« 本日の映画『D.N.A リローデッド ドクター・モローの館』  | トップページ | 本日の映画 『ZOMBIE TOWN』 »

2012年8月18日 (土)

本日の映画 『C.H.U.D チャド』

『C.H.U.D チャド』
1996年 アメリカ 監督:DOUGLAS CHEEK  96分

Chud5


確か、レンタルビデオ初期の時代だったかと記憶しています。
本作はメジャーではないホラー映画ソフト化の始祖的存在で、私のマイナー・ホラー道への登竜門でした。
ジャケ写のクリーチャーが魅力的でしたね。
余談ですが、この頃はビデオソフトが1作品あたり14,800円程度という恐るべき価格。
レンタルも1本1,000円ぐらいしていましたね。

Chud7

ニューヨーク・マンハッタン。
その地下には、無数のトンネルが通っている。
写真家のジョージは、地下に住むホームレスの写真を撮っていた。
その時に知り合った女性が警察に捕まり、引受人として再会を果たす。
女性の案内で地下の住処を訪れるジョージだが、女性の兄は瀕死の重傷を負っており、やがて不可解な異変が起こる。

Chud3

一方、警察官であるボッシュも、地下住人の失踪が頻繁に起きているという事実に直面。
上司と衝突しながら、独自の捜査を展開する。
捜査の果てに浮かび上がる真実。
地下住人らは“Cannibalistic Humanoid Underground Dwellers”と称される怪物に変異していたのだ。
CHUDは、人間の肉を求めて地上へと出現。
ニューヨークの町を恐怖に陥れるのだった。

Chud2

当時の事情を考慮すれば、クリーチャーのデザインは破壊力マグナム。
マニア受け間違いなし。
しかし、ストーリー展開があまりに平凡。
なかなか怪物が出てこない。
人が襲われるシーンが少ない。
怪物が弱い。
スリリングな展開に乏しい。
……と、えらく退屈なのです。
再鑑賞しても、途中でマジ寝した代物です。

Chud6


ちょっとしたスプラッター感はあり、当時のマニアが喜びそうなポイントが用意されてるだけに、かなり惜しい気がします。
少なくとも、人喰いモンスターを謳うのであれば、そのシーンは必要ですね。

Chud1

|

« 本日の映画『D.N.A リローデッド ドクター・モローの館』  | トップページ | 本日の映画 『ZOMBIE TOWN』 »

ホラー映画 レア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画『D.N.A リローデッド ドクター・モローの館』  | トップページ | 本日の映画 『ZOMBIE TOWN』 »