« 台北 2015年1月③ 『エバー航空』 | トップページ | 台北 2015年1月⑤ 『神農市場 MAJI FOOD&DELI』 »

2015年2月 1日 (日)

台北 2015年1月④ 『迪化街』

『迪化街』

予定時刻のとおり、13:30松山空港到着。
入国審査もスムーズに済み、14:00前には空港を出ていた。
いつもなら、この後MRTでホテルに向かう。
しかし、今回の1泊は初めて泊まるホテルだ。
その後の予定を考えると、タクシーを利用するメリットの方が高い。
初めて、空港からタクシーを利用してみる。

ヘタレな伯爵は、用意周到。
予め行き先を書いたメモを用意し、しかも目印となるものまで併記。
宿泊先のホテルは、同系列のものが2つ存在。
名前が似ているために、タクシーの運ちゃんがよく間違えるそうなのだ。
そういう情報って、重要じゃん、ジャンバルジャン。
しっかりとメモに住所を書き、ホテル名および『林森公園』『中山站』附近とまで表記。
絶対間違えるなよ!!
オーラ全開で臨んだのであった。

それでも、乗車中は最大級の警戒モードに入る。
方向は分かるから、間違った道を走ろうものなら、決意を固めなければならない。
この場合の決意とは、数々の格闘映画や漫画に感化された格闘モードである。
ブルース、ジャッキー、ドニー、ジェット。
イコにトニー。
一歩に、刃牙に熹一と親父。

プロレス技も忘れてはならない。
ドラゴン・スクリュー、卍固め、ジャーマン。
キャメル・クラッチからロメロ・スペシャル。
ココナッツ・クラッシュからヘッド・ロックに移行し、ロック・ボトムでフィニッシュ。
どこに連れて行かれるか分からない不安感を拭うため、私の頭の中でそういうシミュレーションが構築されていた。

しかし、何のカオスも起こらぬ内に、タクシーはホテルへと到着。
シミレーションだけで海外はクタクタだぜ、ベイビー。
到着時間14:30前でも部屋の準備ができているとのことで、早々にチェックイン&部屋イン。
少し荷物を整理して、すかさず中山駅方面に向かう。
今回宿泊の神旺商務酒店(サンワンレジデンス)は初めてなので、とりあえずホテル~中山駅の様子を知っておかねばならない。
中山駅まで徒歩で7~8分。
道の状態も確かめ、とりあえずスーツケース引っ張っても歩くのに問題ない様子。
明日、雨が降らなければ、次のホテルまでMRTで移動できると確信する。

中山駅に到着後、そのまま迪化街へと徒歩で移動。
迪化街は、どのガイドブックにも掲載される地域で、漢方や乾物を扱う店が多く、台湾らしさがドップリ滲み出ているらしい。
その雰囲気を求め。約15~20分も歩いただろうか。
歩くことに飽きてきた時、その一角が見えてきた。
店の様子を窺えば、確かに独特の雰囲気がある。
少し通りを歩けば、同じようなものを売る店が幾つも存在することが分かる。
珍しいながらも、日本では漢方も乾物も買ったことがない伯爵。
どういう味がするのか?
そもそも何に使うのか?
価格は安いのか?
幾つかの疑問に駆られるものの、言葉の通じないであろう店員に尋ねる勇気も持たず、早々に退散するのであった。

再び20分ほどかけて、中山駅まで戻る。
途中に発見した新光三越地下の鼎奉豊で早めの夕食。
夕方5時はさすがにまだ早く、並ばずに着席。
我が定番となった小龍包、蟹味噌の小龍包、パーコー炒飯、汁無し辛い麺を食し、まずは満足の食事となった。
通常なら、料理の写真を撮りまくる伯爵だが、さすがに前回と同じメニューのために省略。
気になる方は、①の記事のリンクからどうぞ。

中山の新光三越に支店があったことは知らず、これは嬉しい誤算となった。
ただ、同じ鼎奉豊でも、支店によって味が異なるらしい。
美味しいことに変わりはないが、支店を比較してみるのもよいかもしれない。

|

« 台北 2015年1月③ 『エバー航空』 | トップページ | 台北 2015年1月⑤ 『神農市場 MAJI FOOD&DELI』 »

台北旅行2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台北 2015年1月③ 『エバー航空』 | トップページ | 台北 2015年1月⑤ 『神農市場 MAJI FOOD&DELI』 »