« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日 (月)

本日の映画 『操り人間』

『操り人間』
2011年 アメリカ 監督:アンソニー・ディブラシ

Cda3

ジャケットと邦題から、安っぽいシリアル・キラーものを想像していました。
鑑賞後は、かなり印象が変わります。
そして、マイナーなネタも……。

Cda1

ヒロイン・リリーは聴覚障害を持つ学生。
バイトで美術を子供に教えている。
突然訪れた妹の死。
姉妹二人の家族だったため、リリーは失望の底に。

Cda2

立ち直りのために、リリーはフロリダ州のカサダガに移住。
そこで奨学生として美術を学び、アンダーソン家に下宿することになった。
教え子の父親で、シングルファザーのマイクと出逢い、リリーの生活は徐々に平穏を取り戻す。

ある日のこと。
マイクら友人と食事をしたリリーは、カサダガに有名な霊媒師がいることを知る。
死んだ妹のことが気にかかり、積極的に霊媒師の元を訪れたリリー。
交霊の儀式を行ったが、アクシデントにより彼女は気を失ってしまう。
その後、リリーの周囲では不可解な現象が起きるようになった。

原因を探るべく、過去の事件を調べるリリー。
行きついたのは、リリーの下宿するアンダーソン家において、過去に女子大生が行方不明になっている事実だった。
犯人と思しき人物は、一人息子のトーマス。
彼は引きこもりがちで、ほとんど接触がなかった。
リリーは、彼の留守を狙って部屋に侵入。
女子大生失踪の手掛かりを探すが……。

Cda5

予想以上に、しっかりとした作品でした。
イメージと違い、シリアル・キラーとはちょっと違います。
不満を挙げれば、犯人像の描写不足。
イカレ具合はなかなかですが、動機が漠然としています。

Cda4

この犯人、人間の四肢を切断し、切断面に金具を接着して人形のように組み立てるのです。
なかなかグロな設定ですが、映像のドぎつさはありません。
ただ、大声出して喚くので、そこは迫力あります。
こいつの正体は誰かという謎が、最後まで物語を牽引していきます。
冒頭で、ショッキングというか爆笑的な場面があって、これがクライマックスにどう繋がるかが楽しみの一つでしょう。

結局、この殺人鬼はメインではありません。
どちらかといえば、リリーを襲う怪現象に比重が傾いています。
それは、原題である『CASSADAGA』が深く関っています。
カサダガと発音するらしいのですが、これは実存する町の名。
超能力者や霊媒師が多数住んでいるらしく、スピリチュアル・タウンとして売り出し中。
面白そうなので、深城寺雪広に調査を依頼。
近日、彼のブログで補足情報を公開予定。

Cda6

| | コメント (0)

2012年10月21日 (日)

本日の映画 『ホワイト』

『ホワイト』
2011年 韓国 監督:キム・ゴック&キム・ソン 107分

Wt1

韓国のアイドルを題材にしたホラー。
出るべくして出た作品ですね~。
思い返せば、今年は『少女時代』『AFTER SCHOOL』『KARA』のMVにハマってしまったなあ。
その下地が無ければ、おそらく鑑賞しなかったと思います。

Wt2


売れないガールズ・ユニット『ピンク・ドールズ』。
ヒット曲にも恵まれず、人気も低迷。
協調性のないメンバーは、リーダーのウンジュに不満をぶつける。
そのような状況下、ウンジュは『ホワイト』というラベルが貼られたビデオを発見。
そこには名も知れぬ女性歌手の歌が録画されていた。
何かに惹かれ、その曲をリメイクした『ピンク・ドールズ』は、瞬く間に人気が上昇。
トップ・アイドルの仲間入りを果たす。

Wt3


しかしメンバー達は、それぞれがセンターを希望。
熾烈なセンター争いが勃発する。
そして、センターに抜擢された人間は、次々に不可解な事故に遭っていった。
これは何かの呪い?
ウンジュは、ビデオの歌手の過去を調査。
そこには怖ろしい怨念が隠されていた。

Wt
処刑山 デッド・スノウのジャケにクリソツな手

主演にT-ARAのハム・ウンジュン。
嫉妬や競争、いじめ、スポンサー接待と韓国芸能界のドロドロさを描いています。
画的グロさは、さすがに抑え気味。
それでも、アイドルがクレーンに吊り下げられて、衆人の目前で落下など、思い切ったシーンも用意されています。

