« 本日の映画 『ワールド・ウォーZ』 | トップページ | 本日の映画 『寄生霊』 »

2014年7月26日 (土)

本日の映画 『オーガストウォーズ』

『オーガストウォーズ』
2012年 ロシア 監督:ジャニック・フェイジエフ

Aw1

ジャケ写を見ると判るのですが、巨大ロボらしきものが写っている。
同時期に某巨大ロボ映画が注目を浴びていたので(パシ●ック・リムね)、これはパチもんに違いないと勝手に判断。
その種の期待を胸に、嬉々と鑑賞したのですが、実はかなり真面目な作品でした。

Aw8

Aw2


クセーニアは軍人の夫と別れ、息子のチョーマとモスクワで暮らしていた。
新しい彼氏もできて、二度目のゴールインも間近。
彼氏との婚前旅行を迷っていると、元夫からの電話。

息子チョーマをしばらく預けてくれないか?

悩むクセーニアだったが、彼氏との旅行の誘惑が勝った。

元夫が住む場所は、ロシアとグルジアの国境付近。
無事に到着したチョーマは、父や祖父母と楽しい時を過ごす。
しかし、事態は急転した。
グルジア軍の侵攻によって、戦争は開始された。

Aw4

そのことを知ったクセーニアは元夫と連絡を取るが、途中で音信不通に。
彼氏との旅行をキャンセルし、クセーニアはチョーマの待つツフィンバリへと向かう。

Aw3




いわゆる『母は強し』テーマですが、様々な要素を詰め込んでいます。
冒頭はディスニー?かとビックリ。
コメディっぽさもあるなぁと思っていたら、クセーニアが息子を追うあたりから、ハラハラ・ドキドキの緊迫シーンが続きます。
チョーマに訪れる残酷な運命で、一気にテンション・ブルーへ。
兵士と行動を共にするクセーニアも、ありえねぇと思いつつも引き込まれてしまいますね。

Aw7

色々なモノを詰め込んだ代償として、意見が分かれるかもしれません。
しかしながら、私的には随分と印象に残る内容と画でした。
ロシア映画なれど、質は悪くありません。
主役のスヴェトラーナ・イワノーワさんが、現代っぽさを巧く表現したシングル・マザー像を演じています。

Aw9




|

« 本日の映画 『ワールド・ウォーZ』 | トップページ | 本日の映画 『寄生霊』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

伯爵さん、こんにちは~( ´ ▽ ` )ノ
ロシア映画って長くて、小難しい (笑) イメージなんすけど…((( ̄▽ ̄ ;
こういう作品もあるんですねー!

投稿: カツテキ | 2014年7月26日 (土) 15時53分

カツテキさん、こんにちはhappy01

私はロシア作品を数本観ただけですが、ストーリーがよく解らなかったり、魅力的なビジュアルがなかったりと、あまり良い印象はなかったのですが…。

最近の傾向は、けっこうハリウッド化しているようです。
ロシア産のB級ホラーも有りますしcoldsweats01
本作は、作りとしては悪くないかと。

投稿: 怪奇伯爵 | 2014年7月27日 (日) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『ワールド・ウォーZ』 | トップページ | 本日の映画 『寄生霊』 »