« 本日の映画 『デビルズ・レジェンド』 | トップページ | 本日の映画 『ファイナル・デッド・パーティー』 »

2012年7月17日 (火)

スイーツを求めて

今年に入って、近所にあったケーキ屋が移転してしまった。
個人経営の小さい店だったが、ケーキに独創性があり、味も気に入っていただけに、非常に残念だ。

それ以来、ケーキを食す機会が激減。
何回食べても飽きない店とは、そうあるものではない。

今回、先日に誕生日を迎えたこともあって、新しい店を開拓しようと決意。
買い溜めたスイーツ特集の雑誌を読み返し、アクセスも考慮して店を決定。
その店が、京橋にある『イデミ・スギノ』さんだ。
ネットの下調べでは、かなりの高評価。
イートイン可能。
店内禁煙。
持ち帰りの場合、その猶予は1時間まで。
この徹底ぶりに、期待せずにはいられない。

運命の日は、3連休初日。
炎天下で待つのはご勘弁と、11時過ぎに店に到着。
京橋といっても、ほとんど人のいない通り沿いに位置していた。
何人か並んでいるかと思ったが、店外に行列はない。これは拍子抜け。
ただし、店内はほどほどに混んでいて、イートインは先客が2,3組お待ちの状態。

先にケーキを選択し、イートインである旨を告げると、順番になったら席に通してくれるシステム。
ヘタレな自分は、ケーキ選択に焦り、これ以上はないという視線走査でブツを把握した。
価格帯は税込630円が大半らしい。
予想よりは高くなく、安堵のため息をつく。
並んだケーキは、外見からして食欲をそそり、美的感覚に吐息を投げかける。

試してみたいもの多数だったが、とりあえずツレと併せて三個を選択した。
聞いたこともない名前が多数で、メモを取らねば一切は記憶の彼方に。
写真撮影ダメなので、すっかり油断してしまったなあ。

その後、ケーキ達は奥の部屋に一旦退出。
座席につき、オーダーしたドリンクと共に再会するのだった。

あまりの暑さのため、ドリンクはアイス・コーヒー。
これが、自分史上No.1の美味さ。ビター加減が絶妙で、ケーキとのマリアッジを考慮して最適のパートナーに育成されているよう。

頼んだケーキ三品は、どれも想像以上。
期待値高かったのに、それにしっかり応えてくれました。
写真掲載できないのが残念。

その中でも際立ったのは、マンゴーとパイナップルを使ったフルーツ系。
フルーツ自体の素材が濃厚で、これまた自分のフルーツ史上記録を更新。
勿論、ケーキとしての全体的完成度も文句ありません。
私的にはケーキ上のフルーツは苦手だったので、この発見は嬉しい限り。

店内は、音楽も流れず、静寂かつ気品を感じさせる空間。
軽く緊張感を保ち、ケーキの皿も汚すまいと、今までにない注意を払って食したのでした。
『至福を感じる』という表現がピッタリの、お店です。
ホラーにまみれた怪奇伯爵は、全く不釣り合いな場ですがcoldsweats01

|

« 本日の映画 『デビルズ・レジェンド』 | トップページ | 本日の映画 『ファイナル・デッド・パーティー』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『デビルズ・レジェンド』 | トップページ | 本日の映画 『ファイナル・デッド・パーティー』 »