« 本日の映画 『猿の復讐 ISLAND OF THE APES』 | トップページ | 本日の映画 『吊死詭 THE LETTERS OF DEATH』 »

2012年9月24日 (月)

本日の映画 『チョコレート・バトラー』

『チョコレート・バトラー』
2011年 タイ 監督:プラッチャヤー・ピンゲーオ 94分
主演:テジョー

Cb4

ジャケット前面にジージャー。
ジージャー主役かと思っていたら、脇役なのね。
それじゃあ、チョコレートの冠も外さなければ。
でも、監督は『マッハ!!!!!!!!』も撮ったピンゲーオだから、侮ってはいけません。

Cb2

タイ・バンコクでテコンドー道場を経営しているムン。
金メダルを夢見ていたが、それは叶わなかった。
ムン一家は、幼い末っ子を除いて、家族全員がテコンドーを習得。
長男テヤンに金メダルの夢を託すムン。
ところが、テヤンはダンスのオーディションを密かに受けていた。

Cb3

事件は、突然起きる。
返還されたタイ王朝の秘剣を狙い、韓国の闇組織(どういう組織かは不明)が強奪を計画したのだ。
偶然その場に居合わせたテヤンの活躍により、計画は失敗に終わる。
しかし、闇組織の怒りを買ってしまったムン一家は、報復の標的に!!
末っ子が連れ去られ、交換条件として家族は秘剣の略奪を命じられてしまう。

Cb1


冒頭でも述べたとおり、ジージャーはサブ・キャラ。
戦闘シーンもありますが、『チョコレート・ファイター』で見せた凄味には欠けています。
メインはテコンドーなので、軽快な足技を楽しみましょう。
ジージャーのムエタイ対K・キムのテコンドー対決など、なかなかに見応えあります。

闘いのメインは長男テヤン。
演じるは韓国人俳優テジョーですが、初めて見る顔です。
雰囲気が、若かりしジャッキーに似ていなくもない。

ダンサー志望の役なので、ヒップホップとテコンドーを融合させた動きを披露。
また、後半で魅せる11人連続回転蹴りや象上の人間を叩き落とした蹴りなど、心に残る技も決めています。
720度の回転を誇るトルネードを決められるかどうかが最大の見せ場でしたが、貴方のハートに何が残りましたでしょうか?

Cb5


『マッハ!!!!!!』にも出演の、タイ人コメディアン・ペットターイ・ウォンカムラオも相変わらずの出演で、ダルシムばりのファイアを披露。
沢村一樹さんらしき敵俳優も、気になります。
ジージャーが脇役でガッカリという意見が多いようですが、格闘映画マニアなら十分に楽しめる内容です。

Cb7
ジューダス・ファイアー!!

|

« 本日の映画 『猿の復讐 ISLAND OF THE APES』 | トップページ | 本日の映画 『吊死詭 THE LETTERS OF DEATH』 »

格闘映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『猿の復讐 ISLAND OF THE APES』 | トップページ | 本日の映画 『吊死詭 THE LETTERS OF DEATH』 »