« 本日の映画 『花都大戦 ツインズ・エフェクトⅡ』 | トップページ | 本日の映画 『デス・マングローヴ ゾンビ沼』 »

2013年7月21日 (日)

本日の映画 『少林寺秘棍房』

『少林寺秘棍房』
1983年 香港 監督:ラウ・カーリョン 主演:リュー・チャーフィー

Sh12

時々、80年代カンフー映画が観たくてたまらない時がある。
ジャッキー派だったため、ジャッキーだけを観れば良いと思っていた。
しかし、カンフースターは、他にも大勢いる。
彼らの技は、どうなのか。
隠れた名作は、あるのか。
マニアの風が、私の体を通り抜ける。
そうだ、カンフーだよ、おっかさん!

Sh2

宋国のヨンとポン・メイは、共に皇帝に仕える身。
しかし、ヨン家の手柄に嫉妬していたポン・メイ将軍はタタールのイム王と通じ、金沙灘の戦いで罠を仕掛ける。
生き残ったのは五男のンロンと六男のロッロンだが、ンロンは行方不明となった。
なんとか家に辿りついたロッロンだが、あまりのショックに精神に異常をきたしていた。
ヨン家はロッロンの回復を待って、ポン・メイの悪事を朝廷に申し出るつもりだった。
しかし、ポン・メイは、ヨン家の二人の兄弟の命を執拗に狙う。

Sh3




一方、行方不明だったンロンの姿は、五台山にあった。
復讐に燃えていたンロンだったが、猟師が命がけで助けてくれたことをきっかけに、仏門に入って修業したいと思うようになった。
何度も拒絶されながらも、どうにか寺で生活を送るようになったンロン。
しかし、ポン・メイの追手は、すぐ傍まで迫る。
楊家の娘バッムイが捕えられ、ンロンは戒律を破って単身ポン・メイのもとに向かう。

Sh8
バッムイ役ベティ・ウェイ 大活躍!!!

さて、主人公のヨン・ンロン。漢字で書くと楊 五郎。この楊家の兄弟は、長男から一郎・二郎・三郎……と名がついているのです。日本人にも親しみやすい名前ですね。
この五郎を演じるのが、『少林寺三十六房』でブレイクしたリュー・チャーフィーです。
実はロッロン(六郎)にアレクサンダー・フーシェンがキャスティングされているのですが、彼は撮影中に事故に遭い亡くなりました。
そのためか、ラストで兄と一緒に闘うという感動的な展開ができなくなりました。
なんとも残念な話です。
しかし、棒術に興味がある人にとっては、かなり見応えのある作品といえるでしょう。

Sh9

本作は、あまりコミカルなシーンはありません。
父と兄を殺された復讐劇ですから当然ですが、やはり80年代香港ショウ・ブラザーズならではの独特さが混入しています。

たとえば、五郎が修業する(といっても、修業シーンは殆ど無し)『狼牙棒房』をみてみましょう。狼を模した木の人形(木狼?)に、棍棒を打ち込んで技を磨きます。
これは、僧が狼と闘う時を想定したもの。狼の奥歯を砕くことが目的で、殺生はしないという理念に基づいています。奥歯を砕かれれば、二度と狼はやってこない。命をとるまでもないという教えですね。
実はコレ、ラストへの伏線なのです。敵のザコキャラを倒す時、主人公らは歯を狙うのです。棍棒を歯に押し込んだり、叩きつけたり。折れた歯が、棍棒にそのまま残るという描写もあります。うへぇ。

Sh11
棺桶積み重ねた舞台は、アイデア賞もの

さらに、一カンフー映画としてはスプラッター度も高い。
割れた竹を叩きつけたり、体を突き抜けたり。
大刀で肉が削げてビローン。
それをみたンロンがちょっとビックリする表情が印象的。
それでも怒涛の攻撃で、相手は棺桶に頭から突っ込みましたけど。

ンロンの性格も、理解レベルを超えています。
寺で入門を願い出た割に、態度が上から目線。
『剃髪しろ~』
『修業させろ~』
的な発言で、周囲を困らせます。
寺が受け入れを拒否すると、自ら血だらけ剃髪と根性焼印。
僧たちもビックリの破天荒な行動。
私的にも、決して忘れられぬシーンでした。
たぶん、名作だわ、これ。

Sh6

Sh5
こいつは、熱いぜ!!

|

« 本日の映画 『花都大戦 ツインズ・エフェクトⅡ』 | トップページ | 本日の映画 『デス・マングローヴ ゾンビ沼』 »

格闘映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんはhappy01
いつもイイね等ありがとうございます☆
リュー・チャーフィーは味のある顔で中々良いですよね(笑)。
少林寺系映画は突如「終劇」となる、あのあっさりとした終わり方が好きですw。

投稿: スティッチ☆ | 2013年7月25日 (木) 20時58分

スティッチ☆様

こちらこそ、いつもありがとうございます。
ブログで取り上げる作品をみるかぎり、同じような趣味の方だと親近感を持たせていただいてます。
コメントいただき、嬉しく思います。

リュー・チャーフィーほど坊主頭が似合う人はいないですねhappy01
凛々しさもあって、イケ面少林僧タイトル間違いなし!?

『終劇』も、おっしゃるとおり。
余韻も考えず、強制終了みたいな感じです。
これはこれで、味がありますけどcoldsweats01

投稿: 怪奇伯爵 | 2013年7月25日 (木) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『花都大戦 ツインズ・エフェクトⅡ』 | トップページ | 本日の映画 『デス・マングローヴ ゾンビ沼』 »