« 本日の映画 『オゾンビ』 | トップページ | 本日の映画 『アックス・ジャイアント』 »

2014年3月22日 (土)

本日の映画 『ゾンビ・クエスト』

珍しいオランダ産のゾンビ・コメディ

『ゾンビ・クエスト』
2011年 オランダ 監督:マルテイン・スミッツ&エルヴィン・ヴァン・デン・エショフ

Zq6

 

オランダ産のホラーって、初めてかもしれません。
しかもゾンビで、コメディで。
こういうのって、期待しない方が良いんだよね。
もともと、ホラーコメディって、苦手な分野ですけど、最近は何故か観てしまう。
この世界にドップリの証拠ってか。

Zq4

会社員のアジズ。
外見的にも能力がないのは、明らか。
上司に目を付けられ、勤務中のバカ兄からの電話でユー・アー・ファイアー(クビ!!)。
せっかく美人秘書が気のある仕草を見せてくれたのに、バカ兄のせいで人生台無しだ。

とりあえず文句の一つも言ってやろうとバカ兄の家を訪れるアジズ。
バカ兄は、パーティーの真っ最中。
ひょんなことから喧嘩が起きて、兄弟揃って豚箱に直行。

Zq2

その時、事件は起きた。
ロシアの宇宙基地が墜落し、未知のウイルスをバラ撒いたのだ。
そして、その墜落先は、美人秘書テスのいる、アジズの元職場のビルだった。

愛しのテスを救うため、アジズは頼りない仲間とともに救出に向かうが、アムステルダムの街は多くのウイルス感染者に埋めつくされていた。
はたして、アジズはテスを救うことができるのか……。

Zq5

主人公は、ナイナイの岡村さんと小島よしおさんをフュージョンさせたような男。
ヘタレ系ながら、男気を見せるといった、ヘタレの星的存在です。
どうしようもない兄モーとのやりとりも面白く、脇を固めるキャラたちの多彩さも正解。
ヒロイン的存在のテスより、気が強い美人警官キムの方が魅力的です。
SPの真木よう子さんインオランダみたいな!?

Zq3

ギャグのセンスも感じられ、私的にはほぼ満足といったところ。
ゾンビメイクも、コメディでは許せる水準。
ガトリングガンでゾンビ撃ちまくりの葬快感や、単調では終わらない展開など、作りは結構練られています。

Zq7

何といっても、私的にはキムが一推し。
外見もそうですが、ラスト近くの格闘に味があります。
ギャグのセンスが合わなければしょうがありませんが、私的には観て良かった作品でした。

Zq9

|

« 本日の映画 『オゾンビ』 | トップページ | 本日の映画 『アックス・ジャイアント』 »

ホラー映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『オゾンビ』 | トップページ | 本日の映画 『アックス・ジャイアント』 »