« 本日の映画 『ジャンゴVSエイリアン』 | トップページ | 本日の映画 『宇宙生物X』 »

2014年8月31日 (日)

本日の映画 『寄生体X』

『寄生体X』
2012年 フランス 監督:デビッド・ショレワ

*本記事は、グロテスクな表現を含みます

Kx7

私の映画鑑賞の指針は、基本はジャケ写とタイトル。
次に俳優ですかね~。
もちろん、トレイラーを観てから鑑賞するものも少なくありません。
でも、最近のトレイラーはネタバレも多く、呆然とするものも……。

レビューなども完全なネタバレがあったり、『観る必要なし』なんて一刀両断的評価も。
私的には『観る価値なし』という映画は、ほとんど存在しないと思っています。
そりゃあ、酷い作品にも遭遇します。
二度と観たくない映画も、存在します。
けれど、そういう作品を知れば知るほど、許容範囲が広がり、逆に『つまらない』と思っていた映画にも魅力を見いだせるようになるのです。
ああ、早く『アタック・オブ・ザ・50フィート・チアリーダー』観たい……。

Kx1

さて、本作。
内容知らずにタイトルとジャケ写だけで鑑賞に。
クリーチャー系と予想したら、まずは台詞がフランス語。
オフランス製なのね。

ある日、地球に彗星が接近。
それが原因か、地上では予想だにしない異変が。
主人公クリス、この事件で両親を失くす。

そして時は移り、成長したクリスはPCの電話サポートなどをして生計を立てていた。
両親を失くした事件のトラウマから暗所恐怖症にかかり、夜は大量の電気を点けなければパニックを起こしてしまうという設定だ。
そして、再び地球に接近する彗星。
徐々に感じる周囲の変化。
何故かモテ期がやってきたようで、姉ちゃんたちがエロく迫ってくる。

Kx2

隣人姉ちゃんに誘われて、『世界の終わり』パーティに参加するクリス。
彗星が地球に衝突して、世界が終わるかもしれない。
だから、せいぜい楽しみましょう的イベントだった。
そこで見かけた怪しいカップル。
部屋を覗いてみれば、エッチな行為の真っ最中。
ところが……。
男の股間から伸びるティンコもどきの器官が、女の命を奪う。
それを皮切りに、人々を襲う異変の数々。

Kx3




肉体の溶解と変化。
あるものは命を落とし、あるものは異形へと姿を変える。
変化したものは、人間を襲い、街は阿鼻叫喚の地獄絵図を描く。
行方不明になった隣人姉ちゃんを探し、クリスは町を彷徨うが……。

Kx9

全体的に。
ストーリーラインとバランスは、正直残念な結果に。
特にラストの落とし方は、いただけない。
正直、中盤までの魅せ方に問題ありありでしょう。
クリーチャー出現が、彗星とどう関係しているのかも説明不足で、これも興醒めの一因。

こういう作品にしては、主人公が意外とイケ面。
暗所恐怖症という設定も珍しく、私的には面堂終太郎以来の遭遇かな。
漫画でいえば、一部『寄生獣』を思わせるデザインもあります。

Kx5

予想以上だったのは、溶解していく人間の描写。
これは結構な満足度。
その他のクリーチャーにも期待が高まるものの、おそらくは予算不足で消化不良。
技術的には、良い仕事なんだけれどね。

最も印象に残ったのが、ティンコ型触手と上半身ヌード+スパイダー下半身の女。
それだけでも、私的には観る価値十分にありなんだけどbleah

Kx8

|

« 本日の映画 『ジャンゴVSエイリアン』 | トップページ | 本日の映画 『宇宙生物X』 »

ホラー映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ
「 X 」の吸引力ってば、ハンパナイっすよね (笑)
自分は、製作・監督・脚本が同じ人の名前だと妙にワクワクしてしまいますw

スニークピークかいw っていうトレイラーありますな!
あとTwitter…っていうかSNSは地雷多いっすねぇ。
出演者にネタバレされてビックリしたことが (´゚∀゚):;*.':;ブッハハ

フランスのB級映画は観たことないかも?
だいぶお茶目だなぁ (笑)

投稿: カツテキ | 2014年9月 1日 (月) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『ジャンゴVSエイリアン』 | トップページ | 本日の映画 『宇宙生物X』 »