« 本日の映画 『スピーク』 | トップページ | 本日の映画 『チアリーダー・マサカー2 引き裂かれたユニフォーム』 »

2012年5月14日 (月)

本日の映画 『YAMADA WAY OF THE SAMURAI』

『YAMADA WAY OF THE SAMURAI』
2010年 タイ 監督:NOPPORN WARTIN 88分

016

えー、タイの格闘映画であります。
タイの映画なのに、タイトルはYAMADA。山田?
日本人の名字じゃねーか!!
なんて疑問を持ったら最後、気になってしょーがナイト。
鑑賞したら、なんと歴史上の人物・山田長政なのでした。

Ya1


アユタヤ王朝時代。
山田長政は、アユタヤの傭兵として働いていた。
日本からの移民は日本人村に居住し、各々の職務に励んでいた。
そのような折、アユタヤの町は賊の出現に悩んでいた。
山田らにもその討伐の命が下っていたが、逆に賊の襲撃を受けてしまう。
瀕死の状態だった山田は、アユタヤ王の護衛部隊に命を救われる。

Ya4

賊の正体が日本人であることを知った山田は、日本人村に戻れば命の保証はなかった。
山田は護衛部隊の拠点である村で生活し、彼らのムエタイの技も教えてもらう。
傷も癒え、ムエタイの技も上達した山田は、護衛部隊と共に行動。
敵国200名の刺客をわずか10名の精鋭で撃退するのであった。
護衛部隊の隊長スアとの友情も深まった山田だったが、いつまでもアユタヤの村にいることはできない。
山田は、賊の待つ日本人村に帰る決意をする。

Ya5

主役の山田長政を演じるは、大関正義さん。
タイで活躍する日本人俳優とのことです。
日本人にしてはムエタイ・アクションも様になっていますが、修行前はきちんと古武道のような動きを披露。
殺陣も様になっています。
ただし、ムエタイ隊長の動きの方が凄いんですね、これが。
古式ムエタイの型らしく、構えが低い。かなり特徴があります。
『マッハ』のトニー・ジャーとも違う動きで、とても珍しいです。

Sya2

実戦としては派手さに欠けるのですが、敵国200名対10名の闘い(本当に200はいないと思う)は正に修羅場。
隊長の表情と技は圧巻ですわ。
しかも、刀でメッタ斬りだったり、首掻き斬ったりと壮絶。
CG合成の血がぴゅーぴゅー飛びます。
山田も頑張っているのですが、隊長の迫力には敵いません。

Ya7

簡単に言うと、内容はラスト・サムライをタイに置き換えて、設定を逆にした感じ。
アユタヤの人々がよそ者を分け隔てなく受入れ、博愛主義に満ちていたかが分かります。
けれど、敵対する奴らには容赦ないという描写がなんとも……coldsweats02

なんとK-1のブアカーオが出演。
鑑賞中は、全く気付きませんでした。残念!!

Ya3_2

Ya6

|

« 本日の映画 『スピーク』 | トップページ | 本日の映画 『チアリーダー・マサカー2 引き裂かれたユニフォーム』 »

格闘映画 レア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『スピーク』 | トップページ | 本日の映画 『チアリーダー・マサカー2 引き裂かれたユニフォーム』 »