霊的描写がもう少し欲しいところですが、クライマックスの高速スパイダー・ウォークからの急接近や、執拗なイメージショットの流し込みなど評価すべき個所もあります。
フラッシュ多用なのが、目に優しくありませんが。

Wt5

全体的に、怖いとか質が良いという作品ではありませんが、ウンジュちゃんの魅力と芸能界のタブーにチャレンジしたネタで予想以上に面白かったといえます。
余談ですが、『アイドルは汗をかかない』のCMが記憶に新しい、AFTER SCHOOLがチョイ役で出演。
『BANG』を披露しています。

Wt6

| | コメント (0)

リニューアル東京駅

先週の話になりますが、用事のついでに話題になっている東京駅を見てきました。
毎日混んでいるようですね。
接近を試みる勇気もなく、丸ビル側からズームで撮影しました。

007

009


その後、期間限定で丸の内通りに展示されているベンチ・アートを鑑賞。
写真の他にも有名人の像が点在していました。
面白い試みですね。

001
マスクド・ライダーの待ち合わせ

005
アッポォ!ジャイアント馬場の勇姿

| | コメント (0)

週末ワイン 『BARAHONDA CARRO』

 『BARAHONDA CARRO』

013

 

ようやく気温も下がり、赤ワインも飲みたくなってきました。
今回試したのは、カロというスペインのワイン。
赤のミディアム・ボディ。
輸入会社の言葉を借りるならば、『濃厚な色合い。複雑な果実味に、わずかにスパイシーなニュアンスが溶け合う』という特徴です。
ブドウの品種は、モナストレル50%、シラー35%、テンプラニーリョ8%、メルロー7%の混合。
お値段1,260円(税込)にしては、高級っぽい味を楽しめます。
今回は、明治屋さんで購入。

スペイン・バルで飲んだワインが美味しくて、安価なワインを選ぶ時はスペイン産を選んでしまいます。
今のところ、そんなにハズレはなかったですよ。

さて、今回の問題は、仕事がピークで、つまみが用意できないこと。
ワインは、先週の買い置き。
帰宅する頃には、店が既に閉店しているのです。
そういうときは、最近代用するのがカルビーの『ベジップス』。
ポテチは味が強く感じるけれど、これなら気になりません。
これにパスタとサラダだけでも、意外と楽しめます。

010

| | コメント (0)

本日の映画 『STORAGE』

『STORAGE』
2009年 オーストラリア 監督:Michael Craft 93分

Sge3

ジャケットを見ると、デーンと赤いドラム缶が配置され、その向こうに顔を隠した男が棍棒を持って接近してくるという画になっています。
レイティングで18歳以上なので、かなりゴアかと期待したのですが……。

17歳のジミーは、父親と共に映画鑑賞。
ブロンソン主演の映画です。
映画も終わり、二人は帰宅の途に。
突然、強盗が二人の前に出現。
落ち着かせようとする父を、強盗のナイフが襲う。

Sge2

目前で父を刺殺され、心の整理もつかないままのジミー。
叔父のレオナルドの申し出で、共に生活を送ることになる。
レオナルドは、貸倉庫を経営。
ジミーも、その仕事を手伝うことになった。

 

ある日、ジミーは変な音を聞き、その元を探る。
行きついたのは、フランシスという男が借りている倉庫。
この男、どうにも行動がおかしい。
ひょっとすると、死体でも隠しているのではないか?
気になって仕方のないジミーは、同僚のジアと共に不法侵入を試みる。
しかし、レオナルドに発見され、ジアは解雇された。

絶対に何かある!
ジミーの執拗な主張にレオナルドも根負けし、違法な調査が再開。
そこである物が発見され、ジミーとレオナルドはフランシスが犯罪に絡んでいるとの確信を持った。
二人はフランシスを尾行し、更なる証拠を求めて彼の自宅に潜入を試みる。
果たして、二人が辿りついた真実とは?

