« 台北 2015年1月⑨ 『伊聖詩私房書櫃』 | トップページ | 台北 2015年1月⑪ 『吉祥草』 »

2015年3月 4日 (水)

台北 2015年1月⑩ 『パレ・デ・シン 君品酒店』

『パレ・デ・シン 君品酒店』

063

伯爵はホテルに一旦戻り、部屋に入ってしばしの休憩を。
本日の宿は、『パレ・デ・シン』。
既に4年越しの利用であり、伯爵の常宿であった。
内装が豪華の割に、料金は同ランクのホテルに比べればリーズナブル。
何よりも、台北駅に近いという地の利がある。

台北駅の地下は広大で、店も多い。
雨が降ったら、ここを散歩するだけでも十分に楽しめる。
食事場所も結構あり。
更に、伯爵が必ず訪れるDVD店も台北駅付近にあるのだ。

台北駅近くにホテルは数軒あるが、比較的新しく、豪華さを追求するならば、やはり『パレ・デ・シン』という選択になってしまう。
これまではデラックス・タイプの部屋を予約していたが、今回は空き無し。
仕方なく、スーペリアに宿泊。
部屋の内装は似ているものの、大きく異なる点が2つ。

まずは、部屋の眺めがデラックスに比べて悪い。
なんか、隣のマンション風建物が見える感じで、カーテンを開放すべきか悩む。
もうひとつは、風呂の作り。
デラックスはシャワー・ブースが独立しているが、スーペリアはバスタブのみ。
入口ドアの裏に作られているという独特な配置は変わらずで、シャワー・ブースがないと使い勝手が悪い。
ホテル・オリジナルサイトからの予約では、料金的に大差はないので、デラックスを選択したほうが無難かも。

065

066

069



さて、この日の夕食。
わざわざ隣駅まで徒歩で歩き、茶芸館で定食を食べようとしたら、なんとシャブシャブ屋に様変わりしていた。
台湾でシャブシャブってのも、なんだかなァ~。
なんか、気に入らない。
しょうがないから、来た道を戻る。
夜のネオンを眺め、店はたくさんあることを確認する。
歩き疲れで、既に足も限界に近い。
気力も、すでに尽きかけている。
全てを諦めようと思った時、ふと脳裏に浮かぶ店があった。
そうだ、『功夫拉麺』があるじゃないか!!!

『功夫拉麺』とは、台北駅ビル内にある店のことだ。
値段もリーズナブルで、味は当然のクオリティ。
何よりも、入店しやすいという利点もある。
記憶を頼りに、台北駅ビル内を進む伯爵。
ところが……。

ない。
ナッシング。
知らない中国料理屋に替わっている。
結構繁盛していたはずなのに、何があったのだ『功夫拉麺』!?
他にもフードコートや店は存在するものの、遂に伯爵の心はブロークン。
自暴自棄になって、俺って惨めモードに突入だ。

結局、閉店間際の弁当屋で、とんかつ風の弁当を購入。
ついでにコンビニで台湾ビールを手にいれ、ホテルの部屋でいただく極貧ロンリー・ディナーを体験。
日本のビジネスホテルでやったことはあるが、まさか台湾のホテルで弁当食う羽目になろうとは!!
やるせない思いと裏腹に、弁当は意外と美味。
まあ、これはこれで良しとしよう。

071

翌朝。
楽しみにしていた朝食ビュッフェに向かう伯爵。
まずは料理を眺め、2年ぶりの変化を確認しておく。
目立つところに陳列されし魚は、さんまではないか。
いらん、いらん。
台湾の朝に、何故にさんまなのか?
アイデアとしては面白いかもしれないが、自分の嗜好には合わない。
あれッ、スモーク・サーモンがない。
これまで必ず供されていたのに。
うあぉ、ハムやソーセージの種類も少なくなっている。
劇的な変化に戸惑う伯爵。

072

中華の点心も、好んで食べていたものが消えている!?
フンガーッ。
期待していたもの、殆どが消えているではないか。
和食コーナーのおにぎりなぞ、混ぜているワカメの割合が多すぎる。
全然旨そうでないぞ。

073




こうなると、アラばかり探すようになる。
オムレツ作っているシェフ、愛想ねぇー。
他のスタッフも、二コリともしないぜ。
チェチェチェチェチェーー。
カーッ、ペッ。
帝国、崩壊。
あのローマ帝国さえ滅んだのだ。
いつかは、こういう日が来ると思っていたが……。

そうだ。
せめてパッション・フルーツを食べて、気を取り直そう。
パッション・フルーツを覚えたのは、このホテルだった。
外国人客が5つも6つも食べていたっけ。
しかし、そのパッション・フルーツすら姿は見えなかった……。
経営方針、変わったのか?
このままじゃ俺、あんたを嫌いになっちまうよ……。

グレードが下がったという訳でもないが、好んで食べていた品々が消失。
その日のメニューが偶然にそうであったのか。
それとも、毎日がこうであるのか。
とりあえず、二年越しの期待を裏切られる形となって、何とも残念。

074


|

« 台北 2015年1月⑨ 『伊聖詩私房書櫃』 | トップページ | 台北 2015年1月⑪ 『吉祥草』 »

台北旅行2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台北 2015年1月⑨ 『伊聖詩私房書櫃』 | トップページ | 台北 2015年1月⑪ 『吉祥草』 »