« 本日の映画 『ゾンビ大陸アフリカン』 | トップページ | 本日の映画 『ウェイク・ウッド ~蘇りの森~』 »

2012年10月11日 (木)

本日の映画 『REC:レック/ザ・クアランティン2 ターミナルの惨劇』

『REC:レック/ザ・クアランティン2 ターミナルの惨劇』
2011年 アメリカ 監督:ジョン・ボーグ 86分

Rc1


『REC:レック』といえば、スペインのPOVホラーで大ヒットした作品。
それをハリウッドでリメイクしたのが『レック/ザ・クアランティン』。
これは、オリジナルとほぼ同じ内容です。
あまりに変更が無さすぎて、リメイクとしての価値は疑問でした。
更に、オリジナルの続編である『REC2』は私の好きなオカルトに傾倒。
さて本作は、どのような展開を見せるのでしょうか?

Rc2

少数の乗客を乗せた小型旅客機TS318便。
CAのジェニーとポーラは、二人で機内サービスの業務をこなしていた。
だが、途中まで順調だったフライトは一変。
ひでぶの男に異常が見られ、やがて凶暴化。
乗客の助けもあって、ひでぶを拘束する。
しかし、ひでぶがポーラに咬みつき、彼女は重傷を負った。
機長が管制に連絡し、着陸の指示が出る。

Rc3


どうにか着陸したTS318便だったが、空港の様子がおかしい。
乗客らは指示を待たずに機外へと出るが、ターミナルは封鎖されていることに気付く。
そこへ警察官からのアナウンスが入り、乗客らは自分らが隔離されたことを知る。
未知なる感染への恐怖。
乗客らは必死の逃走を試みるが、感染者は次第に数を増していくのだった。

Rc4

オリジナルの続編(『REC2』)とは違う方向に向かいました。
一応、前作と関連づけてますが、前作を観なくても問題ない作りとなっています。
感染者のメイクが簡易的なので、ビジュアル的な怖さに欠けます。
乗客たちは大半が我儘で、マナーなぞファックと思っている輩。
この映画がマナー向上に役立つことを願っています。

Rc5

さて、気になる感染について。
これは、きちんと作品内で説明しています。
違和感ありませんが、全くオリジナルなアイデアという訳でもない。
可もなく、不可もなくといったところでしょうか。
もうちょっと、感染者の描写に工夫が欲しかったですかね。

ラストは意外に良く、少年が大人の階段を昇る、青春映画を観たような気になります。
そして、最後に暗視装置に映る映像。
あれで、今回の事件の場所が特定できるのです。
続編への布石も兼ねたような、なかなか味な演出でした。

Rc6

|

« 本日の映画 『ゾンビ大陸アフリカン』 | トップページ | 本日の映画 『ウェイク・ウッド ~蘇りの森~』 »

ホラー映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『ゾンビ大陸アフリカン』 | トップページ | 本日の映画 『ウェイク・ウッド ~蘇りの森~』 »