« 本日の映画 『バーニング・ムーン』 その1 | トップページ | 本日の映画 『バリケード』 »

2013年2月18日 (月)

本日の映画 『バーニングムーン』 その② 

『バーニングムーン』 その② 
1992年 ドイツ 監督:オラフ・イッテンバッハ

*本記事は、かなりグロテスクな表現を含んでいます。

Bm3

前記事からの続きです。
ろくでなしのピーターがラリって、妹にトンデモない話を聞かせる本作。
正直言えば、前半は予想以上のインパクトはありません。
製作年を考慮すれば凄いのですが、もはや過去の遺物……。
なんて思っていたら、後半にやってくれました。

Bm1


その② 『THE PURITY』

とある田舎の村。
女性が暴行され、殺される事件が続発。
その犯人はなんと神父のラルフだったが、誰もその正体を見抜けない。
疑いの目は、村の嫌われ者ヨストスに向けられていた。
度重なる事件に、一部の村人たちは激怒する。

神父は、心の中で葛藤していた。
神を信じる心と、悪魔を崇拝する心。
聖職者として、ヨストスの立場を守るのも神父の役目だった。
何故、殺人を犯してしまうのか。
葛藤の果てに見出した答えは、自らの命を絶つことだけだった。

Bm2


こうして神父は自殺したが、村人は彼が犯人だとは分からなかった。
怒りは頂点に達し、金でヨストス殺しを依頼する。
哀れなヨストスは、命を奪われた。

Bm5

大地に横たわるヨストスの死体に、どこからともなくラルフ神父の声が語りかける。
その無念さを晴らすのだ~ッ!!
ヨストスはゾンビのごとく復活し、自分を殺した村人の家に向かう。
家に入って襲うのかと思いきや、なんと外壁に悪魔の数字『666』を自らの血で描いた。
これが地獄の復讐の始まりだった。

村人は地獄の映像をまざまざと見せつけられ、恐怖度120%の体験を強いられる。
地獄の門番に、ゆっくりと解体される肉体。
その果てにあるものは……

Bm6

これで、2つ目のエピソードが終了。
血なまぐさい話を二つも聞かされた妹が不憫でなりません。
そして、本作はますます後味の悪いエンディングへと貴方を誘うのです。
ちなみに、人相の悪いピーターが、オラフ・イッテンバッハ監督その人ですね。

さて、本エピソード。
最初は笑って観てました。
メガネかけて、デブでハゲで口髭マリオな神父だったからです。
緊張感が薄れるなあと思っていたのですが、後半はビックリ!!
トンデモな地獄絵図が描写されていました。
ルチオ・フルチ監督作品で、神父が自殺して地獄門が開くという設定はありましたが、それと似ていますね。
ところが、フルチ監督以上にグチョグチョな世界が展開。
生首を二つ、首から下げる女。
いたるところで繰り広げられる、ゾンビの人食いシーン。
チギレかけた足で歩く松葉づえの人物。
なんだかよく分からないキャラも登場し、歯をドリルで砕いたり、究極の股裂きまで飛び出します。
作品としての評価は別として、アイデアとパワーはぶっ飛んでいます。
やはり、伝説的作品といえるでしょう。

Bm7

ちなみに、何故ラルフ神父がこのような人物になってしまったのか?
それは、彼の子供時代のエピソードとして描かれています。

父親から、お前は神父になるのだよと言われ、十字架に祈りを捧げるラルフ少年。
そしたら、突然天候が崩れ、十字架のキリストがヘンテコな動物に変化。
巨大な怪物なんかも出てきて、ローブを纏った女性から奇妙な本を渡される。
その本はどうやら悪魔の書で、以後彼を神とは反対の道に歩ませるものだった。
つまり、彼は偶然に悪魔に魅入られてしまったということらしく、必然性を不要としたストーリーに踊らされたというわけ。
うーん、どうでしょう?

Bm4

|

« 本日の映画 『バーニング・ムーン』 その1 | トップページ | 本日の映画 『バリケード』 »

ホラー映画 レア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『バーニング・ムーン』 その1 | トップページ | 本日の映画 『バリケード』 »