« 本日の映画 『ロボクロコ』 | トップページ | 本日の映画 『武器人間』 »

2015年8月16日 (日)

本日の映画 『種鬼 / SEEDING OF A GHOST』

『種鬼 / SEEDING OF A GHOST』
1983年 香港 監督:楊權(ヨン・キュン)

*本記事は、グロテスクな表現を含みます。
また、ストーリー的にほぼネタバレしています。

鑑賞予定の方、ご注意くださいませ。

 本作は、1983年香港、ショウ・ブラザーズの製作によるホラー映画です。
 ショウ・ブラザーズといえば、カンフー映画のイメージがありますが、ホラーも製作していたようですね。
 華の80年代ホラーだけあって、当時の名残を感じさせる演出がバンバン。
 かなりのカルト作品になっています。

Sog010

 正直いえば、香港ホラーは『人肉…』シリーズのイメージが強すぎ、ドグロ腹蔵なイメージ。
 ジメジメ度が高く、私の求めるアメリカン・ホラーとは確実に一線を画す存在で、当時から敬遠しておりました。
 今回、鑑賞に踏み切ったのは、偶然動画サイトでハイライト・シーンを目にしたからです。
 まさかのクリーチャー出現!?に、マニア魂は揺さぶられたのでした。

 なお、本作は現状、入手困難な作品。
 鑑賞できない方も多いと思われますので、レビューも詳細(ネタバレ)なものとしております。

Sog003_2

 タクスィ・ドライバーのチョウ。
 ある日、彼が運転する車の前に男が飛び出し、衝突。
 すぐに車を降りて確認するチョウだったが、男の姿は消えていた。
 運転席に戻ると、後部座席にピンピンした男が座っている。
 男は黒魔術師で、人骨を墓から盗んだところを村人たちに見つかり、追われている最中だったのだ。
 結果として、男を助けることになったチョウ。
 そのまま男を自宅まで届け、帰途についた。

 

 チョウには、結婚3か月になる新妻アイリーンがいた。
 アイリーンはカジノの雇われディーラーcoldsweats01
 そのカジノの常連であるファン・ミンの目にとまり、ファンは猛烈アタックを開始する。
 甘いマスクのファンは、夫チョウ(野村さん演じる飛猿のごとし)とは全く別のタイプ。
 次第に心惹かれるようになり、遂に恋の炎が点火された。

 ファンは、妻帯者だった。
 アイリーンはそれを承知していたが、メラメラと燃えた恋の炎は既にヘル・ファイアーと化していた。
 ファンに離婚を迫り、痴話喧嘩を開始。
 ファンの煮え切らない態度にアイリーンは激怒し、デート先でファンの車を降りてしまう。
 夫に迎えの電話をするアイリーンだったが、運悪くギラついた兄ちゃん二人組と遭遇。
 アイリーンは暴行され、建物の屋上から転落死となった。

Sog002

 妻の連絡で指示された場所に到着したチョウ。
 当然ながら、妻の姿はない。
 そこへ、本部からの連絡。
 妻は、○○マンションにいるという。
 そこへ向かったチョウは、妻の遺体と対面することとなる。

 妻の死を警察に届け出たチョウだったが、警察は彼が犯人ではないかと疑う。
 タクシー本部は、妻の居場所が変わり、○○マンションという連絡はしていなかったからだ。
 実は、これは超常現象で、死んだ妻がチョウに送ったメッセージだった。
 
 事件の捜査から、妻の愛人ファンの存在が発覚。 
 また、チョウがマンション付近ですれ違った車の持ち主も発見され、事件の全容が見えてきた。
 妻を殺害した二人組は、先手を打ってチョウも殺害しようとするが返り討ちにあう。
 その勢いで、今度はチョウがファンを襲撃するも、今度は彼が返り討ちにあった。

 足を負傷し、自分の力ではどうにもならないことを悟ったチョウ。
 以前に助けた黒魔術師の元を訪ねる。

Sog007
 

 黒魔術による復讐は危険だ。
 いずれ己の身に降りかかることになる。

 黒魔術師は忠告するものの、人骨を盗んだことをネタに、チョウは黒魔術師を脅迫。
 仕方なく協力することになった魔術師は、亡くなったアイリーンの遺体を掘り起こし、魔術を施す。
 すると死体は蘇り、怨念パワーを駆使して、まずは二人組に復讐開始。

