« 台北 2015年1月番外篇 『ホラー映画』 | トップページ | 本日の映画 『エクソシスト・キルズ』 »

2015年3月16日 (月)

本日の映画 『パラサイト・クリーチャーズ』

『パラサイト・クリーチャーズ』
2013年 オーストリア 監督:マーヴィン・クレン

Pc3

アルプス山脈奥の気候研究所。
ヤネクは、そこで5年もの月日を過ごした古株だ。
ある日、他のメンバーと共に観測に出かけると、異様な光景を目にする。
紅く染まった氷河。
これは、何を意味するのか。
標本を採取し分析してみると、謎の有機体であることが判明。
新たな発見と沸き立つメンバー達だったが、ヤネクはその脅威を考えていた。
そこへ大臣が視察にやってくるという連絡が入り、ヤネクは反対するのだが、一行にはかつての恋人タニアも加わっていることを知り……。

Pc2

Pc6

タイトルどおり、クリーチャーものです。
そして、あの超有名作『遊星からの物体X』的雰囲気がプンプンと流れています。
もっとも、やはりあの作品は名作だったと気付かせてくれるレベルと申しておきましょう。
いや、予算と技術があれば、もっとハジけた作品になりそうですが……。

Pc4

オーストリア産ということで、少し割り引いて鑑賞しましょう。
台詞がドイツ語だったため、私はドイツ映画だと思ってゴア度を期待していたのですが、それは間違いです。
しかし、気色悪~いシーンもきちんと用意されており、オーストリアがんばっている感が窺えます。

登場人物の描き方も比較的丁寧。
全体的なバランスも悪くありません。
女大臣のキレ具合は爆笑レベルにハジけ、真面目なのか、狙っているのか判らないモヤモヤ感が魅力の一つとも言えるでしょう。
中年女性がドリル両手に変形山羊に突進するシーンは、なかなか他作ではみられない演出です。

クリーチャーは、もっとジックリ見せてほしいところ。
予算ないので誤魔化しているのでしょうが、造形は悪くないですよ。

Pc10


Pc9

ビックリなのは、ラストでしょうか。
次回に繋がるネタを残した訳ですが、続編作ったらどうなるでしょう。
気になって、夜も眠れません。
人によってはアホらしく思えるような展開に、貴方は何を見出すか。
何ともいえない微妙感が、全体を包み込んでいます。

Pc11

|

« 台北 2015年1月番外篇 『ホラー映画』 | トップページ | 本日の映画 『エクソシスト・キルズ』 »

ホラー映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

続けてコメントすみませんww これは、めっさ自分好みな気がします (笑)

投稿: カツテキ | 2015年3月17日 (火) 00時04分

カツテキさん、こんにちは!!

コメント公開が遅くなり、すみませんcoldsweats02
オーストリア産ホラーは、かなり珍しい作品。
自分は予想以上に楽しめましたよ。
もうちょっとグロいシーンが多い方が盛り上がると思うのですがhappy01

投稿: 怪奇伯爵 | 2015年3月22日 (日) 17時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台北 2015年1月番外篇 『ホラー映画』 | トップページ | 本日の映画 『エクソシスト・キルズ』 »