« 本日の映画 『ザ・フィールド』 | トップページ | 本日の映画 『レコード シッチェス別荘殺人事件』 »

2012年5月27日 (日)

本日の映画 『ピラニア』

『ピラニア』
2010年 アメリカ 監督:アレクサンドル・アジャ

Pa3


1978年ジョー・ダンテ監督による同タイトルのリメイク。
監督に『ハイテンション』や『ヒルズ・ハブ・アイズ』のアレクサンドル・アジャとくれば、期待は高まります。
どのようなリメイクになっているのでしょうか?

Pa2_2


春フェスタを迎えたビクトリア湖。
大学生を中心に、町は観光客で溢れかえる。
保安官の息子ジュリーは妹や弟の面倒を見つつも、賑わう町の雰囲気に浮足立っていた。
幼馴染のケリーと偶然の再会も果たすジュリーだが、ひょんなことからポルノ撮影隊の手伝いをすることに。
活気づく湖だったが、そこに太古に生存していたピラニアが姿を現した。
人々がその存在に気付いた時、阿鼻叫喚の地獄絵図が描かれる。
ジュリーらの乗船した船も座礁し、ピラニアの脅威が迫っていた!!

Pa1


思いっきりおバカに行こうぜ!!
製作陣の意気込みが伝わってくるようです。
冒頭に出てくる釣り人はリチャード・ドレイファス。『ジョーズ』の船長ですね。
なんでもスタッフの熱いラブコールに応えての出演とか。
出演者でいえば、ジュリー役にスティーヴン・R・マックィーン。どこかで聞いたような?
そう、スティーヴ・マックィーンの孫です。
ほかにクリストファー・ロイドやチョイ役でイーライ・ロスなんかも。

Pa4

浮かれる観光客は、ビキニ・ガールがワンサカ。
ピラニアの餌食となる人々の描写はかなりグロ。
B級の醍醐味が凝縮です。
忘れられないのが、ポルノ撮影隊の監督。
徹底されたおバカぶりで、最期の執着ぶりには脱帽。
ゴアの描写がバカによって希釈されているので、凄惨な描写も後遺症が少ない。
B級好きには納得の出来栄えとなっています。

Pa5

Pa6

|

« 本日の映画 『ザ・フィールド』 | トップページ | 本日の映画 『レコード シッチェス別荘殺人事件』 »

ホラー映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『ザ・フィールド』 | トップページ | 本日の映画 『レコード シッチェス別荘殺人事件』 »