Sog005

 続いてターゲットは、ファンへ。
 彼の妻に憑依し、妻は体調悪化。
 これがアイリーンの復讐だと気付いたファンは、導師に依頼して祓いの儀式を実行。
 これが導師VS黒魔術師の念力対戦と化し、辛うじて導師の勝利となった。

Sog011

 黒魔術師を失い、全ての支えを失ったチョウ。
 しかし、妻を失った怒りと悲しみは、消えることがない。
 チョウは自らの血液を妻の遺体に輸血し、禁断の法を実行。
 それは自らの命を賭した、最後の執念。
 これがファン夫妻の元に、最大の恐怖をもたらすことになる。

Sog016

 

 コンセプトは、魔術による復讐モノ。
 魔術のツールに死んだ妻の身体を利用するのだけれど、土葬されたものだから状態は腐乱ちゃんになっている。
 これが魔術によって息を吹き返すのだけれど、あまり動けないところがミソ。
 明らかにグロいのだけれど、魔術師は旦那(チョウ)にキスしろとか無茶ぶりして、旦那もそのリクエストに従うシーンがメテオ級のインパクトでした。

Sog018

 他にも汚濁系演出は、しっかり。
 怨念パワーは、何故か水を溢れださせる芸当を披露。
 コップの飲み水が溢れ、ボトルの酒が溢れる。
 それは水道に移行し、果てはトイレにまで影響を及ぼす。
 便器の汚水が次第に勢いを増して溢れ、家の配電盤が爆発。
 犯人の兄ちゃんは、凄まじくも子供じみた復讐を受けてしまうのです。

 もう一人の兄ちゃんは、焼きそば食っている最中、母親に文句を言われている。


 このごく潰し息子、早く働きなさいよ。


 そして、怨念発動!!
 食べていた
焼きそばが、ミミズに変わっちゃっている~!!


 
ウゲェッ~てなパターン。
 他に、ココナッツが脳みそに替わるパターンもあり、さすが人肉シリーズの香港、ハンパねぇ~なレベルです。

Sog008

 こういう展開だから、次は何が起こるのか?という好奇心が勝り、ストーリーはどうでも良くなってきます。
 復讐を依頼したリュウも呆気に取られ、ただただ魔術師の手伝いに従事するのみ。
 極めつけは、犯人の一人の末路。
 怨念によって背骨が露出し、命からがら到着したところは魔術師の家。
 彼はアイリーンの死体に覆い被さって息絶えるが、その魂は肉体を抜け出し、空中浮遊したアイリーンの死体とスピリチャル・SEXを開始。
 その結果、アイリーンの腹は膨らみ、デモン・チャイルドを妊娠。
 デモン・チャイルドは、ファンの妻の身体に乗り移ってしまう。

Sog009

 異常を訴えたファンの妻は、腹が爆発して死亡。
 ぶちまけた肉塊の一部がクリーチャー化し、ファンやその親族らを襲撃するという展開。
 ちなみにクリーチャーは、デッドリー・スポーンのようで、口の中から『バスケット・ケース』のべリアル似の顔が収まっています。

Sog015

 80年代という時代を考えれば、グロさもかなりのレベル。
 おまけに、エロ演出も多い印象をうけます。
 アイリーン役のマリア・ジョーは、ミス・コリアの称号を持つ女優。
 惜しげもなくヌードを曝し、濡れ場も披露。
 トップレスで浜辺を走り、上下に揺れるバストは丁寧にもスローモーションでたっぷり拝観。

 きちんと調べた訳ではありませんが、本作は日本でもビデオ発売されていた様子。
 香港映画は、ストーリーや展開が読めない作品が多いけれど、本作は紛れもないカルトに認定。
 決して家族とは、観ないでください。
 

Sog019

 

 

|

« 本日の映画 『ロボクロコ』 | トップページ | 本日の映画 『武器人間』 »

ホラー映画 レア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『ロボクロコ』 | トップページ | 本日の映画 『武器人間』 »