« 本日の映画 『ネクロノス』 | トップページ | 本日の映画 『バトル・オブ・アトランティス』 »

2014年4月29日 (火)

本日の映画 『悪霊のはらわた』

『悪霊のはらわた』
2012年 スウェーデン 監督:ソニー・ラグーナ&トミー・ヴィクルンド

*本記事は、グロテスクな表現を含みます

Ah7

久し振りに期待感MAXの作品です。
というのは、あの『死霊のはらわた』臭がプンプンだから。
『死霊のはらわた』リメイク作品より期待度は高いかもしれません。
なんてったって、 『死霊のはらわた』の大ファンだからね、私。
サル真似でもなんでもいいから、あの死霊の魅力を再現してほしいデス。

Ah3

それでは、作品を観てみましょう。

なんだか、ラブたっぷりのカップル。
幸せの絶頂ってカンジがします。
彼氏方のオヤジさんの薦めで、週末に山小屋に泊まるようです。
友人らも連れ立って、合計7人で出発だ。

Ah2

到着してみると、意外とナイスなカンジの屋敷です。
鍵のトラブルがあって、女性一人が先に入ることに。
皆を驚かせようとした意図もあったのですが、地下室への入口がやけに気にかかる。
吸い寄せられるように地下に降りてみると、トンデモないものに遭遇した。

Ah6

何が起きたのか。
女性の記憶は定かではない。
白昼夢のような感覚だけが残っている。
仲間たちは屋敷に入って、ハッピータイムの始まりだ。

周囲の騒ぎをよそに、気分が悪くなっていく女性。
やがて、彼女はおよそ人間とは思えない変化をきたし、周囲の人間に襲いかかった。
襲われた人間も同様の変化を見せ、屋敷は地獄絵図を描きだす。
得体の知れぬオッサンの訪問で、少しだけ明らかになる事実。
はたして、彼らの運命はいかに……。

Ah8

うむむ、ちょっと期待しすぎた感がありますね。
確かに、ビジュアル的には派手なグロさがあります。
地下室の魔物の造形も、私のツボ。
なのに、手放しで喜べない何かがあります。

おそらくは、ストーリーの単調さが原因かと思われます。
変化した犠牲者が襲ってくるのは、ゾンビと変わりありません。
噛みついたり、引っ掻いたり程度の攻撃で、予測不能な攻撃という訳ではないのです。

地下室の魔物について、説明不足なのも消化不良の一因でしょう。
もうちょっと、キャラ立ちを加えても良いのではないでしょうか?
作品だけでは、スウェーデンの妖怪の一種かと思われます。
これが元ネタがあるのか、まったくのオリジナルなのか。
それすら判らないほど、材料に乏しい。

ウリともいえるグロシーンは、なかなか頑張っています。
冒頭からの雰囲気が良かっただけに、非常に惜しい気がしますね。

Ah9

|

« 本日の映画 『ネクロノス』 | トップページ | 本日の映画 『バトル・オブ・アトランティス』 »

ホラー映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『ネクロノス』 | トップページ | 本日の映画 『バトル・オブ・アトランティス』 »