« 本日の映画 『ブラッドショット ヴァンパイア・エージェント』 | トップページ | 本日の映画 『ワールド・ウォーZ』 »

2014年7月21日 (月)

本日の映画 『ZMフォース ゾンビ虐殺部隊』

『ZMフォース ゾンビ虐殺部隊』
2013年 イタリア・アメリカ・ドイツ・カナダ 監督:マルコ・リストーリ、ルカ・ボニ

*本記事は、グロテスクな表現を含みます

Zm3

未だ製作が停まることを知らぬゾンビ映画。
正直、もう新しいアイデアなんて、出ないでしょ。
…なんて思うのですが、観なければならぬ衝動に駆られてしまう。
いや、理由は判っています。
まだホラー映画に恐怖していたあの頃。
テレビで映画のCM流れる度に、ヒーッなんてビビっていた時代が私にもありました。
その頃に観たロメロ監督『ゾンビ』によるインパクトは、後に熟成され、芳醇な香りを今でも放ち続けています。

Zm1

ホラーの中に見出せし甘美な悪魔の誘惑。
思えば、これが原点なのだなあ。
きっと、同じ衝撃は二度とやって来ない。
求め過ぎた故に、衝撃とか感動とか、心を震わすことを喪失してしまった。
挙句、いつしか心はヒロインの萌え度に奪われ、エロに奪われ、グロに奪われた。
そう、汚れちまった自分。
マニアであるが故に失った、ホラーに対するピュアで真摯な姿勢。
今の私には、本作のような作品がお似合いかもしれない。

Zm4

さてと。
何かが起きて、町に黒い雨が降った。
その雨に触れた人間は、人ではないモノへと変異し、かつての仲間を襲う。
そんな出だしで始まる本作、弱冠の期待感を抱かせる。

舞台は何故かルーマニア。
おいおいドラキュラかよ、とツッコミを画面に入れると、ゾンビ虐殺部隊の成り立ちが説明される。
収監中の囚人で元凄腕の兵士。
こいつがリーダー格で、出所を条件に政府が要請。
出所できれば、幼い娘と再び暮らすことができる。
その他、何言ってるのか判らない会話センス無さすぎの兵士と、外国によく見るアニヲタ・コスプレ姉ちゃんらでチームを構成。
彼らの任務は、件の黒い雨と関わりがあった。

Zm6

米国軍の研究施設で行われていた新型兵器開発。
それが失敗し、周辺はウイルスが蔓延。
ウイルスに感染した人間は、怪物と化してしまう。

米軍は、この事実を何とか隠匿したい。
そこで考え出された作戦は、付近にある原発を爆破し、事故を装って全てを亡きものにしようというものだった。
トンデモねえぜ、米国。

しかし、原発エリア内は、既に多数の感染者が存在する。
そのためにZMフォースは招集されたのだった。

Zm2



無数の怪物が群がる中、我がゾンビ虐殺部隊は突き進む。
忍者もどき姉ちゃんの二刀流が、ゾンビの頭を刎ねる。
傭兵の銃弾が、ゾンビの脳漿をぶち撒ける。
いけいけ、ゾンビ虐殺部隊。
アメリカが世界のリーダーである為に。
都合の悪いことは、ひた隠しにするが良いぃ。

Zm5

まあ、短絡的なストーリーですね。
緊張感もないし、爽快感もありません。
任務が任務ですから、しょうがないですねぇ。
プラスして、台詞がダメ親父。
全くセンスないです。

一応、良いところもあります。
ゾンビの特殊メイクは力入れてますね。
様々なタイプのゾンビが出現。
遊び心を入れ過ぎて、かなり怪人化が進んでいるのもあります。
ラストには、ボスキャラ級のものも見られます。

最大のインパクトは、エンドロール前のラスト。
ここで、このシーンを持ってくるか~!
驚きと、怒りと、軽蔑とニヤケ。
下品な親父の、喜びが伝わってくるよう。
ケイオスティックな余韻を楽しむべきか、怒るべきかは貴方次第。

|

« 本日の映画 『ブラッドショット ヴァンパイア・エージェント』 | トップページ | 本日の映画 『ワールド・ウォーZ』 »

ホラー映画」カテゴリの記事

コメント

伯爵さん、こんばんは~( ´ ▽ ` )ノ

ケイオスティックって何だろう…とGoogle先生に聞いてしまった (笑)
自分、めっさ勘違いしてましたww

投稿: カツテキ | 2014年7月22日 (火) 21時04分

ウーヴェ・ボル製作のホラー作品ということで、ゾンビネタといえどスルーしていましたが、伯爵さんのレビューを拝見して迷いが生じてきています。(゚ー゚;

『アローン・イン・ザ・ダーク』、『ハウス・オブ・ザ・デッド』等、失望した経験の方が多いような記憶が。。。

でも、エンドロール前のラストが気になりますね(笑)

投稿: 伝衛門 | 2014年7月22日 (火) 22時19分

カツテキさん、こんにちはhappy01

私、その時の気分と思いつきで、ウケ狙いの表現をします。
正しい使い方かどうかまでは検証していませんので、軽く流していただければcoldsweats01


伝衛門さん、こんにちはwink
内容的には、全くスルーしていただきたくcoldsweats01
ラストも伝衛門さんなら笑ってくれそうですが、このためだけに鑑賞してもらうのもねぇconfident

投稿: 怪奇伯爵 | 2014年7月27日 (日) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『ブラッドショット ヴァンパイア・エージェント』 | トップページ | 本日の映画 『ワールド・ウォーZ』 »