« 本日の映画 『ミート・オブ・ザ・デッド』 | トップページ | 本日の映画 『パラサイト・クイーン』 »

2013年4月29日 (月)

本日の映画 『サマーキャンプ・インフェルノ (SLEEPAWAY CAMP)』

『サマーキャンプ・インフェルノ (SLEEPAWAY CAMP)』
1983年 アメリカ 監督:ロバート・ヒルツィック

*本記事はグロテスクな表現を含んでいます

001


Sc7


キャンプ場が舞台のホラー映画は、数知れず。
無性にキャンプ・ホラーが観たくなる時があります。
『13日の金曜日』あたりは超がつくほど有名ですが、本作は劇場公開もされず、80年代ホラーブームのあおりを受けてビデオ化。
マニアの間では、伝説的作品らしいのですが……。
はてさて、その真相はいかに。

Sc5

湖のほとりにあるキャンプ場。
水上スキーに興じる若者たち。
一方で、アンジェラと兄、そして父親の三人がボート遊び。
女の子に運転を変わったジェット・ボートは、アンジェラたち目指してまっしぐら。
オーマイガーッとかやってるうちに、ボートは接触。
アンジェラだけが生き残った。

Sc8


舞台は8年後。
叔母の家に引き取られたアンジェラは、いとこのリッキーとともにサマー・キャンプに参加。
リッキーは溌剌とした少年だが、トラウマのあるアンジェラは乗り気でない。
キャンプ場でも誰とも話さず、女王様キャラのジュディーなどから嫌がらせを受けてしまう。
その都度、リッキーはアンジェラを助けていたが、リッキーの友人であるポールが接近。
アンジェラも次第に打ち解けるようになった。

Sc6

アンジェラが楽しそうにしている姿を目にしたジュディー。
持ち前の意地悪さを発揮し、指導員をたきつけたり、ポールを誘惑したりして、アンジェラを孤立させる。
ところが、アンジェラに不利益な人間には、次々と不幸なことが発生。
ついには命を落とす者まで現れた。
夜のキャンプ場で繰り広げられる殺人劇。
はたして、その犯人とは?

Sc4

正直にいえば、スプラッター度はかなり低い殺しの手口です。
巨大鍋の煮え湯をかぶったり、便所の鍵を閉められて蜂の巣を放り込まれたり。
ナイフや弓矢、ドライヤーなんてのもありますが、所詮は80年代。
これらの描写は、現代ではウケないでしょう。

俳優さんも幼く、本当に子供といった感じです。
それでもキスしたり、ポール君はその先を求めたりします。
もちろん、アンジェラは拒むのですが、これには重要なファクターが隠されています。
あまりに唐突に挿入される過去のエピソードによって、物語は複雑かつ先の読めぬ展開になっていきます。

そして迎えた伝説のラスト。
少しというか、かなり怖いです。
この『怖い』には、いろんな意味が含まれます。
そしてエンディングまでのバランスの妙。
小さいころに本作と出会っていたら、トラウマになったかもしれません。
マニアとなった現在の私は、恐怖を感じつつも涙が出るほどの爆笑の渦に飲み込まれました。
キャンプ指導員の驚愕の表情。
ボソリと吐き出される台詞の内容とタイミング。
犯人の描写。
月明かり照らし出される○○○。
エンディングの曲までが、想像を絶する余韻となって押し寄せます。

もし、本作をアメリカの劇場で観ていたら?
周囲の反応が気になって、それだけでワクワクしますね。

Sc11


Sc10

Sc3_2
余談ですが、劇中に出てくるゲームです。
コレ、持ってました。アメリカにもあったんだなぁ

|

« 本日の映画 『ミート・オブ・ザ・デッド』 | トップページ | 本日の映画 『パラサイト・クイーン』 »

ホラー映画 レア」カテゴリの記事

コメント

『バーニングムーン』と言い、本作と言い、めちゃくちゃ懐かしいですねぇ。
DVD化してるんでしょうか?

本作はラストのあの映像が全てですよね(笑)
○○毛ボーボーにひっくり返りました。
リメイクしてもヒロイン役を引き受ける若手の女優さんもいないでしょうねぇ(*^m^*)

投稿: AVANZSUR | 2013年5月 5日 (日) 23時47分

AVANZSURさん
いつもコメントありがとうございます。
本作を記憶しているとは、さすがですねhappy02
『バーニング~』も本作も、日本ではDVDリリースされていないようですね。
本作は続編がパート4まで作られているようで、海外でDVDリリースされています。

投稿: 怪奇伯爵 | 2013年5月 6日 (月) 01時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『ミート・オブ・ザ・デッド』 | トップページ | 本日の映画 『パラサイト・クイーン』 »