« 本日の映画 『ホラー・シネマ・パラダイス』 | トップページ | 本日の映画 『殺人魚獣ヘビッシュ』 »

2015年6月21日 (日)

本日の映画 『レギオン』

 『レギオン』
 2010年 アメリカ 監督:スコット・スチュワート

Regi008




 最近、仕事の関係で大学生向けのプチ講師を担当。
 学生さんの興味を引く為に、とある映画を話題に出しました。
 関ジャニの錦戸さん、堀北真希さんが出演した作品なので、比較的メジャーだと思っていたのですが、反応は激薄。予想外の展開に心は乱れ、その後の展開もグダグに。
 やっぱり人前で話すには、それなりに訓練が必要です。
 その時、私は決めました。
 いつか、B級ホラーを題材に、講義をしよう!!
 …って、無理かな。
 あの時、あの場所で私の話を聞いた諸君、貴方達は最初で最後かもしれない怪奇伯爵の講義を聞いたのだよ。
 人生とは、不思議なものじゃないか!

Regi001

 さて、本作。
 深夜の街に突如した謎の男。
 傷を負った彼は、大量の武器を集め、パトカーを奪って逃走。

Regi004



 
 舞台は変わり、砂漠の一軒家的ガソリンスタンド兼ダイナー。
 チャーリーは、出産を控えたウェイトレス。
 自分の子供ではないにもかかわらず、必死にチャーリーを支えようとする男ジープ。
 客として訪れた老婆が凶暴に変異し、店内は大パニック。
 テレビもラジオも作動せず、ダイナーは孤立状態になった。
 そこへ謎の男が現れ、敵の襲来を告げる。
 ジープらは半信半疑で男に協力するが……。

Regi002

 アクション性の高い作品で、恐怖演出に比重は置いてません。
 どちらかといえば、SFでしょう。
 主演ポール・ベタニーと監督スコット・スチュワートのコンビは、『プリースト』という作品でも見られます。

Regi007



 
 神の存在をテーマにしていますが、アイデア的には壮大です。
 おそらく、製作側のイメージを制限なく実現したら、途方もない予算になってしまうでしょう。
 それを回避するためか、舞台は砂漠の一軒家に。
 このギャップ、私的にはあまりに大きすぎるという感想です。
 とはいっても、画的な安っぽさは殆ど感じません。

Regi006



 

 消化不良な部分は、結構あります。
人間にとって敵となるレギオンの描写。
 その動機などは、安直といえるでしょう。
 ミカエルと最大の敵との闘いも、設定が微妙に思えてしまいます。
 敵が敵だけに、描写に制限ができてしまったのもマイナスです。
 もっとグロいデザインであれば、エンターテイメント性は増すのですが……。

Regi012



 

 もちろん、見所もあります。

 邪悪な婆さんが不愉快な言葉を吐いて、ゴキブリのように天井を這うシーン。
 アイスクリーム屋のワゴンから出てきた兄ちゃんのスパイダー・ランニング。
 デニス・クエイドの親父臭バッチリな演技など。

 ダイナーに居合わせた娘オードリーの容姿もお忘れなく。

Regi011
オードリー演じるは、ウィラ・ホランドhappy02

 
 

|

« 本日の映画 『ホラー・シネマ・パラダイス』 | トップページ | 本日の映画 『殺人魚獣ヘビッシュ』 »

ホラー映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『ホラー・シネマ・パラダイス』 | トップページ | 本日の映画 『殺人魚獣ヘビッシュ』 »