« 本日の映画 『スナイパー』 | トップページ | 本日の映画 『ベスト・オブ・ザ・ベスト』 »

2012年2月17日 (金)

本日の映画 『FORCE of FIVE』

『FORCE of FIVE』
2009年 タイ 監督:KRJDSANAPONG RADCHATA 73分

007

この作品の存在を全く知らなかったのですが、鑑賞してビックリ!!
ジャケット中央の人物が主役かと思いきや、なんと悪役ではありませんか!!!!
それでは、主役は一体……。
一応、『マッハ!!!!!!!』シリーズと同じプロデューサーの製作作品。

レック先生は、有名なムエタイ・ジムの先生。
大人の選手のみならず、子供たちにもレッスンを施していた。
ウートとウンの兄弟は、レック先生の甥で、共にジムに預けられた身。
小さなウンは心臓を患っていたが、皆のマスコット的存在だった。

しかし、ウンの容態は良くならず、ある事件をきっかけに入院してしまう。
助かる手立ては、もはや心臓移植しかない。
幸いその目処がつき、移植される心臓の到着を待つのみ。

ところが、心臓のあるサイアム国際病院にテロリストが立てこもってしまう。
4時間以内に移植しなければ、ウンの命は危ない。
ウートはじめ4名の子供たちは、サイアム病院へと向かう。
銃を持つテロリストたちに、素手で立ち向かう小さな勇者たち。
果たして、ウンは助かるのか!?

Fof3


要するに、子供が主人公なんですね。
子供が5人出てきますが、実際に本格的アクションを披露するのは男女2人。
かなり難易度高い技を披露します。
特に女の子のキャット役Sasia Jindamaneeちゃんは、他の作品でも見たような?
シャイニング・ウィザード娘の名が相応しいほど、飛び膝蹴りを披露。
もちろん、男の子ウート役のNuntaut Boonrubsub君の頑張りも賞賛に値します。
凄まじい子役ですよ、ほんと。

Fof4

肝心のストーリーは、大した筋ではありませんが、移植される心臓を必死に守るウートにハラハラ、テロリストに怒りのドラゴン・ファイヤーと、感情移入度高し。
ラスボスとの子役二人の怒涛コンビネーションは必見。
必殺ダブル・二ー・クラックシュートも炸裂し、子供対大人でも十分楽しめます。

Fof1

Fof6

そして、全く予想外のラスオチ。
あれ、オレ、泣いている!?
こんな子供活劇ごときで、泣くってどーよ。
マジ泣きは『ザ・タイガーキッド 旅立ちの鉄拳』以来です。
一人で鑑賞して良かった。
多分、本作で涙を流す人間など、日本に二人ぐらいしかいないでしょう。きっと。

Fof5


Fof2_2

|

« 本日の映画 『スナイパー』 | トップページ | 本日の映画 『ベスト・オブ・ザ・ベスト』 »

格闘映画 レア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の映画 『スナイパー』 | トップページ | 本日の映画 『ベスト・オブ・ザ・ベスト』 »