Sge1

ホラーといっても、クライム・サスペンスに分類できます。
レイティングの割には大したことない残酷シーンで、期待を裏切る結果となりました。
クリーチャーなども出てきません。
終わってみれば、どうにも小粒ばストーリーでした。
簡単にいえば、勘違いがとんでもない展開になってしまい、引っ込みつかねーぜ的な展開です。
そして、叔父さんが元SAS隊員というところがミソです。

Sge4


登場人物も少なく、派手さも無いというのが率直な感想。
ヒロインのジア役Sakia Burmeisterさん、スゲー美人ではないと思うのですが、なんとなーくワイルド&キュートな魅力を醸し出しています。

Sge5_2

| | コメント (0)

2012年10月15日 (月)

本日の映画 『DEMONSⅢ/THE OGRE』 

『DEMONSⅢ THE OGRE』
1988年 イタリア 監督:ランベルト・バァーヴァ 90分

004


ホラー小説コンテスト惨敗の悔しさは、ホラーで拭うべし。
ある方の励ましで、とっておきのマニア魂を披露しますよ、マジで。

かの有名なデモンズ・シリーズ。
本ブログをご覧の方は、正統な作品は1作目と2作目のみであることはご存知のはず。
そして、日本で『デモンズ3』として紹介されたのは、ミケーレ・ソアビ監督の『THE CHURCH』です。
ところが、欧米では別の作品がデモンズ3としてDVD化されていたのでした。
これは、私が自信を持って紹介するレア・ネタです。
有名だったら、すみません。

Ds33

ベストセラー作家のシェリルは、夫のトムと息子のボビーを伴ってイタリアを訪れた。
古城に滞在し、旅行と創作にいそしむシェリル。
しかし、地下室に足を踏み入れた時、彼女はその光景にデジャヴを覚える。
何故?
理解に苦しむシェリルだったが、やがて其処が幼い頃から見る悪夢の舞台と一致することに気付く。
悪夢では、地下室に魔物が誕生し、幼いシェリルの前に立ちはだかる。
それが現実となるのではないか。
次第にシェリルは恐怖に囚われるが、夫は思い過ごしだと諭す。
しかし、ボビーのベビー・シッターとして雇ったマリアが、古城内で姿を消した。
地下室には、魔物の声がこだまする。
はたして、シェリル一家の運命は……。

Ds31

『デモンズ2』でも出演したヴァージニア・ブライアントがシェリルを演じる。
地下室の天井には、繭の中にパンプキンヘッド似の怪物が出現。
これが膨れ上がると、呪いをかけられた公爵みたいなキャラに変化する。
ゴアシーンは皆無で、怪物もただ出現するだけ。
実はこれ、テレビ用の映画として作られたもの。
正式にはBrivido gialloのファースト・シーズン・エピソードⅢらしい。
IMDbにも掲載されていたが、ジャケが誤っており、デモンズ2になってしまっている。

Ds34


DVDには特典で、監督がデモンズⅢを降板したエピソードなどがランベルト自身の口から語られる映像がある。
また、本作がデモンズの正統なる続編でないことも、バッチリ言及。


Ds35


テレビ用ということで、ホラー映画としての魅力は薄い。
しかし、城の地下に汚水が溜まったプールがあって、その中に死体がゴロゴロ沈んでいるシーンは、さすがイタリーと言っておこう。

Ds37

| | コメント (0)

2012年10月14日 (日)

本日の映画 『ウェイク・ウッド ~蘇りの森~』

『ウェイク・ウッド ~蘇りの森~』
2011年 イギリス・アイルランド 監督:デヴィッド・キーティング 90分

Ww2

邦題に添えられた副題で、ホラーファンなら内容が簡単に予測できそうです。
ジャケットも、かなり地味。
キャッチ・コピーなんか、『この娘、何かおかしい!』ですよ。
危うく、スルーしそうになりました。

Ww4

パトリックは妻ルイーズと娘アリスの三人家族。
娘は可愛い盛りで、幸せな生活を送っていた。
しかし、不幸な事故が、彼らの生活を一変させる。
娘のアリスが、命を落としてしまったのだ。

心の傷を癒そうと、パトリックは転居を決意。
そこが、アイルランドの田舎村ウェイク・ウッドだった。
悲劇を忘れようと、ひたすらに獣医の仕事をこなすパトリック。
しかし、ルイーズは悲しみの淵から這いあがれずにいた。

ある夜、二人は偶然に村の儀式を目撃。
それは、死者を3日間だけ蘇らせるというものだった。
その期間で、生者は死者との未練を絶ち、正式に別れを自覚する。
夫婦は、アリスの復活を望んだ。

