« 本日の映画 『チョコレート・バトラー』 | トップページ | 本日の映画 『ヴァーサス・ゾンビ 時空を超えた生きる屍』 »

2012年9月30日 (日)

本日の映画 『吊死詭 THE LETTERS OF DEATH』

『吊死詭 THE LETTERS OF DEATH』
製作年:?(2010頃と推測) タイ  監督:Kapol Thongplab  89分

001

簡単に言えば、チェーン・レターを題材にしたタイ国のホラー作品です。
ジャケットからはイメージが掴み辛いのですが、ジャケ裏の写真にエレファント・マンのような男が小さく写っており、鑑賞を決意したのでした。

Lod4

セリは郵便局に勤めているが、上司から叱咤され、同僚にからかわれる毎日。
そのような折、小学校の合同同窓会が開かれる。
級友との久し振りの再会に喜ぶセリ達だったが、自分らのクラスだけ参加者が少なかった。

後日、級友たちの元に不審な手紙が届く。
それは、死を予告する呪いの内容だった。
初めは真に受けなかった級友達だったが、既に他の者が命を落としていた事実が判明。
呪いが現実に存在することを知る。
呪いを解くには、ある言葉を手紙に記入し、また同様の手紙を29名に送らなければならないという。
言葉の手掛かりを探るセリ。
やがて彼は、ワンという転入生がいたことを思い出すのだが……。

Lod3
なんか刺さっておるよ~

同窓会のシーンで『なんか、俺らのクラスだけ参加者少なくね?』というシーンがあるのですが、既に半数以上が死んでいたという事実が隠されていた訳です。
ちょっとリアリティに欠けますが、細かいことは気にしないように。


Lod2_2


主人公セリは冴えない人物ですが、優しい性格ではあります。
それでも周囲からは認められないのですね~。
実はこの設定がラストへの伏線で、風刺的な余韻を残します。

セリと行動を共にするのがナタヤという女性。
『ガリガリ幽霊』なんてあだ名をつけられていた娘が、モデル級の容姿で同窓会に現われたというムフフlovelyな設定。
アメリカ映画なら、セリ君との恋に発展するところですが、そうは行かぬがタイ映画。
呪いが解けず、『ホワ~イ、何故にぃ!?』を連呼するセリ君に『私に言われても、知らないわよッ!』と一喝。
主人公にキレるヒロインって、すげえcoldsweats02

Lod5

さてさて、残酷描写に目を向けましょう。
レストランでプロポーズ中のカップル。
その目前に転落した男がド~ン!!
この展開は、読めなかったねぇ。

その他、転落した男性の顔面に、追い討ちをかける植木鉢がド~ン!!
点滴逆流(これは怖いッ)
窓ガラスで胴体切断。
などなど。
ファイナル・デッド・シリーズの影響でも受けているかのようなコダワリが見られます。

こう書くと面白そうですが、霊的描写はおとなしめ。
こじんまりとして、派手さに欠けています。
衝撃的なのは、子供時代にのび太君のような容姿のワンが変わり果てた姿で登場するところ。
怖いというより、ムサいという表現が適切かと。

Lod6
男のムサさが漂う

|

« 本日の映画 『チョコレート・バトラー』 | トップページ | 本日の映画 『ヴァーサス・ゾンビ 時空を超えた生きる屍』 »

ホラー映画 レア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『チョコレート・バトラー』 | トップページ | 本日の映画 『ヴァーサス・ゾンビ 時空を超えた生きる屍』 »