« 台北 2015年1月⑩ 『パレ・デ・シン 君品酒店』 | トップページ | 台北 2015年1月番外篇 『ホラー映画』 »

2015年3月 9日 (月)

台北 2015年1月⑪ 『吉祥草』

『吉祥草』

086

伯爵の旅も最終日。
ホテルで朝食を終え、午前10時頃にチェックアウト。
復路のフライト・エバー航空190便は、台北松山空港を16:00発。
その2時間前、14:00には空港に到着しなければならない。

とりあえず、ホテルからタクシーで空港に向かう。
土産がたっぷり詰まったスーツケースをMRTで運ぶには、少々骨が折れる。
帰りはタクシーを利用せざるを得ないのだ。
ホテルから空港まで15分程度なので、時間も短く、距離も安い。
フライトまでの時間を有効活用するためにも、変な意地は捨てておこう。

空港にて荷物をコインロッカーに預ける。
身軽になって、最後の散策に行ってみよう。

まずは、空港から15分程度の距離を歩き、『微熱山丘』へ。
この店は、パイナップル・ケーキの専門店。
入店すれば、お茶と試食をくれる。
日本語がどこまで通じるか分からないが、意思の疎通はできたからノープロブレム。
台湾に来るたびに購入しているが、最近は日本にも出店している。
店員のお姉ちゃん度は高く、どこから集めたのか、美形度に感心せざるをえない。
この事実は、意外と知れ渡っていないかもしれない。

もちろん、パイナップルケーキ自体も秀逸。
洋菓子といっても過言ではない味と、シンプルかつオシャレなパッケージで、土産としての効果は絶大。
ただし結構重くなるので、誰彼構わず購入すると、帰途に後悔するかもしれない。

店を出て、再び空港方面へ。
途中の住宅街(団地やマンションが立ち並ぶ)の中に、『吉祥草』はひっそりと佇んでいる。
今回、茶芸館の定食を食べてみようと思っていて、ちょうど良い位置にあることが判明した。
ガイドブックに出ている店だが、雰囲気が良さ気だった。

076

入店すると、地元のファミリーが一斉に目を向ける。
少々驚いたが、店の人が席に案内してくれた。
他に客はいないようで、半個室のような席にホッとする。

メニューを見ると、日本語の表記で安心も、いまいち意味がわからない。
料理内容を想像するまでに至らず、とりあえず適当に指差し注文。
麺と炒飯を頼んだことは間違いない。
あまり贅沢は、いわない。
残すことなく食べれれば、それで良い。

しばし待って、料理到着。
どちらも中華料理らしいが、油は強くない。
優しい味。
でも、薄くもなく、日本人でも十分にイケる。
台湾の家庭料理という感じなので、数回にわたる台北旅行でも一度も味わったことのない体験だった。

077

078

食べ終えて、あまり時間はなかったが、お茶も注文してみる。
店のおばちゃんが、ジェスチャーを駆使して、淹れ方を教えてくれる。
最初は作法に則って楽しんでいたが、時間は刻々と過ぎていく。
最後は、ガブ飲み状態になって、慌てて店を出る羽目になった。

080

081

079

会計時、おばちゃんに『ハオツー(おいしい』と言ってみると、とても喜んでくれた。
店の雰囲気も相まって、昔の日本に来たみたいだ。
記憶にある昔ではないけれど、あの頃を思い出す。
父母がいて、祖父母がいて、共に遊ぶ友人たちがいた。
ほんの一瞬の、タイムトリップ。
台湾よ、また来るぜぃ。

|

« 台北 2015年1月⑩ 『パレ・デ・シン 君品酒店』 | トップページ | 台北 2015年1月番外篇 『ホラー映画』 »

台北旅行2015」カテゴリの記事

コメント

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ

台湾旅行記、面白かったです!! Σd(゚∀゚)ィヵ酢!!

もう、パッションフルーツが食べたくて食べたくて (笑)
でも生のパッションフルーツって全然ないっすねw
結局パッションフルーツ味のグミ食べて満足しました ←

台湾でのB級映画発掘も気になっております ( ´ ▽ ` )ノ

投稿: カツテキ | 2015年3月10日 (火) 23時56分

カツテキさん、こんにちは!!

もっと早く書き終えたかったのですが、ダラダラになってしまいました。

楽しんでいただけて光栄です。
パッションフルーツは、日本ではなかなかお目にかかれないですね。
私なんか、台湾に行って初めて知ったくらいですからcoldsweats01

台湾の記事は終了ですが、発掘した作品を気の向くままにレビューするので、よろしくお願いします~wink

投稿: 怪奇伯爵 | 2015年3月15日 (日) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台北 2015年1月⑩ 『パレ・デ・シン 君品酒店』 | トップページ | 台北 2015年1月番外篇 『ホラー映画』 »