見事に復活したアリス。
家族は、夢のような時間を過ごす。
しかし、何かがおかしい。
見守っていた村人たちは、かつてない異変を察知するのだが……。

Ww6


イギリスの名門ハマー・フィルム製作。
どうしても、スティーヴン・キング原作の『ペット・セマタリー』と同じではないかと予測してしまいます。
しかも、オカルト題材では、刺激を求めるホラー・フリークには物足りない。
だから正直、期待しませんでしたよ。

ところが、さすがハマーと言わざるを得ない出来栄え。
アリスの事故死描写なんか、怖いですねー。
日常の環境を逆手に取った恐怖といいましょうか。見事な演出です。
そして、オカルトの刺激不足を作り手が熟知しているかのような刺激挿入。
さりげなく強烈、しかも不自然でない描写を盛り込みます。
牛なんか、凄いっスよ、マジで。

Ww3


テーマも秀逸。
愛する者との別離と未練。
これがしっかりと伝わりますね。
ゾンビがウォーッなんて内容ではありませんが、私的には高評価です。
子役も、良い雰囲気持っていますが、全般的に俳優さんの実力は高いかと。

Ww1

| | コメント (0)

2012年10月11日 (木)

本日の映画 『REC:レック/ザ・クアランティン2 ターミナルの惨劇』

『REC:レック/ザ・クアランティン2 ターミナルの惨劇』
2011年 アメリカ 監督:ジョン・ボーグ 86分

Rc1


『REC:レック』といえば、スペインのPOVホラーで大ヒットした作品。
それをハリウッドでリメイクしたのが『レック/ザ・クアランティン』。
これは、オリジナルとほぼ同じ内容です。
あまりに変更が無さすぎて、リメイクとしての価値は疑問でした。
更に、オリジナルの続編である『REC2』は私の好きなオカルトに傾倒。
さて本作は、どのような展開を見せるのでしょうか?

Rc2

少数の乗客を乗せた小型旅客機TS318便。
CAのジェニーとポーラは、二人で機内サービスの業務をこなしていた。
だが、途中まで順調だったフライトは一変。
ひでぶの男に異常が見られ、やがて凶暴化。
乗客の助けもあって、ひでぶを拘束する。
しかし、ひでぶがポーラに咬みつき、彼女は重傷を負った。
機長が管制に連絡し、着陸の指示が出る。

Rc3


どうにか着陸したTS318便だったが、空港の様子がおかしい。
乗客らは指示を待たずに機外へと出るが、ターミナルは封鎖されていることに気付く。
そこへ警察官からのアナウンスが入り、乗客らは自分らが隔離されたことを知る。
未知なる感染への恐怖。
乗客らは必死の逃走を試みるが、感染者は次第に数を増していくのだった。

Rc4

オリジナルの続編(『REC2』)とは違う方向に向かいました。
一応、前作と関連づけてますが、前作を観なくても問題ない作りとなっています。
感染者のメイクが簡易的なので、ビジュアル的な怖さに欠けます。
乗客たちは大半が我儘で、マナーなぞファックと思っている輩。
この映画がマナー向上に役立つことを願っています。

Rc5

さて、気になる感染について。
これは、きちんと作品内で説明しています。
違和感ありませんが、全くオリジナルなアイデアという訳でもない。
可もなく、不可もなくといったところでしょうか。
もうちょっと、感染者の描写に工夫が欲しかったですかね。

ラストは意外に良く、少年が大人の階段を昇る、青春映画を観たような気になります。
そして、最後に暗視装置に映る映像。
あれで、今回の事件の場所が特定できるのです。
続編への布石も兼ねたような、なかなか味な演出でした。

Rc6

| | コメント (0)

2012年10月 8日 (月)

本日の映画 『ゾンビ大陸アフリカン』

『ゾンビ大陸アフリカン』
2010年 イギリス 監督:フォード・ブラザーズ 105分

Za1

邦題、チープながらもインパクト大で良いですね。
なにか気になってしまい、鑑賞に迫られてしまいます。
サファリ・ゾンビとでも言いましょうか?

