« 本日の映画 『ハウス・オブ・ブラッド』 | トップページ | 本日の映画 『ゾンビ4』 »

2013年5月25日 (土)

本日の映画 『口裂け女リターンズ』

『口裂け女リターンズ』
2012年 日本 監督:山本淳一

*本記事は、グロテスクな表現を含んでいます

Ko4

私の人生で最も怖い噂話といえば、『口裂け女』です。
噂が立ったと思ったら、それは瞬く間に広がりました。
確か、友達と一緒のときに母親にその話をした覚えがあります。
そうしたら、母と喋っていた近所の叔母さんが『そういう人(口が裂けている人)は本当にこの近所に住んでいるよ』って言ったのです。
それを聞いた私は、楳津漫画ばりに『ぎゃっ!!』と声を上げたのでした。
今思えば、あの叔母ちゃんの軽はずみな発言が憎らしい……。

Ko3

さて、本作のストーリーを簡単に説明すると、民俗学を大学で学んでいる女子大生が友達を連れ立って山奥の寒村を訪れます。
なんでも、その村には縄文時代から続く秘祭があるそうで、その見学に来たのですね。
4名の女子大生グループは、無邪気に田舎の雰囲気を楽しんでいますが、宿泊先の主人の態度がどことなく怪しい。
夜を迎え、一人眠れぬ愛理ちゃん。
何やら物音がして、様子を窺う。
すると、村人が集まって、物騒な相談をしているじゃありませんか!!
ヤバイよ、これッ!
そう思ったのも束の間、愛理ちゃんは村人に発見されます。

Ko8




一人逃げ出した愛理ちゃんは、村人の追跡を逃れるためにある建物に侵入。
そこには、異様な少女が幽閉されていた。
もしかして、この人が生神様!?
日中に聞いた村人の噂を思い返す愛理ちゃん。
鎖に繋がれた生神様の姿はあまりに痛々しく、不憫に思った愛理ちゃんはそれを外してしまう。
愛理ちゃんは、知らなかった。
生神の本当の姿を。
そして、この先に待ち受ける自分たちの運命を!!

Ko10

正直申し上げれば、手放しに面白い作品とは口が裂けても言えませんcoldsweats01
低予算バレバレですし、設定にもユルい部分が多々見受けられます。
『口裂け女』の続編として期待した方などは、拳を振り上げて怒るかもしれませんね。
私的に一番気になった点は、村人たちの演技です。
わざとコミカルにしているのか、気負い過ぎているのか。
どちらにしろ、観客の期待する雰囲気にはマッチしていません。
それに、生神使いというキャラクターも嘘臭く、本来リアリティを出さねばいけない部分を自ら破壊してしまっています。

Ko9

しかしながら、私的には口裂け女のビジュアルは及第点であり、それを土俗的な設定に置いたアイデアも面白いと思います。
より多くの観客を獲得するための策であったのでしょうが、『口裂け女』と冠してしまったのは得策とはいえないかもしれません。

他にも、どうしても気になる点があります。
それは生神使いと呼ばれるキャラの登場。
設定やビジュアル、演技を含め、かなり興醒め。
暴走する生神を停めるアイデアは、他に幾らでもありそうなので、もうちょっと工夫が欲しかったですね。
そもそも、神が人間に制御されるなんて、おかしいでしょ。

マイナス面を書き連ねましたが、嫌いな作品ではありません。
もう少しの工夫で雰囲気は上がりますし、怪物的キャラはウェルカム。
どちらかといえば、人間的な怖さを強調することがホラーの真髄と勘違いしている世間一般に対し、ファンタジックな化物ホラーのジャンルを確立できる土壌が必要だと思っています。
そういう意味で、本作のような作品が増えてくれることを期待します。

最後に、本作のラストに触れます。
これは、なかなか考えたなあという印象。
ある程度の余韻も残しています。
私的には、もっと悲愴にした方が好印象でしたが……。
ちょっと整合性に欠ける部分などもありますが、和製ホラーとしては努力している方ではないでしょうか。

Ko7

|

« 本日の映画 『ハウス・オブ・ブラッド』 | トップページ | 本日の映画 『ゾンビ4』 »

ホラー映画」カテゴリの記事

コメント

B級感たっぷりですが

それなりに面白そうですね(๑≧౪≦)

投稿: ジョニー・タピア | 2013年5月26日 (日) 05時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『ハウス・オブ・ブラッド』 | トップページ | 本日の映画 『ゾンビ4』 »