« 本日の映画 『BEFORE DAWN ビフォア・ドーン』 | トップページ | 本日の映画 『パイレーツ・オブ・ゾンビ』 »

2014年2月23日 (日)

本日の映画 『ザ・ウォード 感染病棟』

『ザ・ウォード 感染病棟』
2013年 アメリカ 監督:マイケル・ラスムッセン

Wd1


『ザ・ウォード』と聞けば、2010年製作ジョン・カペ監督作品が真っ先に思い浮かびますね。
本作のタイトルもほぼ同じに聞こえるのですが、むこうは『監禁病棟』で、こちらは『感染病棟』ですから~。
またメーカーさんが勝手につけた邦題でしょうが、ジョン・カペ監督作の脚本家の一人が本作の監督さんという、スライスチーズ並みの関連性があるらしいです。
少ない材料で最大限のアピールを。
ヘタレ作品から人生を学ぼう、オーイェイsign03

Wd2

さて、本作。
新米脚本家らしきクリスが、ホラー映画の撮影現場を訪問。
自分の脚本が作品化されるということで、意気揚々と現場を視察します。

ロケ現場は、6年前まで精神科の病棟として使われていた建物。
荒み具合が素晴らしく、ホラー映画にはベストマッチング。
幽霊屋敷感バリバリで、作品のつかみとしても申し分ない感じです。
ちょいと我儘系の女優や、変人系のスタッフなども出現しますが、B級ホラー作品だから贅沢は言えません。

Wd5

撮影に興味津々のクリス。
しかし、何故か小さなトラブルが続いて撮影は難航。
徐々に撮影隊に不穏な空気が漂い始めました。

撮影の中断が続き、クリスの知らないところでヤバい事件が起きています。
そんな中、クリスは建物の過去にまつわる話を耳にします。
壁に掛けられた院長の肖像画。
どうやら彼は、奥さんと子供を溺死させ、自分も自殺したらしい。
患者にも、何か特殊な治療を施していた……。

やがて、病棟内は不穏な空気が充満し、一人また一人と暗黒の世界に足を踏み入れるのでした。

Wd3




題材や最初の雰囲気は、かなり好みです。
しかしながら、ジワジワと雰囲気を盛り上げつつも、それが爆発しません。
言ってみれば、『スカシ』を多用しすぎ。
前半スカして中盤から直球であれば、かなり効果が違ったことでしょう。
この直球こそ、大半のホラーマニアが求める真髄だと思うのですが、製作側の意図は違うようですね。

Wd4

結局、いわくつき院長の描き方も相当ストレス溜まりますし、重要と思しき過去譚もおざなり。
雰囲気だけで勝負するには、キツイでしょう。

色気も全く無しとは言い切れませんが、これも間接的。
雰囲気フェチなるジャンルがあるならば、闇の中のレイチェル・ナース仕様・不二子ちゃん風開襟姿が辛うじて引っかかるでしょう。

Wd6

実は『カジノ・ゾンビ』で注目の、エバレナ・マリー嬢目当てで鑑賞したのですが、正直なところ存在感が薄すぎ。
エバレナ・ファンは、膝を落としてしまうかもしれません。

|

« 本日の映画 『BEFORE DAWN ビフォア・ドーン』 | トップページ | 本日の映画 『パイレーツ・オブ・ゾンビ』 »

ホラー映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『BEFORE DAWN ビフォア・ドーン』 | トップページ | 本日の映画 『パイレーツ・オブ・ゾンビ』 »