Za4

西アフリカに蔓延する『生きる屍』現象。
その被害は拡大の一途を辿り、点在する小さな村にまで及んでいた。
駐留していたアメリカ軍も撤退したが、最後の輸送機が墜落。
米軍エンジニア・マーフィーは一命を取り留めるも、神出鬼没のゾンビに脅威を感じていた。
一方、アフリカ軍兵士ダニエルは、家族を心配し、生まれ故郷の村を訪れていた。
変わり果てた村の惨状を目の当たりにし、呆気に囚われるダニエル。
しかし、かろうじて息のあった母親の言葉から、息子が生存していることを知る。
偶然出会った二人の兵士は、其々の目的を胸に、希望の残された基地を目指すのだが……。

Za5

アフリカの大地を舞台にしたロード・ムービーとなっています。
二人の兵士の友情、愛する者との別離など、感情面に重きを置いた作りですね。
アフリカの風景もきちんと撮られていて、組み立てはしっかりできていると思います。

Za6

ゾンビはロメロ型のスロー・タイプ。
時代にそぐわないのでは?と感じる方もいるかもしれませんが、実に様になっています。
予算の関係で、全部という訳にはいきませんが、初めのゾンビなどは折れた骨が突き出ている描写。
なるほどねぇ、やるねぇ。
その後も、要所要所で素敵な画を準備していますよ。
マチェーテでサクッとしたり、車で轢いたり。
ゾンビの食人シーンも、しっかり及第点ですわ。

Za3

思うに、本作はゾンビ馴れしている方が観た方が楽しめるかもしれません。
もともとゾンビはブードゥーから来ているし、黒人さんとイメージがマッチするところがあります。
似た環境?である本作に、ルーツとしての魅力を見出だすのでは?
また、使い古されたネタが、場所とアイデアで見事にレストアされているところも、マニアには嬉しい限り。
後半。ちょっとダレますが、なかなかに良い内容でした。

Za2
乾いた大地は~、心痩せさせるゥ~

| | コメント (0)

なんと!惨敗!!  upppiホラー小説コンテスト

先日、upppiホラー小説コンテストの結果発表がありました。
入賞どころか、最終10作品にも残らぬ結果にcrying
マニアとして勲章が欲しかったのですが、非常に悔しいですbearing

何よりも、自分のホラー観が真っ向から否定された気がして、今はとってもブルー。
今後の活動方針が、大きく揺らいでおります。

伯爵、瀕死状態。
目前に、突如として立ちはだかった巨大な壁。
たまらんなぁ~。

それはそれとして、もし読んでいただいた方がいらっしゃれば、感謝申し上げます。
ありがとうございましたconfident

| | コメント (0)

2012年10月 1日 (月)

本日の映画 『ヴァーサス・ゾンビ 時空を超えた生きる屍』

『ヴァーサス・ゾンビ 時空を超えた生きる屍』
2009年 ギリシャ 監督:ヨルゴス・ノウシアス

Vsz1

本ブログでギリシャ作品は初めてになります。
『ギリシャ・ゾンビ』という作品がありますが、スルーしました。
本作は、その続編との情報もありますが……。

さて、ストーリーですが、きちんと書ける代物ではありません。
過去に『ゴースト・マシーン』で経験済みですが、話を理解するのが一苦労。
もっとも、ゴースト~よりはイメージ掴めます。

Vsz4

感覚的な理解からすれば、ローマ時代にゾンビが発生。
それを撃退した勇者が、時を経て生まれ変わる。
そして、現代人を次々にゾンビ化させる邪悪な存在と対決するというもの。

数人の勇者達が生まれ変わったようですが、誰が誰なのか、さっぱり分かりません。
主人公らしき人物もトボケた髭のおっさん。
数人の仲間とゾンビとの攻防を繰り広げるのですが、どうでも良いキャラ設定となっています。

Vsz6

一応コメディらしく、『ブレインデッド』あたりを微妙に想起させますが、およそ比較の対象にはなりません。
そもそも、ギャグ・センスがグリースとは違うのかも。
私は途中までロシア作品かと思ってました。

意外なのは、豊富な血糊量とチープ・グロ。
ストーリーが解り易ければ、もうちょっと総合的に評価がアップする可能性あり。
ただ、ホラーとして見せ場をテロップ1枚で省略したり、無意味に時間軸をいじったりと根本的な問題も抱えております。
ギリシャのお国柄なのか、それともこの作品だけが変なのかは、皆で考えましょう。

Vsz5

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »