« 本日の映画 『バトル・オブ・アトランティス』 | トップページ | 本日の映画 『ビッグフット UMA確認。』 »

2014年5月12日 (月)

本日の映画 『トールマン』

『トールマン』
2012年 アメリカ・カナダ・フランス 監督:パスカル・ロジェ

Tm9

パスカル・ロジェ監督といえば、『マーターズ』の衝撃が未だ残る監督さんです。
その次回作ということで、自ずと期待は高まってしまうのですが、どうもジャケ写等では派手さが伝わってこない。
ひょっとしてハズレ?って予感がして、なかなか鑑賞しなかったのですが……。

Tm1

舞台は、鉱山の閉山によってすっかり寂れたコールド・ロックの町。
この町にはいつしか幼児の失踪事件が多発するようになり、その仕業の主として「トールマン」なる人物が噂された。

医師で、聖人のように町民に慕われた夫を亡くしたジュリアは、看護師として夫の意思を引き継ぎ、日々を過ごしていた。
しかしある日、何者かが家に侵入。
最愛のデビットを連れ去られてしまう。
賊の侵入に気付いたジュリアは必死の追跡を試みるが、デビットを取り戻すことは出来なかった。

Tm3

満身創痍の状態でFBIに保護され、町のダイナーに連れていかれるジュリア。
しかし、そこに居合わせた住民たちの様子がどうにもおかしい。
異様な空気を察知したジュリアは、逃走を試みるが……。

Tm4

『マーターズ』のインパクトは、私的ランキング上位に入るぐらいのものでした。
どうしても同種の刺激を求めてしまうのですが、そういう意味では物足りなさを感じる人もいるでしょう。
前作に比べれば、明らかに刺激は少ないといえます。
しかし、私的には常に展開が気になる作りでしたし、しっかりとしたドンデン返しに納得させられました。
子供の失踪事件というテーマが、全編を通して不気味さを醸し出し、なんともいえぬ不安感を煽るのです。
加えて、謎の解明までのバランスも良。
ヒロインのジェシカ・ビールは『テキサス・チェーンソー』のイメージしか有りませんでしたが、本作ではかなり印象に残る演技をしています。

Tm7

下手に撮れば地味で盛り上がらないかもしれぬ素材を、ここまで集中させたのは監督の力量ではないでしょうか。
余韻もかなり残りますし、私的には評価高い作品といえます。
一般的なホラーではないので、それを期待する観客とのギャップが心配。
良くできているだけに、これでコケてほしくないですね。

マニア・ポイント。
地元の保安官役で、ウイリアム・B・デービスが出演。
この人、Xファイルの『肺ガン男』ですよ~。
*上の画像は違いますcoldsweats01

|

« 本日の映画 『バトル・オブ・アトランティス』 | トップページ | 本日の映画 『ビッグフット UMA確認。』 »

ホラー映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『バトル・オブ・アトランティス』 | トップページ | 本日の映画 『ビッグフット UMA確認。』 »