« 本日の映画 『モンスターズ・フォレスト』 | トップページ | 本日の映画 『ジャンゴVSエイリアン』 »

2014年8月17日 (日)

本日の映画 『SPOOKIES スプーキーズ』




『SPOOKIES』

1986年 アメリカ 監督:EUGENIE JOSEPH&THOMAS DORAN&BRENDAN FAULKNER

*本記事は、グロテスクな表現を含みます

Ss2


この作品、現在の日本においては、おそらくレアな作品かと思われます。
私の好きな80年代ホラーですが、全く知らない存在でした。
もしかしたら、日本でビデオ化されたのかもしれませんが、当時からホラー・ファンだった私の記憶に全く覚えがありません。
実はクリーチャー続出の、80年代を象徴するような作品で、ビデオ化された可能性は極めて高いと思うのですが……。

Sp5

モンスター続出!! 化物屋敷系ホラー

Sp4

13歳の誕生日を迎えたビリー少年。
なのに誰も祝ってくれず、一人家を出て、夜の森を徘徊。
見知らぬ邸宅を見つけて入ってみると、ビリーの誕生会の用意がしてある。
両親が準備してくれたのかと思い、プレゼントらしき包みを開けてみると、なんと中身はオッサンの生首。
ぶったまげ~。
ビリーは、脱兎のごとく屋敷を逃げ出した。
しかし、彼を追う謎の怪人。
ビリーは捕まり、怪人によって生き埋めにされた。

Sp6

一方、パーティー会場を探してドライブしていた若者たちも、屋敷を発見して侵入。
適当にくつろいでいたら、仲間の一人がウイジャ・ボードを発見。
興味本位でいじってみたら、娘の一人に異変が!!
化物のように変わり果てた娘は、不吉な言葉を吐く。
それを皮切りに、屋敷内では次々に怪物が発生。
実は、屋敷に住む魔術師が、生贄として彼らを待っていたのだった。
魔術師は既に亡くなった妻イサベルを復活させるため、禁断の法を使っていたのだ。
かくして復活を遂げたイサベルだったが、彼女はそれを望んでいなかった……。

Ss1

冒頭でビリー少年が主人公と思いきや、彼は前半であっさり生き埋め。
哀れだなぁと思っていたら、後に重要な役目を果たします。
80年代の化物映画ということで、単に怪物が出てバーーン。
ストーリーは、かなりチープといった感じですが、意外なプチ・オチがありました。
とはいっても、ハラハラ・ドキドキの緊張感はなく、出てくるクリーチャー・デザインを楽しむ程度に留まる内容なので、マニア以外にはウケない作品でしょう。

Sp11


Sp12

ストーリー上でダメ出しをするとすれば、主人公が誰なのか解らない作りという点です。
ビリー少年でもなく、屋敷に迷い込んだ若者たちでもない。
後半は、復活したイサベルが中心という分離具合で、感情移入させる暇もない。
見方によっては、魔術師が主人公とも取れます。
監督が三人いるから、こういうチグハグさになったのでしょうか。

Sp9

ただ、私的には意外と驚かされたクリーチャー群。
半魚人や種類豊富なゾンビ、蜘蛛女や死神。
アメリカン・ホラー・コミックを象徴するような、素晴らしい出来栄えです。

Sp10




クライマックスは、イサベルが屋敷を逃げ出す件。
本作内では明らかに清楚ヒロイン・オーラを放つ彼女ですが、次々に土中より復活するゾンビ軍団に翻弄されます。
ゾンビに喰われる訳ではなく、なぜかドレスばかりがゾンビの手によって剥ぎ取られていきます。
別に裸にされる訳ではないのですが、このシーンは随分と印象的で、ガリレオ風に言うならば、「実にエロい」。
おそらく、80年代ホラーの中でも名シーンと呼べる代物です。
薄着になった彼女が、ゾンビのアタックをラグビーばりにかいくぐり、全力疾走するギャップが本作の醍醐味かもしれません。

Sp15

結局、鑑賞直後にも関わらず、あの登場人物たちの行く末はどうなったのか?の疑問が湧いてしまいます。
殺害シーンに重きも置かず、あまり血飛沫も出ない。
純粋に、モンスター好きのためだけに作られたような内容でした。

Sp16

|

« 本日の映画 『モンスターズ・フォレスト』 | トップページ | 本日の映画 『ジャンゴVSエイリアン』 »

ホラー映画 レア」カテゴリの記事

コメント

伯爵さん、おはようございます~( ´ ▽ ` )ノ
VHSですか (笑)
うちのビデオ ( デッキもw ) 全部、テープの部分にカビが生えてしまって、観たいのに観れないっていう ←捨てろーw

おお!!!80年代ホラーはクリーチャー続出なんすか!?
むーん、ネットで探すしかないのかなぁw
でもビデオだと困るなぁ (笑)

コメ返、お気になさらないで下さいね~ ( ´ ▽ ` )ノ マジです(笑)

投稿: カツテキ | 2014年8月19日 (火) 06時20分

カツテキさん、こんにちは!

さすがに私も現在はVHSは使ってませんよ~(笑)
日本ではDVD化されていない作品も、海外では発売しているケースもあります。

そういうのを発掘するのが、私の密かな楽しみ……。
英語の字幕すらない作品も多く、台詞聴き取りに必死。
海外版鑑賞時は、結構シンドイです。

投稿: 怪奇伯爵 | 2014年8月20日 (水) 16時25分

ビックリしたので、再びコメントしてもいいでしょうかw

マジすかww 英語ですか ( ゚Д ゚)
しかも聴き取り!?
自分も今から頑張れば伯爵さんのようになれるのでしょうか… (笑)
いや~、伯爵さん神ですね Σd(゚∀゚)ィヵ酢!!
自分も頑張ろうw

投稿: カツテキ | 2014年8月20日 (水) 21時18分

カツテキさん、こんばんは。

自分は、英語は受験英語のレベルですよ。
漠然と、英語を勉強したいと思っていましたが、英会話教室なぞ入る気もなく……。
とりあえず、せっかく洋画観ているのだからと、英語音声と字幕でチャレンジ。
ゲームも輸入版で遊んだりしています。
詳細まで解読するのはまだまだですが、ホラーとゲームなら、何となくわかるって感じです。
実際、ホラー映画のストーリーなんて、すぐ忘れちゃいますからね。

投稿: 怪奇伯爵 | 2014年8月25日 (月) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『モンスターズ・フォレスト』 | トップページ | 本日の映画 『ジャンゴVSエイリアン』 »