« 本日の映画 『デッドリーウィークエンド』 | トップページ | 本日の映画 『ザ・ウォード 感染病棟』 »

2014年2月 9日 (日)

本日の映画 『BEFORE DAWN ビフォア・ドーン』

『BEFORE DAWN ビフォア・ドーン』
2012年 イギリス 監督:ドミニク・ブラント 

*本記事はグロテスクな表現を含みます

Bd1

東京では記録的な大雪らしいですね。
引っ越ししなければ、月曜日の出勤が憂鬱になったに違いありません。
しかし、こちらは雪が降っていない!
やっぱ、静岡は暖かいんだなぁ。

さて、転勤決定以来ようやく落ち着いて休める土日がやってきました。
未鑑賞のヘタレ映画を消化するとしましょうか!!

Bd4

本作は、何かのイントロにてゾンビ映画らしいことだけが分かっていました。
最低限の事前情報で映画を鑑賞した方が、緊張感あって良いデス。

物語の舞台は、おそらくイギリスのどこかでしょう。
子供たちを祖母に預け、夫婦水入らずの旅行に出掛ける中年夫婦アレックスとメグ。
仲が良いのかと思いきや、どうにも不穏な空気が漂います。
この後、じっくり30分くらいかけて、二人の微妙な関係は丁寧に描かれていきます。
気の短い人、じれったいでしょうね。

この旅行、どうやらアレックスの発案らしいです。
俺は無職だが、夫であり、一家の大黒柱でありたい。
でも現実は、奥さんに喰わせてもらっている。
奥さんはキャリア・ウーマンで、日々仕事に明け暮れている。
ここらで昔のような仲の良い夫婦関係を取り戻したい。
そのような思惑がプンプンです。

Bd2

しかし、奥さんは乗り気ではありません。
彼女の心は、既に離れてしまっていたのでしょう。
せっかくの旅行も、寝室は別々。
一人寂しくソファーで寝る夫。

一夜が明けて、奥さんは朝のジョギング。
田舎の風景を満喫します。
ところが前方に怪しい男。
ワー。
ウォー。
絶叫しながら、奥さん目がけて全力疾走する血まみれの男。
奥さん、ビックリ。
こちらも全力で逃げます。

Bd3




ようやく男を振り切った奥さん。
その際、傷を負ってしまいました。
からくも別荘に戻るものの、気分がすぐれずにダウン。
心配する夫・アレックス。
倉庫に行ったら、怪物のような男に遭遇しちまいました。

Bd8

何だ、ありゃ!!
驚きと恐怖で動揺冷めやらぬアレックス。
そしたら、奥さんにも同様の変化が……。
やがて、アレックスは知ってしまいます。
世界の終わりが近付いていることを。

Bd7




てな感じの内容でした。
失いつつある愛を、必死で取り戻そうとする中年男アレックス。
奥さんゾンビ化しちゃうのですが、元に戻そうとする行動が悲哀であり、はたまた笑いを誘います。
このあたり、素直な人は一種の感動を覚えるかもしれません。
しかし、私のようにヒネた人間には、あまりにクサイ演出で、滑稽に思えてしまいます。
誤解のないように言っておきますと、本作はコメディではありません。

Bd5



本作が低予算であることは明白。
しかし、俳優さんの演技や特殊メイクに手抜きはありません。
スケールだけが小さいといえるでしょう。
ゾンビとの戦いも、真面目ながら微妙な滑稽さが滲み出て、意外とインパクトあります。

ヒネた視線でみれば、ラストは大爆笑。
ヒネてなければ、適度な余韻を残します。
人によっては、感動すら覚えるかもしれません。

少量ですが悪くないゴア描写。
頑張っているゾンビ・メイク。
何より、頭抱えて困窮するダメ夫の見事な演技。
私的には、好印象の作品です。

派手なエンターテイメントを求める方には不向きかもしれません。



 

|

« 本日の映画 『デッドリーウィークエンド』 | トップページ | 本日の映画 『ザ・ウォード 感染病棟』 »

ホラー映画」カテゴリの記事

コメント

こんにちはhappy01
静岡にいらっしゃるですね☆
伊豆が近くて羨ましいです。昔浜松の田舎に放浪した時にスーパー?で何故かガンタンクのプラモデルが売ってたので買った記憶が(笑)。
ホラーで中年夫婦が仲を取り戻そうとするシチュエーションは多いですよね。この映画は私も根拠は無いですが笑いそうです(笑)。

投稿: スティッチ☆ | 2014年2月10日 (月) 11時27分

こんばんは( ´ ▽ ` )ノ
静岡良いですねえ。此方は玄関出て一歩踏み出したら膝上までズッポリでした。東京w

ちょっと前に流行ってたCARGO思い出しました(*ノ Д`)ノ内容全く違う上に彼方はショートフィルムですが(笑)

もう、ヒネ過ぎてて自分で自分が面倒臭いです(  ̄▽ ̄) 以前はディズニー映画で感動出来る女子に本気で憧れてました(笑) 諦めましたがw

投稿: カツテキ | 2014年2月10日 (月) 22時23分

スティッチさん・カツテキさんhappy01

いつもコメントありがとうございます。
静岡に来て良いところは、やはり富士山が近いsign03
出勤途中に眺めることができるので、不思議な気分ですよ。

本作は、外見はちょっと怪しい夫が、どん底に落とされていく話です。
笑えたら、ヒネた性格と認定しましょうcoldsweats01

投稿: 怪奇伯爵 | 2014年2月11日 (火) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『デッドリーウィークエンド』 | トップページ | 本日の映画 『ザ・ウォード 感染病棟』 »