« 本日の映画 『KG カラテ・ガール』 | トップページ | 本日の映画 『燃えよ、マッハ拳!』 »

2012年6月23日 (土)

本日の映画 『THE DOLLHOUSE ドールハウス』

『THE DOLLHOUSE ドールハウス』
2007年 アメリカ 監督:C.Mark DeGaetaani 26分

003


チープながらも、私のツボを刺激するジャケットです。
古い屋敷とデモニックな少女。
悪い子は、月ならぬ悪魔に変わってお仕置きよcoldsweats01

Dh1


川のほとりに佇む一軒家。
そこに住むのは、セクシーママのウェンディと6歳のプリチーガール・リリー。
ある世、警官が家を訪れる。
『凶悪犯が逃げているから、戸締りは注意してね』
そういう警官も、ウェンディの胸元に覗く黒ブラに目は釘付け。
『助けが要る時は、いつでも呼んでくれ』と連絡先を残していった。

Dh5

ある日、買物中の母娘は、その凶悪犯に遭遇。
セクシーママに惹かれ、奴は家にノコノコとやってきた。
リリーを自室に戻らせ、凶悪犯とウェンディは互いに欲望の視線を交わす。
ウェンディの小馬鹿にした態度に凶悪犯は本性を現し、彼女を血まみれにする。
そこに現われたリリーは、明らかに人間とは別の存在だった。
両手に持ったリボンは鋭利な刃と化し、凶悪犯の肉体を切り刻む。
凶悪犯は無惨な姿となり、後日リリーのコレクションに彼とそっくりな人形が加わるのだった。

Dh3

ランニングタイム・26分というインディーズ映画。
画質は、やたらクリアです。
目新しいアイデアはないのですが、アメリカン・ホラーのツボを心得ているような作品です。
リリー役の子役は可愛らしく、作風にマッチしています。
時間が短いので、ストーリー的面白さは少ないのですが。
低予算ながら、クライマックスにゴア・シーンを用意。
意外に頑張っているなぁ。
少女の新体操みたいなリボンが凶器というのも面白いアイデア。
一歩間違えば、少女が凶悪な半裸男をリボンでピシパシ叩くヤバい構図なのですがcoldsweats01
それが段々と威力を増して、最期は仮面ライダー・アマゾンばりの大切断!!

少女の持つ不気味な人形も、マニアをくすぐるアイテムです。
低予算なのは容易に予想できますが、マニア的に解釈すれば今後の飛躍が期待できそうなレベルと言えるでしょう。

Dh4

|

« 本日の映画 『KG カラテ・ガール』 | トップページ | 本日の映画 『燃えよ、マッハ拳!』 »

ホラー映画 レア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『KG カラテ・ガール』 | トップページ | 本日の映画 『燃えよ、マッハ拳!』 »