« 本日の映画 『HOUSE OF BONES』 | トップページ | 上野の桜2012 »

2012年4月 8日 (日)

『アミダサマ』

『アミダサマ』 沼田まほかる著 新潮文庫

016


表紙とタイトルが気になり、購入してみました。
ホラー・サスペンスということで、小説としては久し振りのジャンル。
読み始めて、一気に物語に引き込まれます。
ストーリー全体というよりは、次第に移ろいゆく変化が気になる作品。
日常を侵食していく違和感。
さりげなく、ドキッとする文章が散りばめれている。
特に悠人のパートは、痛々しい。
読む側も、次第にそのヤバさに囚われそうになる。
これまでのホラーに属さない、しかし、明らかにホラーといえる内容。
著者の僧侶経験や、恐るべき発想力も手伝って、インパクト大。

軽々しく使いたくはないが、畏るべし才能を感じます。
ただし、これは小説ならでは。
文体や表現など総合的な要素が見事に構築されている。
映像化したら、まず失敗するでしょう。

|

« 本日の映画 『HOUSE OF BONES』 | トップページ | 上野の桜2012 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『HOUSE OF BONES』 | トップページ | 上野の桜2012 »