« 本日の映画 『キラー・ホビー オモチャが殺しにやって来る』 | トップページ | ホラーなゲーム 『SPLATTERHOUSE スプラッターハウス』 »

2014年5月25日 (日)

本日の映画 『モスキート』

『モスキート』
1994年 アメリカ 監督:ゲイリー・ジョーンズ

*本記事は、グロテスクな表現を含みます

Mq1

何故、このような作品を観ることになったのでしょう?
自分でもすっかり忘れて、レンタル登録のあるがままに鑑賞しました。
観ているうちに、監督ゲイリー・ジョーンズが最近鑑賞した『アックス・ジャイアント』と同じであることを思い出したのです。
この監督、B級職人のような感じを受けます。
そう、私がB級に求める要素を、しっかり入れてくるのですね。
安定感があるというのが、正しい表現でしょうか?

Mq5

舞台は、どこかの片田舎。
冒頭で宇宙船が出現。
それが地球に不時着して、異星人の死体の一部が地球の外気に晒された。
落下した個所は、沼地。
当然、蚊もいます。
なんと、蚊は異星人の血を吸っちまいました。
これが、とんでもない事態を招くのです。

Mq8

異星人の血は、栄養分豊富らしい。
それを吸った蚊は巨大化し、地球人を恐怖の渦へと突き落とす。
口吻をエイリアンの口のように伸ばし、人体にブッ刺して大量の血液を吸引。
マジっす蚊?

Mq6

キャンプ地にいた人間は、大量虐殺。
生き残った僅かな人間たちは、逃げまどいながらも蚊の秘密を解明。
一軒家に籠城し、生存のチャンスを待つ。
はたして、彼らの運命はい蚊に……。

Mq4

チープなグロさがたまらない、まさにB級モンスター・アクション。
蚊なんて小さな素材を、よくここまで引き立たせました。
CGというより、ストップ・モーション・アニメ使って、ガンバッています。

Mq3

適度なエロ配合、ヒロインはお約束のタンクトップ。
コミカルさとグロさの対比もバッチ・グー。
うーん、良い仕事してますねぇ。
くだらないですねぇ。
爽快感ありますねぇ。

Mq9

これだけでも十分に満足なんだけれど、マニアにはサプライズあり。
逃亡中の銀行強盗役にガンナー・ハンセン。
チェンソー持ち上げて、
『こいつを手にするのは20年ぶりだぜ』
って台詞にシビレます。
ピンとこない人に解説しますと、ハンセンは『悪魔のいけにえ』オリジナルのレザー・フェイス役なのです。
ハンセンがチェーンソーで巨大蚊と格闘するシーンって、マジっす蚊?ってカンジ。

Mq10

蚊なんて、題材としてダメだと思っていた私。
B級の奥深さが、身に染みるよん。

|

« 本日の映画 『キラー・ホビー オモチャが殺しにやって来る』 | トップページ | ホラーなゲーム 『SPLATTERHOUSE スプラッターハウス』 »

ホラー映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆
これってジャケットに「で蚊い!」の表記があるやつでしたでしょうか?(笑)
かなり笑えた作品だった気がしますw。

投稿: スティッチ☆ | 2014年5月27日 (火) 20時32分

スティッチさん、こんばんは。

ご指摘のとおり、『で蚊い!』が宣伝文句です。
ド直球な表現ですが、味がありますなhappy02
コミカルな部分も多く、確かに笑えます。

投稿: 怪奇伯爵 | 2014年5月28日 (水) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『キラー・ホビー オモチャが殺しにやって来る』 | トップページ | ホラーなゲーム 『SPLATTERHOUSE スプラッターハウス』 »