« 本日の映画 『寄生体X』 | トップページ | 本日の映画 『ヘンゼル&グレーテル』 »

2014年9月 2日 (火)

本日の映画 『宇宙生物X』

『宇宙生物X』
2004年 アメリカ 監督:ジェフ・リロイ

*本記事は、グロテスクな表現を含みます

Sx1



ご指摘を受けましたが、『X(エックス)』という言葉にはB級マニアを惹きつける不思議な効果があります。
これまで何度『X』を観てきたことか。
たぶん、大したことない。
そんな予感を持ちながら、しかし『遊星からの物体X』の例もあり、チェックをせざるを得ない状況に陥ってしまうのです。
極めつけは、『スピーシーズX』。
『X』が次第に増えて、『XXXX』なんてタイトルになっている。
一体、何作まで続くのか?なんて心配するのだけれど、エロいジャケ写についついインタレスティングなんだよね、イェイ。

Sx5




さて、本作。
いきなり野外でイチャつくカップルを双眼鏡で覗くバカそうなUSA青年。
双眼鏡の先にアップで露出するバスト。
オー、イェー。
B級のつかみ、バッチリじゃないですか。

そして起こるチンケな地震。
これまたチンケな洞窟が岩肌にぽっかり空いて、3人は中を探索。
黄金を発見したものの、何者かに襲撃された。
ジョークのような死に方を迎える青年たち。
ああ、ちょっと期待しちまうよ。

Sx3

一方、ソートン精神科病院に入院しているケイト。
青年たちの死のビジョンを感じ、怪物の存在を認識する。
(本作の原題は、Unseen Evil2.。ケイトは前作の生き残りかもしれない)
怪物狩りチームのガイド役として、彼女は捜索に参加することになる。

Sx4




一方で、超常現象研究局も怪物の存在を掴んでいた。
しかも、別の怪物の死体すら回収していた。
はたして、怪物の正体は?
人類の行く末は?

Sx6

なんか、こうやって書くとストーリーがグダグダですな。
鑑賞後、私の記憶は清流のごとく流れていったのです。
まあ、ストーリーを重視する人は、本作など観ない気がするのですが……。
とりあえず、文章にするのがシンドいので、私の鑑賞メモを原文のまま収録。

Sx8
アメリカン大門!!

・黄金を食糧とする3百歳の古代人は、エイリアン
・ちっともハラハラしない展開
・ショボい爆発
・エイリアンの、プレステ1レベルのCGランニング・シーン
・くだらねぇ裏切り
・ふなっしーのような断末魔の悲鳴をあげるバークの最期
・ジョークのようなエイリアン吹っ飛びシーン
・フィービー・ダラーのビッチさ
・ヒロイン(ミーガン・マロイ)のパワフルな絶叫

はい、凄いですね。
一体、どんな作品なんでしょう。

Sx2




そして忘れてはいけないラスト・シーン。
数々のパワフル絶叫を見せてきたヒロインが、ついにキレてしまいます。
延々と続くバカ○○。
呆然とした私も、そのうち大○○。(○は漢字1字+ひらがな1字)
この感覚、ニュータイプか!?

Sx7
Sx10






|

« 本日の映画 『寄生体X』 | トップページ | 本日の映画 『ヘンゼル&グレーテル』 »

ホラー映画」カテゴリの記事

コメント

おはようございます( ´ ▽ ` )ノ
朝からテンションガチ上がりっす!!
「 X 」は人類のロマンですな
Σd(゚∀゚)ィヵ酢!!

宇宙生物X!!!
自分もレビュー書いておりますw
めっさツボで、大好きな作品です ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
そうそうw 双眼鏡とバストのマッチングっぷりが死にそうにウケました (笑)

これ観てるときの脳内BGMは、ピンク・レディー「 透明人間 」or サザン「 愛の言霊 」です ←アホ

パナいラストも最高ですwww

投稿: カツテキ | 2014年9月 3日 (水) 06時25分

カツテキさん、こんにちは!

この作品がツボとは、相当なマニアですhappy01

これって続編のようですが、1作目はもっとショボそう。
っていうか、よく2作目が出来たこと自体、奇跡!!
アメリカ低級映画の懐の深さに脱帽。

投稿: 怪奇伯爵 | 2014年9月 7日 (日) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『寄生体X』 | トップページ | 本日の映画 『ヘンゼル&グレーテル』 »