようなサメの話を知っている……』

 

 

 

| | コメント (0)

2015年11月 1日 (日)

本日の映画 『インド・オブ・ザ・デッド』

 『インド・オブ・ザ・デッド』
 2013年 インド 監督:ラージ・ニディモールー&クリシュナ・D・K

 *本記事は、グロテスクな表現を含みます

Iod010

 ゾンビ・カルチャーは、遂にボリウッドまで浸透!!
 まさに世界中に勢力を拡大しています。
 インド映画といえば、忘れてならないのがダンス。
 そして、一般的には尺が長いのも特徴。
 2時間を超える作品も、多々あるのです。
 本作の見どころの一つは、ゾンビ作品がどの程度までインディ化されているか。

Iod001



 

 もうひとつの見どころは、やはりヒロイン。
 インドの女優さんって、美人度がハンパないのです。
 インドはカレーだけなんて思っていると、B級ホラー・マニア失格だぜ、ベイビィ。

Iod006

 さて、ストーリーに触れていきましょう。

 

 男3人、仲良し組。
 なんとなくグダグダに生活し、今の状況に『俺、こんなんで良いのかな~』的雰囲気を漂わせている。
 そのうちの一人ラヴは、恋人ができて結婚を決意。
 酒も煙草もヤクもやめて、真っ当に生きるぜ!!
 一念発起もするも、相手のガールにその気がなく、あっさり破談に。
 傷を癒すため、『そうだ、ゴアに行こう!!』的展開になった。

Iod009

 行ってみるものだよ、ゴア。
 ホテルのプールサイドで、ラヴはとびっきりな美女ルナと遭遇。
 ルナの誘いで、ロシアン・マフィアsign02主催のパーティーにも参加することに。
 パーティー会場は、船しか渡れない孤島。
 ダンスと酒とドラッグに浸かる若者たち。
 そして、新種のドラッグが振舞われた。

Iod003

 一夜が明けて、島は異様な雰囲気に包まれていた。
 ドラッグの影響で、摂取した若者はゾンビ化していたのだ。
 ラヴら三人は、孤島からの脱出を試みるが……。

 

Iod011

 いわゆるアメリカン・ゾンビ作品の影響を多分に受け入れています。
 ちょっと堕落した若者が主人公で、コメディも豊富に含みます。
 私的には声を上げてワッハハ・レベルではなく、冷静に分析できる程度。
 笑いに免疫がない人には楽しめるでしょう。

Iod008

 インド映画の特徴であるダンスシーンもなく、そのかわりに印象深い歌詞のソングが流れます。
 『ババジキ …… ババの魔法のクサ』って何でしょう!?
 私の理解レベルでは、ドラッグを崇め奉るようなソングに思えてしまいます。
 ドラッグ礼賛。
 やべぇぜ、インド。
 B級ホラーにおけるヤング・アメリカンの退廃度をギャラクシーとするならば、インドはメテオです。
 ババジキの歌を、子供たちが口ずさむのでしょうか?
 ああ、インドって、なんと怖ろしいとこでしょう。
 カレーとか、食ってる場合じゃねぇぜ、黄レンジャー!!

Iod005

 さて、ゾンビメイクについて。
 まあ、可もなく不可もなく。
 想定よりは、少し上。
 ただし、グロさはあまり感じられず、インドにしては及第点という程度。
 シーン的に魅力を感じるまでは、到達せず。

 ヒロインは、文句なし。
 アメリカ影響か、なんとかインドの規制内レベルで色気を出そうという気概は感じられたりします。
 いきなりの水着ショットは斬新で、フィービー・ケイツin『パラダイス』と同等程度のインパクトは感じられます。
 さらに中盤ではスポーツ・ブラにビーチクの影を躍らせて、インド人の若者が映画館でダイヤの原石を発見したような顔でニヤつく光景を想起させます。
 まあ、これが現在のインド映画では精一杯のエロなんでしょう。

Iod004



 
 インドに吹くアメリカの風。
 貴方は、B級ホラーの世界的伝播を目撃する……

 

| | コメント (2)

« 2015年10月 | トップページ | 2016年1月 »