« 本日の映画 『ドラゴン・ガール』 | トップページ | 本日の映画 『アクア・クリーチャーズ』 »

2015年7月21日 (火)

本日の映画 『呪(のろい)』

 『呪(のろい)』
 2013年 カナダ 監督:スティーヴン・R・モンロー

Nri004

 ついに気温が30度を超えてきました。
 自然をこよなく愛する私は、クーラーなぞに頼らない。
 決して貧乏な訳ではなく、ケチな訳でもありません。
 主義でやっているのですよ、主義でcoldsweats02

 だから、夏場のDVD鑑賞は、かなり風の具合に左右されます。
 風が窓から吹き込まなければ、さあ大変。
 顔から汗が吹き出し、20分毎に顔をウオッシュせねばなりませぬ。
 家の者や近所に配慮して(ホラーは悲鳴が多いので)、音声はヘッドフォンを着用。
 耳に汗がたまるわ~、汗が!!!

 ……というわけで、夏場は風が吹いた時だけレビューが公開されます。
 悪しからず。

Nri002

 女子大生マイコの元に、実の母からの手紙と遺品が届いた。
 マイコは4歳にして養子となり、カナダへと移住していたのだ。
 実母は自殺したらしく、遺体も発見されていない。
 マイコは短期交換留学で日本を訪れ、仲間たちと母の供養をすることにした。
 その様子は、ドキュメンタリーとして製作する予定だった。

Nri006

 母が命を絶ったのは、青木ケ原の樹海。
 自殺の名所と言われる地で、マイコらの撮影は開始された。
 途中で出会った日本人ジンに案内を頼み、マイコらは母の自殺現場を探す。
 しかし、知人らの仕掛けたイタズラが、死者を冒涜。
 樹海は、その空気を一変させる。

Nri005



 
 メンバーに迫りくる不可解な現象。
 死者への冒涜が、許されぬ怒りを買ったのだ。
 そして、マイコは実母の死の真相を知る……。

Nri001

 Jホラーにインスパイアされた外国人が作りました的作品。
 ディテールはかなり問題あるものの、私的には予想以上にマトモな作りだったので驚きました。
 とはいっても、一般的にはあまり評価されていないようで、ちょっと残念。

Nri012

 ヒロイン・マイコを演じるケイトリン・リーヴさんは、外見的に整った顔立ちで、しっかり日系の趣も兼ね備えております。
 まあ、配役としては成功ですね。
 難点は、日本語が堪能ではないところ。
 クライマックスで「お母さん!!」と日本語で話すのですが、「オカチャン!!」と聞こえてしまいます。
 私の元同僚に岡村さんという方がいて、「オカチャン」と呼ばれておりました。
 ええ、もちろん余談ですけど……。

Nri010

 他にも、日本の描写で変なところは数多くあります。
 たとえば、日本の警官。
 日本語がカタコト過ぎて、違和感ありあり。
 ヒロインを逮捕する手段にスタンガン利用してますし、遺体と一緒に拘留するという暴挙に出てしまいました。
 パトカーも、明らかに変。
 そのくせ、樹海に掲げられた「全員死ぬ」などの呪いの文は、綺麗な日本語で書かれています。
 この違和感探しが、本作を楽しむための一つの方法かもしれません。

 本作は、どうやら劇場用映画でなく、テレビ用映画のようです。
 そのためか、多少のブラッディさはあるものの、ゴア度はかなり低めです。
 ただ、クライマックスは、私的には十分な価値あり。
 Jホラーを徹底的にアメリカ(カナダ)ナイズドした描写は、マニアに訴えかけるものがあるでしょう。

 正直、オチにはちょっとガッカリ。
 けれど、どんでん返し的ストーリー構成もあり、外国人にはウケそうな気がします。

Nri014

 舞台は富士の樹海。
 ただし、ロケは日本ではないと思われます。
 また、ヒロインたちが短期留学している大学が「山梨国際大学」。
 供養を「施餓鬼」というなど、もっともらしい描写も興味深いところ。
 樹海を走り抜ける着物姿の女。
 結構、様になっています。
 そして今の季節は、サマー。

 
 

 

|

« 本日の映画 『ドラゴン・ガール』 | トップページ | 本日の映画 『アクア・クリーチャーズ』 »

ホラー映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『ドラゴン・ガール』 | トップページ | 本日の映画 『アクア・クリーチャーズ』 »