« 本日の映画 『アンダーグラウンド』 | トップページ | 本日の映画 『スピーク』 »

2012年5月13日 (日)

本日の映画 『ブラッド・クリーク』

『ブラッド・クリーク』 
2009年 アメリカ ジョエル・シューマカー 90分

Bc1

ジャケットに古さを感じたのですが、2009年の作品でした。
もちろん、画像もクリア。
『プリズン・ブレイク』兄のドミニク・パーセルが出演。

Bc5


1930年代。
北アメリカの農村に、ナチからの手紙。
ヒトラー様の世界征服のため、研究員を派遣するからヨロシク。
もちろん、お礼はたんまり払うよ。
というわけで、リヒャルト・ヴィルトなる人物が来訪。
ところが、リヒャルトは怪しげな能力を持っていて、やがて一家は恐怖の体験を強いられることになる。

時代は変わって、現代。
救命士のエヴァンの前に、失踪していた兄ビクターが姿を現す。
ビクターは深い傷を負っいたが、その瞳には復讐の炎が燃えていた。
理由を言わず、武器を手に家を出発したビクター。
エヴァンもその後を追うが、その先に驚愕の事実が隠されていた。

Bc2

ヒトラーの遺産は、ホラーでは頻繁に使われるネタ。
本作も、冒頭で予測がつきますが、かなり真面目なオカルトとなっています。
ただし、後半はアクションシーンが多く、せっかくのオカルティズムはやや薄れ。
謎の提起が巧く、地味傾向になってしまうオカルトにしては飽きさせません。

ジャケ等ではドミニク・パーセルがメインのようですが、私的には弟・エヴァン役のヘンリー・カヴィルに好感を持ちました。
怪人とのラストの攻防は、けっこう良く出来た描写です。

Bc3

Bc4

|

« 本日の映画 『アンダーグラウンド』 | トップページ | 本日の映画 『スピーク』 »

ホラー映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『アンダーグラウンド』 | トップページ | 本日の映画 『スピーク』 »