« 本日の映画 『ZOMBIE TOWN』 | トップページ | 本日の映画 『ネスト』 »

2012年8月26日 (日)

本日の映画 『THE PACK』

『THE PACK』
2010年 フランス 監督:FRANK RICHARD 81分

011


うだるような暑さが連日連夜続いています。
こう暑いと、ホラー映画鑑賞にも支障をきたします。
というのは、自分の部屋にクーラーが無く、扇風機回して鑑賞しているから。
おまけにヘッドフォン派なので、最悪な環境に。
そろそろ秋の気配を感じたい今日この頃。

Pack6

シャーロットは、ヒッチハイクの男・マックスを拾う。
男の運転で、車はとある田舎のレストランへ。
そこにバイカー野郎達がやってきて、因縁をつけた。
それを制したのは、レストランの女主人。
ショットガン構えて、バイカー達を退散させた。

Pack5

トイレに行ったはずのマックスだが、何故か戻ってこない。
シャーロットは彼を探すが、見当たらなかった。
出発したふりをして、シャーロットは夜に再びレストランへ。
マックスの消息を探るものの、何者かに捕らえられてしまう。
地下室に監禁されるシャーロット。
そこには、同様に拉致されてきた複数の人間がいた。
その一人は、シャーロットの目前で命を落としてしまう。

Pack3

目的も分からぬまま何かの処置を施されるシャーロット。
そして、不気味な月が輝く夜、シャーロットらは屋外に連れ出され、庭先に吊るされた。
地面に滴り落ちる血に誘われ、異形の怪物が地中から出現する。
果たして、そこに隠された真実とは?

Pack4

フランス産のクリーチャー作品です。
大胆にもジャケットに怪物の姿が描かれていますので、イメージはそちらで。
ヒロインは煙草をふかし、ドライブ中のBGMはヘビメタというワイルド設定。
アーシア・アルジェントさんが似合いそうな役ですね。
レストランのゲーム機で『魔界村』やっているシーンもあります。

Pack2

重要な役割を担う女主人が非常に特徴的。
Yolande Moreauという女優さんで、『アメリ』にも出演しています。
やたら癖のある役で、これはハマり役といえるでしょう。
男の頭にヘッドロックかけて、血をバケツに絞りだすというレアなシーンにも出逢えます。

怪物のデザインは悪くないのですが、少しパンチ不足。
一応人の腕ちぎったり、喰ったりするのですが、あっさり塩味処理されています。
危機感の演出も抑え気味で、せっかくの怪オバちゃんキャラでアドバンテージ取っても、後が続きません。
気の強そうなヒロインも、特に際立った活躍はありませんし。
ラストシーンはゾクッとくる良い画なので、もう少し脂肪分の含んだ展開を期待したいところ。

Pack

|

« 本日の映画 『ZOMBIE TOWN』 | トップページ | 本日の映画 『ネスト』 »

ホラー映画 レア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『ZOMBIE TOWN』 | トップページ | 本日の映画 『ネスト』 »