« ゆく年くる年 怪奇伯爵の抱負 2013年 | トップページ | 本日の映画 『龍陣 ~ 覇拳の掟 ~ 』 »

2013年1月 3日 (木)

本日の映画 『BLOOD NIGHT』

『BLOOD NIGHT』
2009年 アメリカ 監督:FRANK SABATELLA
*本記事は、グロテスクな画像・表現を含みます

022


新春一発目に選択したのは、おそらく日本版は発売されていない『BLOOD NIGHT』です。
こんなん正月から観て、しかもレビューまで書いて、実際どうよ!!なんて声が聞こえてきそうですが、観てしまったものはしょうがない。
ホラーマニアにクリスマスも正月も関係なし。
シャウト・ザ・ギニーピッグッ!!

Bn7

1978年ニューヨーク・ロングアイランド。
12歳の少女メアリー。
動機が不明だが、家族を鋏や斧で惨殺。
キングスパーク精神病院に送還される。

Bn1

そして、運命の1989年。
23歳になったメアリーだったが、依然と施設に拘束されていた。
ある夜、漫画に出てくるようなキモいファットマン看守に暴行され、やがて妊娠。
出産は困難を極め、メアリーは子供が死産だったと聞かされる。
しかし、メアリーは、その言葉を信じなかった。
不祥事がバレないよう、病院の隠蔽工作によって赤子が葬られた可能性もある。
ドギャーン。
メアリーの中に再び駆け巡る殺意。
看護婦の首を180度回転させ、素手で殺戮の限りを尽くす。
病院、憎し。
ミナ、ホロビテシマエ!!

たちまち地獄絵図と化す病院。
そこへ警官が、駆けつけた。
全裸で生首持って歩くメアリー。
警官は銃を構え、停止するように忠告。
しかし、メアリーは生首を投げつけて応戦。
こうして、メアリーは射殺された。

Bn4

そして、現代。
メアリーの命日はブラッド・ナイトと称され、なぜかハロウィンのようなお祭りムードを漂わす。
若者たちはメアリーのお面(額に銃弾の穴)を被ったり、赤いペンキで人の家の壁を汚したり、はたまた住民に生卵をぶつけるという迷惑千万なイベントなのであった。
そして、メインとなる若者集団。
メアリーの墓の前に集結し、酒盛りを始めた。
そして、こともあろうにウィジャ・ボード(日本でいう『こっくりさん』に使う道具。霊との交信に使用)まで持ち出して、メアリーの霊を挑発する。

Bn5_2



に戻った若者集団。
仕上げとばかりに乱痴気パーティー。
しかし、死の影は明らかに近づいていた。
無惨な死を遂げる若者たち。
メアリーの霊が、再び血を求めて蘇ったのか。
それとも……。

Bn6

雰囲気や作りは80年代ホラーっぽいです。
13日の金曜日パターンといったところでしょうか?
若者たちの馬鹿っぷりも、かなりレベル高いです。
残念なのは、若者たちのハウス・パーティーの描写が長いこと。
くだらなさの極地ですが、一向に終わらない。
『アタック・ザ・キラートマト』と書かれたフィルムを見つけて上映したら、なんとポルノ映画。
それでも若者たちは大はしゃぎ。
女の子なんか、ストリップ始めちゃいます。
早く死ね~なんて思っちゃいけませんが、死なねばホラーじゃない。
そこのところ、よろしく。

どうにも解せないのは、23歳のメアリーは常に全裸なんです。
ホワ~イ、全裸。
ひょっとしたら、『スペース・バンパイア』へのオマージュなのでしょうか?
ちなみに、重要な役でダニエル・ハリスちゃんが出演。
最近では、『ステイク・ランド』で主人公が中盤に出逢う女性(ケリー・マクギリスではないよ!)役が記憶に新しいですが、『ハッチェットⅡ&Ⅲ』『ハロウィン4&5』などホラー作品で多々ご活躍の様子。
マニアには嬉しい存在ですね。

Bn3

 

|

« ゆく年くる年 怪奇伯爵の抱負 2013年 | トップページ | 本日の映画 『龍陣 ~ 覇拳の掟 ~ 』 »

ホラー映画 レア」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます!

新年一発目を飾るにふさわしい(!)”こんな作品あったんだ”と思わずにいられない作品レビュー。

思わずうなってしまいました。(*^.^*)

それにしてもダニエル・ハリス嬢はデビュー作がその後の役者人生を決定付けたかのような出演履歴ですね。

路線は違いますが、アンナ・ファリス嬢を思い浮かべてしまいました。(笑)

投稿: 伝衛門 | 2013年1月 6日 (日) 22時10分

伝衛門さん!
あけましておめでとうございますhappy01
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
本年もよろしくお願いします。

本作のダニエル嬢には、私もビックリです。
結構、ホラーに出演していたのですね。
別の作品もチェックしなくては!!

投稿: 怪奇伯爵 | 2013年1月 7日 (月) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゆく年くる年 怪奇伯爵の抱負 2013年 | トップページ | 本日の映画 『龍陣 ~ 覇拳の掟 ~ 』 »