« 本日の映画『ザ・キャット』 | トップページ | 本日の映画 『ヒドゥン』 »

2012年11月18日 (日)

本日の映画 『ベスト・オブ・ザ・ベスト2 帝王伝説』

『ベスト・オブ・ザ・ベスト2 帝王伝説』
1992年 アメリカ 監督:ROBERT RADLER 主演:フィリップ・リー

Bob5

本ブログでも本作の一作目を紹介しましたが、USA対韓国5対5の空手対抗戦だった前作の続編です。
一応、正統なる続編なのですが、前回のスポ根色は薄らぎ、娯楽色の強い作品へと様変わり。
相変わらず、フィリップ・リーの蹴り技が冴えます。

Bob4

韓国戦を終えたUSAナッショナル空手チーム。
アレックス・トミー・トラビスの3名は、共同で空手道場を経営。
アレックスの息子ウォルターも所属し、順風満帆な生活を送っていた。

しかし、テキサスの荒くれボーイ・トラビスは金と刺激を求め、ラスベガスで行われている闇の格闘賭博試合『ザ・コロシアム』に参戦する。
初戦は善戦したトラビスだったが、次の相手に帝王ブラカスを指名。
自信満々で臨んだ試合だったが、ブラカスの圧倒的なパワーの前に敗退。
しかも、ウォルターの目前で抹殺されてしまうのだった

Bob1

ウォルターの報告で、アレックスとトミーは『ザ・コロシアム』に殴り込み。
その時は、トラビスの遺体が確認できなかったが、後日無惨な姿で発見された。
ブラカスも黙ってはいない。
手下を送り込み、ウォルターを狙う。
危険を察知したトミーらは、昔彼が世話になった家に身を隠す。
しかし、それも束の間、手下どもに発見され、いとこのジェームズは銃殺される。

手下どもに拉致されたトミー。
彼はブラカスの策略で、『ザ・コロシアム』に参戦させられることになった。
技巧派トミーの蹴りが、対戦相手を次々となぎ倒す。
やがて訪れるブラカスとの対戦。
トミーの怒りが爆発する

Bob2_2


全く普通の娯楽格闘映画へと作風はチェインジ。
それでも、当時は夢中になって観たものです。
トミーことフィリップ・リーの動きが速く、きれいな蹴りを放ちます。
三段蹴りなんかもあって、映画として魅せる技を持っています。
ベースはテコンドーですね。当時は気付かなかった。

アレックス(エリック・ロバーツ)も健在ですが、格闘シーンは少なめ。
フィリップ・リーに比重が完全シフト。
まあ、フィリップはプロデューサーの一人なので、当然ですね。
ブラカス戦までに、トミーは3回試合をします。
対戦相手は、キック・ボクサー、ローマ格闘士風、中国ヌンチャク男。
スピードもなかなかのものですが、ブラカスはノロい。
パワー対スピードという、一歩VS宮田(『はじめの一歩より)のような展開ですが、それなりに楽しめます。

トミーの渾身の蹴りを喰らった時のブラカスの顔は、特殊メイクまで施しています。
ゴムのようにビビビ~ンと揺れて、インパクト大!
キャッチーなメロディのテーマ曲も効果的で、B級ならではの魅力を備えた作品だといえます。

Bob6

|

« 本日の映画『ザ・キャット』 | トップページ | 本日の映画 『ヒドゥン』 »

格闘映画 レア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画『ザ・キャット』 | トップページ | 本日の映画 『ヒドゥン』 »